7/24(Sat)

今日の生放送

ホワイト企業として認知されるには?メリットや取り組むべきことを解説

公開日:2021/05/28
更新日:2021/05/31
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
ホワイト企業として認知されるには?メリットや取り組むべきことを解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

求職者にとって応募企業が「ホワイト企業」であるかは重要なポイントです。ホワイト企業として認知されるのは、決して大企業だけではありません。この記事では、ホワイト企業として認知されることのメリットや、企業として取り組むべきことを解説します。

 

ホワイト企業とは

ホワイト企業とは、従業員に対する待遇が良く、福利厚生が充実しているなど、働きやすい企業のことを指します。 ホワイト企業の定義は人によって異なりますが、ホワイト企業のランキングを行う「ホワイト企業総合研究所」は、指標として「働きやすさ」「残業時間」「有給休暇取得率」「給与・福利厚生」「成長環境」「財務指標」を基準としています。 「2022年卒版 新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100」の上位5社は以下の通りになっています。

 
  • 第1位 グーグル合同会社
  • 第2位 Facebook Japan株式会社
  • 第3位 三菱商事株式会社
  • 第4位 三井物産株式会社
  • 第5位 サントリーホールディングス株式会社
2022年卒版 新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100 【ホワイト企業総合研究所 調べ】

ホワイト企業はブラック企業の対義語として生まれた

ホワイト企業という言葉は、ブラック企業の対義語として生まれました。「ブラック企業」 は、2013年のユーキャン新語・流行語大賞に選ばれ、話題となった言葉です。 ブラック企業は、労働者を酷使して、使い捨てにするような企業を指します。サービス残業、過重労働、パワハラなどを特徴とし、劣悪な労働環境を原因とする精神疾患や過労死、自殺などが社会問題となっています。

 

ホワイト企業ランキング上位に見られる特徴

ホワイト企業ランキング上位に見られる4つの特徴を詳しく解説します。

給与やボーナスの支給額が高い

ホワイト企業の特徴として、給与やボーナスの支給額が高いことを挙げることができます。特に注目したいのは、基本給です。基本給が高いということは、業績が安定していることの証拠でもあります。また、ボーナスは基本給を基準に「×〇ヵ月」という形で出すことが多いので、注目したいところです。 基本給が高ければ、従業員の生活の安定に繋がります。しかし、中には基本給ではなく、総支給額を記載する場合があるので注意しましょう。特に、固定残業代やその他手当を含めて記載しているので、基本給はかなり低く設定されている場合があります。

残業が少なく有給休暇の取得率が高い

残業が少ないことも、ホワイト企業の特徴といえます。ホワイト企業は、業務量を管理し、残業しなくても大丈夫なように調整しているからです。また、作業効率化や「ノー残業デー」などの工夫も行い、従業員のプライベートの時間も大切にします。 有給休暇の取得率の高さにも注目できます。有給休暇は、従業員に与えられた権利です。有給休暇の取得率が高い企業は、従業員のワークライフバランスを大切にしている、ホワイト企業だといえるでしょう。

福利厚生が充実している

福利厚生には、厚生年金保険や雇用保険のような法定のものと、法定外のものがあります。福利厚生の充実度は、法定外のものを基準に考えることができます。具体的には、交通費の支給額、住宅手当、家族手当など各種手当を挙げることができます。 また、レジャー施設の割引きや資格取得の支援、誕生日など特別な日に休暇が取れる制度などもあります。充実した社員食堂なども大切なポイントです。ホワイト企業は、福利厚生を充実させて、従業員が快適な会社生活を送れるように積極的に取り組みます。

離職率が低い

離職率が低いのも、ホワイト企業の特徴です。例えば、新卒入社3年後の離職率を「就職四季報」でチェックしていみると良いでしょう。職場環境の悪い企業は、早期退職が多く、定着率が低いために年中求人を出しています。 一方、ホワイト企業は社員の定着率が高く、平均勤続年数も高くなる傾向にあります。企業の設立年数に対する、平均勤続年数を男女別に比較することで、ホワイト企業かどうかの目安にすることができます。

 

ホワイト企業として認知されるには

ホワイト企業として世間に認知されるために、どうすればいいでしょうか。大きく2つの方法を詳しく解説します。

ホワイトマークに認定される

ホワイトマークは、厚生労働省が「安全衛生優良企業」として公表した企業に付与される、認定マークのことです。認定を受けるためには、過去3年間に労働安全衛生に関連する重大な法令違反がないことに加えて、メンタルヘルス対策や過重労働防止のための対策など、約80の認定基準をクリアする必要があります。 ホワイトマークは、自社ホームページや求人広告などに付けることができ、ホワイト企業として世間にアピールすることになります。

ホワイト企業の表彰制度を利用する

民間が主催する、ホワイト企業の表彰制度を利用することもできるでしょう。例えば、「ホワイト企業大賞企画委員会」は、2014年より「ホワイト企業大賞」という表彰制度を企画運営し、「社員の幸福と働きがい、社会貢献などを大切にしている企業」を表彰しています。 また、「一般財団法人日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト財団)」は、7つの指標によりホワイト企業の認定を行っており、企業規模を問わずにホワイト企業として認知されることが可能です。さらに、全国の「素晴らしい会社」を称賛・表彰するイベントとして、「ホワイト企業アワード」を開催しています。

 

ホワイト企業として認知されることのメリット

ホワイト企業として認知される事のメリットとして、以下の3つのポイントを挙げることができます。

採用活動で有利になる

ホワイト企業として認知されることで、採用活動で有利なるというメリットを享受できます。求職者は、業界や職種だけでなく、企業の評判についても調査してから応募します。人材不足が社会問題となっている中、優秀な人材確保のために、ホワイト企業として認知されることは、求職者への大きなアピールとなるでしょう。

人材定着率が向上する

ホワイト企業として認定されるためには、さまざまな認定指標や条件をクリアする必要があります。また、現状を維持するだけでなく、将来を見据えた取り組みも評価されます。これら一つひとつの項目は、従業員にとっても、モチベーションやエンゲージメントを高く維持するために重要なポイントとなるでしょう。 働きがいや快適な職場環境を提供することで、優秀な人材の定着率を向上させることにも繋がります。

ホワイト企業を目指すことで自社の課題が明確になる

ホワイト企業として認定されるための認定指標は多岐にわたります。認定審査を受けることで、認定されなかったとしても、自社の課題が明確になるので、無駄なことではありません。 認定されるための課題に取り組むことで、企業としての成長にも繋げることにもなります。ホワイト企業を目指す取り組みは、従業員にも評価されることでしょう。そして組織全体の生産性向上にも繋がり、一体となってホワイト化に向かって前進することになります。

 

ホワイト企業を目指して取り組むべきこと

ホワイト企業を目指して取り組むべきことを、ホワイト財団が、ホワイト企業認定の指標としている7つの基準を参考にして解説します。

ビジネスモデル・生産性向上

企業が掲げる長期ビジョンを従業員と共有し、一体感のある組織づくりに取り組みます。具体的には、中期経営計画を立てて、全従業員の周知することができます。また、生産性向上のために、画期的な施策を積極的に行うことも大切です。

多様性のある人材雇用

多様性のある人材雇用の取り組みとして、障がい者理解の研修 や外国籍社員受け入れ研修、女性の管理職比率目標の設定などに取り組むことができます。また、従業員の意識調査や定期的な研修によって、個性や経験の異なるすべての従業員が活躍できる職場づくりを行います。

ワークライフバランス

全従業員のワークライフバランスの実現に向けた取り組みを行います。これには、テレワークやフレックスタイム制など、柔軟な働き方ができる制度の導入や、休業取得者が出た場合に、業務のしわ寄せなどの負担が発生しないように、一部業務のマニュアル化に取り組むなども含まれます。

健康経営

従業員の健康と、企業の業績向上には密接なかかわりがあります。従業員の健康を経営資源と捉え、健康促進のための支援を行うのも企業の務めです。そのために、健康診断はもちろん、治療と仕事の両立を可能にする制度や治療の費用補助制度の導入を検討できるでしょう。

人材育成

従業員のスキルアップのための人材育成に積極的に取り組みます。これには、キャリアデザインの設計を支援したり、各種研修プランの立案と実施が含まれます。評価制度の運用や1on1ミーティングの実施などにより、従業員がやりがいを持って働ける環境づくりを行うことも大切です。

リスクマネジメント

経営を行っていく際のリスクや、それによる影響への事前対策を行います。また、リスクが発生した場合に、損失を最小限に抑えるための取り組みも行います。これには、情報セキュリティ、労働安全衛生に関する方針を決めて全従業員に周知すること、災害時の対応についてマニュアルを作成することなども含まれます。

労働法遵守

労働に関する法律を正しく理解し、遵守することで、全労働者が安心、安全のもと就労できるよう努めます。これには、法律の改正が行われた際の迅速な対応や、フレックスタイム制などさまざまな制度を導入した際に、法定基準通りに運用することも関係します。

 

まとめ

企業がホワイト化を目指すための方法や、ホワイト企業として認知されることのメリットについて解説しました。先行きの見えない不安定な時代を生き残ることと、企業がホワイト化を目指すことには、密接な関係があります。今こそ、ホワイト企業認定のための取り組みを始めるべき時といえるのではないでしょうか。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ