10/27(Wed)

今日の生放送

pythonの資格を取得するには?独学でもできる学習方法・資格取得のメリットを解説

公開日:2021/09/10
更新日:2021/09/14
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
pythonの資格を取得するには?独学でもできる学習方法・資格取得のメリットを解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

Pythonはオープンソースで運営されており、プログラミング学習者にもっとも使用される言語です。pythonを活用することでさまざまなことができるようになります。当記事では、pythonでできること・習得の流れ・オススメの学習方法などを解説します。

 

Pythonとは

Pythonはオープンソースで運営されており、プログラミング学習者にもっとも使用されるプログラミング言語です。 Pythonは扱いやすく習得がしやすい言語であることから、基本的な言語として初心者からプロまで広く用いられています。Pythonの特徴は、文法が比較的容易であることや専門性のあるライブラリが豊富であることです。 用途としては、多くの場合でWebアプリケーションの開発に用いられます。

 

pythonでできること

pythonは主にアプリケーションの開発に用いられますが、そのほかにもさまざまな用途で活用されています。ここでは、pythonを活用し、できることを詳しく解説します。

Webサイトの制作

pythonはさまざまなWebサイトの構築に役立てることができます。 Webサイトを作る場合は、Webフレームワークを活用すると良いでしょう。Webフレームワークは、Webサイトを開発する際のひな型を集めたツールのことです。 Webフレームワークを活用することで、開発を効率的に進めることができます。

人工知能の開発

pythonが人工知能の開発に向いている理由として、汎用性の高さや教材の豊富さが挙げられます。 pythonは、ジャンル問わず多くのユーザーに用いられる言語であり、ネットを探せば情報が多く出回っているため、既存の情報を参考にし人工知能を組み立てることができます。 データ処理にも強く、サービスとして一般提供もできるため、開発後も扱いやすいことがメリットといえるでしょう。

スマートフォンアプリの制作

pythonがもっともよく活用されるのは、前述でも触れた通りアプリケーションの開発です。 代表的なものでいうとInstagramやYouTube、Dropboxの開発にも使用されました。pythonを使ってスマートフォンアプリを制作するには、コードを学ぶだけでは不十分です。 ライブラリや機械学習といった開発環境全般の知識も学ぶ必要があることを覚えておきましょう。

ゲームの開発

pythonは応用が利く言語であるため、ゲームを開発することもできます。ライブラリやゲームエンジンと組み合わせることで効果的な開発ができますが、pythonのコードのみでもゲームを制作することは可能です。 実際に手を動かして取り組めるゲームが開発できるとpython学習者のモチベーション向上につながるため、ゲーム制作はpython学習初心者が学習初期に経験することがあります。

データの処理・分析

pythonを活用することで、膨大なデータの処理や分析に役立てることができます。特に、pythonは物事の相関関係を調べることに優れています。 膨大なデータをすべて手作業で扱うと、時間や人手といったコストを無駄に費やしてしまいます。pythonを用いてデータの収集から処理・分析までを行うことで、人の手でやるよりも早く正確に情報を整理することができます。

 

Python資格の種類について

Pythonの資格には、Python 3 エンジニア認定基礎試験とPython 3 エンジニア認定データ分析試験の2種類があります。どちらも毎年開催され、全国にあるオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで受験することができます。 受験費用は1万円であり、内容としては60分の間に約40問程度の問題が課されます。ここでは2種類の資格について詳しく解説します。

Python 3 エンジニア認定基礎試験

Python 3 エンジニア検定試験は、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会によって実施されている資格試験であり、Python試験のもっとも基礎となるものです。 そのため、Python初心者がエンジニアを目指す際に、資格取得を目指します。Python3エンジニア認定基礎試験では、Pythonに関する基礎概念や文法、それらを応用した計算や処理の挙動について主に出題されます。

Python 3 エンジニア認定データ分析試験

Python 3 エンジニア認定データ分析試験も、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会によって実施されている試験です。2020年6月に始まった資格試験で、現在まで約3,000名が受験しています。 Python 3 エンジニア認定データ分析試験は、エンジニアに限らず、職種に限らずPythonを活用した業務の効率向上のために使用されます。

 

Python資格取得のメリット

Pythonについて学び、技術を習得することでさまざまなことができるようになります。ここでは、Pythonの資格を習得するメリットを具体的に解説します。

スキルの証明となる

Pythonの資格を取得することで、自分のキャリアや知識を第三者に客観的事実として伝えることができます。 資格をもっているという事実が、Pythonの知識を有しているというスキルの証明になるでしょう。そのため、資格をもっていれば多くの人から「Pythonの知見をもっている人」と信頼されるようになります。

キャリアアップに有利

Pythonの資格を取得すると自分の知識を証明することができるため、転職活動や部署移動をスムーズに進められるようになり、キャリアアップに役立つでしょう。 ファーストキャリアでは人柄や志向性が重要視されるのに対し、セカンドキャリア以降ではスキルや転職前の経験が重要視されます。また、異なる職種からIT分野へ挑戦したいとなると、あらかじめ該当の分野に関する最低限の知識を習得する必要があるでしょう。 即戦力として活躍できる人材であることを示すために、自分の専門性を示せる資格の取得は役に立ちます。

スキルアップにつながる

資格取得のためにPythonの領域を学部ことで、Pythonの技術を用いてさまざまなことができるようになるため、自身のスキルアップにつなげられるでしょう。 Pythonの知見を深めることができれば、これまでの業務では触れることのなかった知識や技能を獲得できるため、新しいスキルを軸にして自分のキャリアと向き合えるようになります。

 

Pythonの資格は独学で取得できるのか

Pythonの資格勉強は、一定レベルまでであれば独学で進めることができます。 初心者であっても、簡単に学ぶことができるシンプルなコードであることに加え、インターネット上でPythonにまつわる多くの情報を得ることができるからです。 ただし、独学であっても多くの良質な情報をインターネットで拾うことができますが、Pythonエンジニアの種類やレベルによっては、独学で情報を得ることが難しい場合もあります。

 

Python習得の流れ

Pythonを知識として覚えるだけでなく、実際に使いこなせるようになるためには、知識を技術として落とし込む必要があります。ここでは、Python習得の流れについて詳しく解説していきます。

プログラミング全体の概要を把握する

まずは、プログラミング全体の概要について学びましょう。プログラミングの言語ごとに異なる知識が必要ですが、言語に関係なく共通して必要な知識もあります。例えば、「関係」や「クラス作成」について理解が曖昧なままPythonの学習に取り掛かってしまうと、データ解析などを行う際に、どのコードがどのような役割を果たしているのかわからなくなってしまいます。まずは、プログラミング全般に関する知識を押さえましょう。

Pythonの概要を把握する

プログラミングの基礎について学んだ後は、コードを書き始める前にPythonの概要を理解しましょう。具体的には以下のポイントを押さえましょう。

  • ・Pythonで何が作れるのか
  • ・Pythonを使う方法やルール
  • ・プログラミングを始めるにあたって何が必要か

Pythonの学習領域は多岐に渡るため、詳細を理解しようとすると膨大な時間がかかって挫折してしまう恐れがあります。最初は学習にあたっての土台を学ぶイメージで、全体の概要について大まかに理解しておきましょう。

実際にPythonで開発を行う

Pythonには当然ながら、Pythonの文法が存在します。Pythonに限らずプログラミング言語を学習する際は、実際にコードを書いて出力したり動かすことで知識の定着に努めましょう。 学習サイトによっては、演習問題などで実際にコードを書く練習ができます。実際に自分が入力したコードが正常に処理されると、学習のモチベーションを向上させることができるのではないでしょうか。 徐々にPythonを用いてアプリやWebサイト制作に挑戦することで、自分の技術を向上させていきましょう。

 

独学を支援するために人事ができること

Pythonは初心者でも学ぶことができる仕組みが多く存在します。さらに、従業員の学習を人事が支援することで、効率的に学習を進めることができるでしょう。ここでは、従業員の資格取得のために、人事ができることを解説します。

研修の実施

研修を開催し、体系化されたプログラムで教えることで従業員の勉強を支援します。 研修では、自社の業界の事例を踏まえた研修プログラムがあるか、体系立った研修で目的に応じたゴール設定がされているかが重要です。ときには、初級、中級、上級などの段階に分かれる場合もありますが、最終的な目標に至ることができるかを吟味して研修制度を確立していく必要があります。 自社で研修を行うことで、従業員がPythonの知識を仕事にどのように活かすのがイメージできるようになるでしょう。

本や参考書の購入制度

書籍や本の購入制度があれば、従業員の独学を支援することができます。 企業によっては、人材育成方法、福利厚生制度で書籍購入を支援していることもあります。たとえPythonの知識が従業員の現在の業務に関係していなくても、自己成長を後押しするために制度を構築し、学習支援を整備することも大事です。 こうした制度を構築することで、従業員一人ひとりが自らの意思で知識・技術習得を目指していく風土作りが実現するでしょう。

社内育成制度による現場OJT

既にPythonを用いた業務を行っている従業員が在籍している場合は、社内育成制度を構築しOJTを活用した指導を行うことも有効です。 OJTを行う場合には、指導者によってばらつきが生じないよう指導者側の意識づけや育成計画を立案し、計画的な指導を行う必要があります。

資格手当の給付

自己成長したいという従業員向けに学習を支援する制度を構築・整備することも重要です。 資格を習得してスキルアップした従業員に対し企業が任意で現金を支給する「資格手当」という制度もあります。従業員の資格獲得に向けたモチベーション向上のため、今では約半数の企業で「資格手当制度」が導入されています。 従業員が資格を獲得し、その過程で学んだことが業務に活かされれば、結果として会社全体の生産性向上に役立てることができます。

 

まとめ

Pythonはプログラミング習得に欠かせない基本的な言語です。Pythonを使いこなせれば、さまざまなことができるようになります。Pythonの資格取得、またはその支援をぜひ検討してみてください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ