9/22(Wed)

今日の生放送

労務管理は研修で学ぶことがおすすめ!内容と注意点を徹底解説!

公開日:2021/05/07
更新日:2021/05/07
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
労務管理は研修で学ぶことがおすすめ!内容と注意点を徹底解説! | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

管理職になると、これまでの業務になかった業務がいくつかありますが、その一つが部下の労務管理です。労務管理は専門的な知識が多く、大まかな意味は分かっても、具体的にどのようなものがあるのかは研修などを通してインプットしていく必要があります。では、労務管理はどのように研修実施すればいいのでしょうか。本記事では、労務管理研修の内容や狙い、注意点などを紹介していきます。

<目次>
労務管理研修はなぜ重要なのか
昨今の労務管理における課題
参考書だけでは労務管理に関する知識はつきづらい
労務管理研修の狙い
管理者としての意識改革
リスクとコンプライアンスを理解
労務管理研修の主な内容法
基本知識の習得
メンタルヘルスのケア方法
タイムマネジメントの手法
人材育成の手法としてのSchooビジネスプラン
1.研修と自己啓発を両方行うことができる
2.自発的に学ぶ人材を育成できるSchooの講座
3.受講者の学習状況を把握し、人材育成に役立てることができる
まとめ
 

労務管理研修はなぜ重要なのか

昨今では、働き方の多様化などにより、労務管理は組織をマネジメントしていく上で非常に必要不可欠なものになってきています。労務管理は専門的な知識が多いため、事前に知識を習得することが必要不可欠です。では、実際にどのようにインプットしていく必要があるのでしょうか。

昨今の労務管理における課題

労務管理とは、従業員の賃金や福利厚生など、労働に関することを管理する仕事のことです。労働時間の管理、賃金の見直し・管理などが業務に含まれます。人事の仕事というイメージが強いですが、現場サイドにおける管理職の役務として、労務管理のリスクを正確に認識し、またノウハウを身につけておく必要があります。昨今では、多くの企業でプレイングマネージャーと呼ばれる通常業務と管理業務を兼任している管理職が増えてきていますが、労務のマネジメントまで手が回っていないのが実状です。また、リモートワークの推進などにより、従業員のメンタルヘルスやタイムマネジメントはケアしづらいものになってきています。このような背景から労務管理に関する適切な対応や知識の習得は重要度が増してきています。

参考書だけでは労務管理に関する知識はつきづらい

管理職が適切に労務管理を行うための方法は「参考書籍でのインプット」と「研修の参加」という大きく2つに分けられます。「参考書籍でのインプット」の場合、総合的に解説しているものもあれば、労働環境や人事制度についても網羅したものなど、分野に特化したものがあります。参考書籍の場合、ある程度知識を習得することができますが、実践的なことは自ら手を動かしながら確認していく必要があります。一方で、研修の参加の場合、基本的に講義形式で進行し、グループワークなどを行う場合もあります。管理者として必要な法律知識、部下への指導方法をインプットするだけではなく、グループワークなどを通じて、管理者同士の意識統一を図ることができます。このように、研修の場合は他の参加者もいるため、学んだことを確認したり、ディスカッションを通して、他部署や他企業の労務管理のやり方などを参考にすることができます。 また、労務管理研修を実施する場合、対象者は基本的に管理職です。管理職は、常に様々な業務に追われているため、短期間でより実践的なインプットが必要です。以上を踏まえて、労務管理研修は研修形式で実施することがおすすめです。

 

労務管理研修の狙い

労務管理の徹底は社員の労働環境を守るだけでなく、自社の売上などにダイレクトに影響を及ぼすため、労務管理研修の実施は必要不可欠です。では、実際に労務管理研修を実施するにあたりどのような目的を持つべきなのでしょうか。 ここでは労務管理研修の狙いについて解説していきます。

管理者としての意識改革

労務管理研修を実施するにあたり、まず考慮に入れる必要があるのは、「管理者としての意識改革」です。 プレイヤーは個人の目標や成果が重視されるため、自分自身が多少無理して成果をあげることができたかもしれません。ですが、管理職となると、自分の力だけではなく、チームとして成果を出す必要があります。管理職は日々、様々な業務が発生しますが、労務管理はどうしても後回しになってしまいがちです。残業時間が長かったり、メンバーがメンタルヘルスを損なうなどして、チームとしてのパフォーマンスが低下することは、管理職として避けなければなりません。このような背景から、まずは管理職自身が意識改革を行い、労務管理の重要性を認識する必要があります。

リスクとコンプライアンスを理解

管理職は裁量が増えるため、機密情報やクライアントの金銭など、不正に関与するリスクがあります。そのため、関連する法令の知識などを認識し、リスクマネジメントをしていく必要があります。これらを踏まえて、普段の業務の中ではどのようなリスクがあり、どのようなことがコンプライアンスになってしまうのかを把握し、チーム内のガイドラインの作成や部下の手本となる行動を取れるようにしなければなりません。また、管理職として部下と接していく中で、自分としては接し方に問題ないと思っていることも、相手がどう捉えるかは人それぞれです。職場内の役職や技能等、優位性を背景に受け手側が苦痛を感じてしまうといったことがあります。多様な時代になってきている背景もあり、自分では見えないコンプライアンスが発生してしまいがちなため、リスクやコンプライアンスを把握することは重要です。

 

労務管理研修の主な内容

労務管理というと、わかるようでしっかりと把握していないという場合がほとんどではないでしょうか。法律知識なども絡むため、場合によっては専門家を活用して研修を実施していくといったことも必要です。では、具体的に労務管理研修は主にどのような内容があるのでしょうか。ここでは研修の内容を紹介していきます。

基本知識の習得

まず初めに学ばなければいけないのが基本知識です。例として「労働時間」や「労働の対価」「業務内容」などが挙げられます。加えて、部下の労働管理を実施する上で抑えておきたいのが、労働基準法です。労働基準法とは、「賃金」「就業時間」「休憩」など、労働に関する基準を定めた法律です。これらを曖昧にして進めてしまうと気づかないうちに法令遵守できていなかったというような場合も起こりかねません。したがって、管理職一人一人が各種法令を正しく理解し、適切な対策を講じられるようにするためにも、まずは前提となる基本知識のインプットが必要不可欠です。基本知識の習得には法律などの専門的な知識が絡むので、社会保険労務士など有資格者監修のもと実施するのが良いでしょう。

メンタルヘルスのケア方法

メンタルヘルスとは精神的、心理的健康状態を指します。企業においては、主に人間関係や仕事関係のトラブルなどで従業員が精神的に参ってしまうという問題がよくあげられます。メンタルヘルスを損なうと、一緒に働く従業員の健康だけではなく、職場の生産性や離職率などに影響を及ぼしかねません。昨今では、リモートワークの推進などにより、新しいストレスに晒される可能性も出てきております。以上を踏まえて、予防の一環として、管理職はメンタルヘルスのケア方法を事前に把握しておく必要があります。研修では、部下のメンタル不調の兆しを早期発見し、休職や離職に至らないようにケアしていくための方法論や適切な対処法などを習得することができます。

タイムマネジメントの手法

労務管理における企業の課題はそれぞれですが、ニーズが高いのは「残業時間の管理」に関する内容です。未払い残業や恒常的に発生する残業を解決したいと考える企業は多く存在します。これらの解決の一翼を担うのがタイムマネジメントです。 働き方改革の推進により、決められた業務時間内でより効率的に成果を出していかなければなりません。したがって、管理職は進捗管理やオペレーションの整備、メンバーの適性を踏まえた業務配分など、スムーズに働くための仕組みづくりをしていく必要があるのです。研修では、実際のワークスタイルの見直しや仕事の進め方に関するフレームワークといった基礎スキルの習得を目指します。前述したように、プレイングマネージャーと呼ばれる管理職は、通常業務と管理業務でついつい長時間労働となってしまいがちです。研修を通じて、自分自身も含め、効率的に働くための方法論を習得できるでしょう。

 

労務管理研修を実施する場合の注意点

ここまで労務管理研修の狙いや内容について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。労務管理研修は基本知識の習得だけではなく、日々の業務での対応方法などを学んでいく必要があります。では、実施にあたりどのような点に注意していけばいいのでしょうか。ここでは、注意点について解説していきます。

なるべく実践に寄った研修にする

労務管理は労働基準法など専門的な知識が多く、管理職として様々なことを把握しなければなりません。したがって、一方的な座学の研修では、知識を詰め込むにとどまってしまう可能性があります。なんとなく知識はついたけど、現場での活かし方がわからないという状態を回避するためにも、研修自体「現場で具体的にどのように活用すればいいか」を考えていくように設計していく必要があります。研修の方式はさまざまありますが、グループディスカッションなどを通して、他の受講者との意見交換や交流を通じて、様々な気づきや視点を取り入れていくことも効果的でしょう。また、ケーススタディなどを盛り込み、なるべく実践によった形で研修を実施することも効果的です。

振り返りや習熟度チェックを行う

最近では社員のモチベーション管理ツールなどもあるため、チームのコンディションを数値化することができますが、導入が難しい企業もあるかと思います。したがって、研修をやりっぱなしにしてしまうと、研修の効果が出ているかどうかをなかなか測りづらくなってしまいます。より研修の効果を最大化するためにも研修後に一定の期間が過ぎたタイミングで振り返りや習熟度チェックを行うことがおすすめです。これらを実施することで、管理職自らが研修の内容を振り返ることができるだけでなく、どこでつまずいてしまうのかを可視化できるため、研修自体のブラッシュアップも行えます。 また、振り返りや習熟度チェックがあることで、受講する管理職自身もある程度緊張感を持って参加するので、振り返りや習熟度チェックはぜひ行いましょう。

 

人材育成の手法としてのSchooビジネスプラン

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.自発的に学ぶ人材を育成できるSchooの講座

上記でも説明したように、Schooでは約6000本もの動画を用意している上に、毎日新しいトピックに関する動画が配信されるため、研修に加えて自ら学び、成長する人材の育成が可能です。近年の社会のグローバル化やテクノロジーの進化などにより、企業を取り巻く環境が刻々と変化しています。それに伴い、社員の業務内容や求められるスキルも早いスパンで変化しています。このような予測のつかない時代の中で会社の競争力を維持するためには、社員一人一人が自発的に学び、成長させ続けることができる環境、いわば「学び続ける組織」になることが必要です。

Schooビジネスプランの講座では、体系的な社員研修だけでなく、自己啓発を通じて自発的に学び、成長できる人材を育成することが可能です。

ここでは、人材育成に活用できるSchooの講座をご紹介します。

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

「最近の若いものは……」というのは、人類永遠のテーマ。 上司と部下との間で起こるミスマッチ。 そこからくる人間関係のストレス。 この悪循環を断ち切る方法をお伝えします

 
担当講師:大平 信孝先生
目標実現の専門家 メンタルコーチ

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!を無料視聴する

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル
 

この授業では「決算情報から、企業を研究する方法を学び、事業・戦略・財務などを読み解く力」を解説します。

 
担当講師:野添 雄介先生
株式会社ストレイナー 代表取締役CEO

2014年にDeNA入社。フィンテックベンチャーを経てStockclip株式会社(現・株式会社ストレイナー)を創業。「経済情報をもっとシンプルに」をミッションに掲げ、決算資料を中心とした"ファクト情報"を中心に社会のトレンドを考える経済メディア『Strainer』を運営。

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキルを無料視聴する

アイデア量産の思考法

アイデア量産の思考法

本授業は、努力しているのにアイデアが浮かばない人のために新しいマーケティング手法の1つである「新奇事象」を通じて「アイデアの種」をゲットしてもらう授業です。

 
担当講師:松本 健太郎先生
株式会社JX通信社

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。 その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。 政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。 ◇主な著書 「なぜ「つい買ってしまう」のか?~「人を動かす隠れた心理」の見つけ方~」(光文社)2019 「誤解だらけの人工知能」(光文社)2018 「データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい」(毎日新聞出版)2018

アイデア量産の思考法を無料視聴する

3.受講者の学習状況を把握し、人材育成に役立てることができる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、受講者がどんな内容の講座をどれくらいの長さ見ていたのかも把握することができるため、社員のキャリアプランの傾向を掴むことも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方2

管理画面では受講者それぞれの総受講時間を管理者が確認できるようになっており、いつ見たのか、いくつの講座を見たのか、どのくらいの時間見たのか、ということが一目でわかるようになっています。

管理画面の使い方1

さらに、受講履歴からは受講者がどのような分野の動画を頻繁に見ているかが簡単にわかるようになっており、受講者の興味のある分野を可視化することが可能です。これにより、社員がどのようなキャリアプランを持っているのかを把握できるだけでなく、社員のモチベーションを高めながら人材育成するためのヒントを得ることができます。

さらに、社員に自己啓発を目的として受講してもらっている場合、社員がどのような内容の授業を受講する傾向があるのかを把握できるため、社員のキャリアプランを把握することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

本記事では労務管理研修の狙いや内容、注意点などを紹介してきました。労務管理研修の目的は基本的な法律知識と適切な対応方法を学ぶことにより、管理職が人事労務問題への実践的な対応力を養うことです。昨今では働き方の多様化により、労務管理の注目度は高まってきています。したがって、管理職が労務管理について適切な知識をつけて、チームとして会社として、成果を最大化させるためにも、なるべく実践によった形で研修を実施していきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ