公開日:2022/01/18
更新日:2024/06/26

ヒューマンエラー研修とは|目標設定や具体的な内容について紹介

ヒューマンエラー研修とは|目標設定や具体的な内容について紹介 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ヒューマンエラーとは人為的ミスです。本記事では、ヒューマンエラーの定義やヒューマンエラー研修の目的と内容について詳しく解説します。人事担当者の方は、ぜひ参考にして、ヒューマンエラー対策を講じてみてください。

 

01ヒューマンエラー研修とは

ヒューマンエラー研修とは、人間が原因となって発生するミスや事故が起きる原因を理解し、これらの人的ミスを未然に防ぐための対策を身に付ける研修のことです。

ヒューマンエラーが発生するメカニズムや具体的な防止方法を学ぶことによって、致命的な人為的なミスを避けるようになることがヒューマンエラー研修の目的です。


 

研修をしてもその場限り」「社員が受け身で学ばない」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法
・自己啓発への活用方法 など


Schoo_banner
 

02ヒューマンエラー研修を実施する目的

ヒューマンエラー研修は、企業の信頼を損ねるような人為的なミスを未然に防いだり、人命に関わるような事故を起こさないような仕組みを整えたりすることを目的に実施されます。

特に後者の人命に関わるミスを防ぐことを目的に実施する企業が多く、製造業はヒューマンエラー研修を実施することが多い傾向にあります。

事故を起こさないため

ヒューマンエラーは、ときに重大な事故を引き起こして、賠償責任や損害を招くおそれがあるため、ヒューマンエラー対策は企業にとって必要不可欠なものです。研修を実施することで、ヒューマンエラーを可能な限り防止する仕組みづくりや、対策方法、社内環境作りを習得し、ヒューマンエラーの抑制を目指すことができます。

顧客からの信用を失墜させないため

たとえ小さなミスであっても、顧客からの信用を失ってしまうのは一瞬であることを肝に銘じ、業務の仕組みそのものを見直す必要があります。単なる個人のミスであると片付けるのではなく、ミスが起こった要因を考え、再発防止の仕組みづくりを習得するためにもヒューマンエラー研修が求められているのです。

 

03ヒューマンエラー研修の内容

ヒューマンエラー研修は、主に以下の内容を抑えておく必要があります。

  • ・ヒューマンエラー対策の必要性
  • ・ヒューマンエラーの発生要因
  • ・ヒューマンエラーの具体的な防止法
  • ・ケーススタディ

まず、ヒューマンエラーとは何かを理解してもらい、自分ごと化してもらうことが重要です。そして、なぜヒューマンエラーが起きてしまうのかを理解し、具体的にどのように仕組み化すればミスを防ぐことができるのかを学ぶと行動変容につながる研修になります。

ヒューマンエラー対策の必要性

まず、受講者がヒューマンエラー研修をなぜ受講する必要性があるのかを理解し、自分ごととして捉えてもらう必要があります。自分が主体的に関わって、対策すべきことという認識を持つことができなければ、ヒューマンエラーの発生要因や防止法を学んでも効果は薄いでしょう。

ヒューマンエラー発生要因

次に、ヒューマンエラーの発生要因について学ぶ必要があります。人の情報処理には、「入力過程」「媒介過程」「出力過程」の3つの段階があります。ヒューマンエラーは、いずれかの段階で起こると考えられていて、発生する段階の違いによって「入力エラー」「媒介エラー」「出力エラー」に分類できます。分類ごとに適した対策が異なるため、エラーが起こった際には単なる間違いとして片付けないようにしましょう。有効な対策を立てる上で重要なポイントは、どのような情報処理プロセスの段階で発生したエラーであるかを分析することです。

ヒューマンエラーの具体的な防止法

ヒューマンエラーの具体的な防止法について学びます。たとえば、エラーリスクを伴う業務をできるだけ減らしたり、定型業務を自動化したりするのは有効な手段です。また、設計や計画の段階でエラーがおきないように工夫する「フールプルーフ」や「指差呼称」、「危険予知トレーニング」など、効果的な対策について講義を受けるのも良いでしょう。

現状の課題に沿ったケーススタディ

自社の現状の課題に沿って、起こり得るヒューマンエラーをリストアップし、要因を考えます。次にその対策案を検討し、実行に移します。ヒューマンエラーは起こさないことが一番ですが、起こった場合を想定してその影響を可能な限り最小限に抑える対応策を事前に考えておくことが重要なポイントです。さらにはリカバリーできる社内環境、仕組みづくりを考えておきましょう。

 

04ヒューマンエラー研修の効果を高めるポイント

ヒューマンエラー研修の効果を高めるには、動機付けが何よりも大事です。ヒューマンエラーをできる限り減らすためには、社員それぞれの意識を高め 、日頃から緊張感を持って業務に取り組む必要があります。

また、効果を高めるには行動変容を意識することが重要です。単にヒューマンエラーのメカニズムを理解するだけに留まらず、どうすれば自分の職場でミスを防止できるのかをチームで話し合う場などを持つと良いでしょう。

そして、ヒューマンエラー研修を継続的に行うことも、効果を高めるポイントです。定期的に研修を行うことで、再び襟を正すことができるでしょう。そのため、対面での外部研修だけでなくeラーニングやグループワークなども併せて、研修設計すると効果を高めることができます。

 

05ヒューマンエラー研修|Schoo for Business

Schoo for Business

Schoo for Businessは、国内最大級8,500本以上の講座から、自由に研修カリキュラムを組むことができるオンライン研修サービスです。新入社員研修や管理職研修はもちろん、コンプライアンス研修からDX研修まで幅広く実施できることが特長です。また、eラーニングによる研修のため、日々の業務で忙しい方でも隙間時間で受講できます。

受講形式 オンライン
(アーカイブ型)
アーカイブ本数 8,500本
※2023年5月時点
研修管理機能 あり
※詳細はお問い合わせください
費用 1ID/1,650円
※ID数によりボリュームディスカウントあり
契約形態 年間契約のみ
※ご契約は20IDからとなっております
 

Schoo for Businessの資料をもらう

ヒューマンエラー研修のカリキュラム例

この章では、Schooが保有する8,500の授業の中から、ヒューマンエラー研修におすすめの授業を3つ紹介します。

原因が分かればミスは防げる

原因が分かればミスは防げる

第1回 原因が分かればミスは防げる
時間 60分
研修内容
  • ・なぜミスが起きるのか
  • ・ミスをなくす対策
  • ・シチュエーション別のミスのなくし方
 

この授業では、ミスをしてしまう原因を知り、それに合った対策を解説いただきます。ミスの原因を知り、皆さんそれぞれが自分に合った対策を立てられることを目指す内容となっています。

  • YouTuber/外資系コンサルタント

    大阪府出身。ITソフトウェア企業に入社後、プロジェクト管理業務に従事。経済産業省プロジェクトマネージャ試験、国際資格PMP(Project Management Professional)などを取得。プロジェクトマネジメントの専門家として 大手メーカーのプロジェクトマネジメント業務に携わる。その後外資系コンサルティングファームに転職しIT・会計を中心とした経営コンサルタントとして従事。副業ではプレゼンテーション・思考法の専門家として、コンサル・セミナー・執筆などで活動。YouTubeチャンネル『マナビジネス』では「学び」+「ビジネス」をテーマに仕事の現場で使える仕事術についての情報を発信している。

仕事のミスの予防策

仕事のミスの予防策

第1回 「日にちを間違える」「やるべきことを忘れる」を失敗学でなくす
時間 45分
研修内容
  • ・ミスの要因は5つ
  • ・日程を間違えるミスの対策
  • ・スケジュール管理がうまくいかない際の対策
  • ・うっかり忘れるミスの対策
  • ・メールを未読のまま忘れるミスの対策
 

この授業では、スタンフォード大学情報工学部出身で現在は失敗学副会長を勤める飯野謙次先生に、失敗学的な知見を踏まえてミスをなくす方法を伝授していただきます。

  • 東京大学環境安全研究センター特任研究員・失敗学会事務局長

    1984年、アメリカゼネラル・エレクトリック原子力発電部門入社。1992年スタンフォード大学機械工学・情報工学博士。2000年にサイドローズ社を設立して独立、ゼネラル・パートナーに就任(現職)。2002年に畑村洋太郎東京大学名誉教授とNPO法人失敗学会を設立、副会長に就任(現職)、その後事務局長兼務。東京大学学術支援専門職員を経て特任研究員(現職)。著書に「ミスしても評価が高い人は、何をしているのか?」、「思考停止する職場」、「仕事が速いのにミスしない人は何をしているのか?」、「ミスしない大百科 “気をつけてもなくならない”ミスをなくす科学的な方法」など。

大企業から中小企業まで幅広く導入

Schoo導入企業ロゴ

Schoo for Businessは、大企業から中小企業まで幅広く導入いただいております。利用用途も各社さまざまで、階層別研修やDX研修としての利用もあれば、自律学習としての利用もあり、キャリア開発の目的で導入いただくこともあります。

導入事例も掲載しているので、ご興味のあるものがあれば一読いただけますと幸いです。以下から資料請求いただくことで導入事例集もプレゼントしております。そちらも併せて参考にいただけますと幸いです。

Schooの導入事例集をもらう

 

06まとめ

人間である限り、ヒューマンエラーをゼロにするのは難しいことですが、減らしていくことは可能です。ぜひ、ヒューマンエラー研修を受講して、エラー発生のメカニズムや防止対策などを学び、実務に役立ててみてはいかがでしょうか。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
この記事を書いた人
Schoo編集部
Editor
Schooの「世の中から卒業をなくす」というミッションのもと活動。人事担当や人材育成担当の方にとって必要な情報を、わかりやすくご提供することを心がけ記事執筆・編集を行っている。研修ノウハウだけでなく、人的資本経営やDXなど幅広いテーマを取り扱う。
執筆した記事一覧へ

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ