11/18(Mon)

今日の生放送

eラーニングに最適な受講時間は?学習効果の最大化に向けたおすすめの取り組み方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eラーニングに最適な受講時間は?学習効果の最大化に向けたおすすめの取り組み方法 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

インターネットを通じて、オンラインで学習することをeラーニングと呼んでいます。eラーニングは、個人の学習のみに向けられたものに限らず、最近では企業でも研修や教育として活用されるようになりました。eラーニングは、自分のペースで学習できるというメリットがありますが、学習成果を実感するには取り組み方に工夫が必要です。この記事では、eラーニングの効果的な取り組み方を解説します。

<目次>
1.eラーニングに最適な時間とは
1日当たりどれくらいの時間を割くべきか
学習効率を高めるための最適な時間配分
2.eラーニングの学習効果・学習効率を最適化するためのポイント
eラーニングの学習効果を高める学習方法その1:さまざまなデバイスを活用しよう
eラーニングの学習効果を高める学習方法その2:最終的に学びたいことから逆算してコンテンツを選ぼう
eラーニングの学習効果を高める学習方法その3:オフラインの学びの場も活用しよう
eラーニングの学習効果を高める学習方法その4 :アウトプットの機会を設けよう
3.企業研究の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方
企業研究の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方その1
企業研究の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方その2
企業研究の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方その3
4.Schooが提供する企業向け学習パッケージ
Schooのサービスの特徴
Schooの研究パッケージの紹介
 

1.eラーニングに最適な時間とは

1日当たりどれくらいの時間を割くべきか

 個人のスキルアップを目的とした学習の場合、ほとんどの方が仕事やプライベートの合間の時間を使って学習されるのではないでしょうか。学習計画を立てる際に注意すべき点は、無理なく継続できる計画になっているかどうかという点です。やったりやらなかったりなど学習にムラがあると、継続自体が難しくなることもあり得ます。継続できるかどうかに重きをおいて考えると、1日あたり合計で1時間から1時半程度の学習が理想です。

学習効率を高めるための最適な時間配分

 人が集中できる時間はとても短く、15分程度だと言われています。30分、1時間、1時間半と長い時間連続して学習を行うよりも、15分×3セットというサイクルで間に小休憩を挟みながら学習を行ったほうが効果的です。自分のペースで学習が可能なeラーニングの場合は、一時停止などもできるので、時間を区切った学習に最適です。

 

2.eラーニングの学習効果・学習効率を最適化するためのポイント

eラーニングの学習効果を高める学習方法その1:さまざまなデバイスを活用しよう

 eラーニングは、時間や場所が自由になるだけでなく、デバイスも限定されることがありません。スマートフォンやタブレット端末などを介して学習することも可能なので、通勤の電車の中や待ち時間でも気軽に学習ができます。隙間時間の学習は、自宅で学習時間の確保が難しいと感じる方や効率を重視される方にもおすすめです。お気に入りのカフェなどで学習していても、スマートフォンやタブレットであれば、他の人の邪魔になることなく勉強に集中することができます。

eラーニングの学習効果を高める学習方法その2:最終的に学びたいことから逆算してコンテンツを選ぼう

 eラーニングの特徴は、とにかくコンテンツが多いことです。さまざまなジャンル、切り口のコンテンツが存在するため、目的も定まらないうちにいきなり学び始めてしまうと思うような成果につながらないこともあります。数多くのコンテンツがありますから、今の自分にとってどのような学びが必要なのかをきちんと見極める必要があります。ですから、eラーニングを始める前には、自分のなりたい姿や学びを通して何を身につけていきたいかなどを整理しておき、必要に応じたコンテンツを選ぶという手順でスタートすることをおすすめします。

eラーニングの学習効果を高める学習方法その3:オフラインの学びの場も活用しよう

 eラーニングで受講するだけで終わりにせず、自分が興味を持った先生のセミナーなどに出かけ実際に講義を受けてみることも、学びをより深める方法としてはおすすめです。eラーニングのタイプによって異なりますが、オンラインでは講師の先生に直接質問することができず、受け身型の学習になってしまうケースも少なくありません。しかし実際に目の前に講師の先生がいれば、わからなかったところは個別に質問することも可能ですし、場合によっては質問を深く掘り下げて講義をしてくれることもあり得ます。それだけではなく、同じテーマに興味を持っている人たちと知り合うこともできます。リアルでのセミナーが情報交換の場となり、より多くの学びを得られることもあります。

eラーニングの学習効果を高める学習方法その4 :アウトプットの機会を設けよう

 何事もそうですが、学んだことをアウトプットする機会をきちんと設けることで、学習効果を高めることができます。アウトプットの方法として、自分のノートにまとめるという方法もありますが、ブログに書いたりSNSで情報を発信したりする方法もあります。特に、学んだことを踏まえて情報発信を行う場合、どのようにしたら人に伝わるのかなどと、学んだ内容をより深く考え自分の言葉に置き換えていく作業が必要になりますが、その過程こそが自らの勉強になります。

 

3.企業研究の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方

企業研修の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方その1:新人研修などで活用しよう

 eラーニングは、毎年同じ内容で行われる新人研修などで利用する教材として活用することが可能です。例えば社内や業界で使われる用語の解説や関係する法律・ルールなどの解説は、毎年頻繁に変わるものではありません。受講生全員に平等に教育を行いたいという場合は特に、eラーニングが有効です。場所や時間、人などのコスト削減にもつながります。

企業研修の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方その2:新商品やサービスの周知に活用しよう

 また、自社の新商品や新たなサービスの概要を社員全員に周知してもらうためのツールとしても役立ちます。eラーニングがあれば、同じ内容の研修を何度も繰り返す必要はありません。自社の他の社員たちは、皆バラバラのスケジュールで活躍していますが、eラーニングがあれば、スケジュール調整を行い全員が出席できるような日程で提示するなんていうことを行わなくてもよいのです。

企業研修の学習効果を最大限高めるeラーニングの取り組み方その3:研修等の復習や達成度チェックなどに活用しよう

 同じ内容の授業を何度でも繰り返し受講することが可能なeラーニングは、研修や勉強会などで学んだことの復習や、業務で必要な事柄の再確認などにも活用することができます。例えば研修を終えた新入社員が現場に入って仕事に慣れた頃、達成度チェックのような形でもう一度研修の内容を復習する機会を作る、ということも可能です。

 

4. Schooが提供する企業向け学習パッケージ

Schooのサービスの特徴

 Schooでは、動画配信という形でさまざまなニーズに応えられる授業を提供しています。授業へのご登壇には、各業界における第一人者や著名な専門家の方々をお迎えしています。ご登壇される講師の方々は、ビジネス現場での経験に基づいた事例などを教えてくださるので授業は具体的でわかりやすく、受講者はチャットなどを通じて講師に直接質問をすることもできるため、eラーニングであっても、実際の研修を受けるのと限りなく近い状態で学習することが可能です。受け身型の学習にならないようなコンテンツが多いのも、Schooのeラーニングの特徴です。

Schooの研修パッケージの紹介

 Schooの研修パッケージでは、階層別・職種別・テーマ別の研修パッケージをご用意しています。今の社員研修に必要なコンテンツがわかりやすいため、コンテンツ選びで迷うことなく、効率的に研修を組むことができます。
 例えば入社後の若手社員を対象にした研修パッケージであれば、16種類もの研修パッケージ例をご用意。ビジネスマインドや基本的なコミュニケーションスキル、ロジカルシンキングなど、社会人として求められる基礎的な力をつけるためのコンテンツのほか、WordやExcel、PowerPointといったビジネスで必須のソフトの使用方法、メールの書き方などがわかるコンテンツも多数用意しています。

 

Schooでは、研修やセミナーに活用できる企業様向けの動画学習サービスを提供しております

活躍できる人材を育成するために、学ぶべきスキルとして欠かせないビジネスマナーやコミュニケーション力から、営業・プログラミング・デザインなどの実務スキルまで、オンライン動画にて継続的な学習環境をご用意しています。

研修授業の一例

  • 新入社員のためのExcel術
  • 劇的に作業効率が上がるWordの使い方
  • できる若手の報連相 など

研修授業の講師一例

  • 株式会社サイバーエージェント 取締役人事統括 曽山 哲人さん
  • 株式会社カラーズ 代表取締役社長 経沢 香保子さん
  • パーソルキャリア株式会社/DODA編集長 大浦 征也さん など
受講画面

具体的な人材育成研修に活かせる学習動画の内容をお知りになりたい方は、
ぜひ以下より資料(無料)をダウンロードして、今後のご検討にお役立てください。
ジャンルごとの研修内容やサービスの機能詳細をご確認いただけます。

無料資料を今すぐダウンロードする

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 1分でも早く帰りたい人のための時短仕事術
    1分でも早く帰りたい人のための時短仕事術
  • 話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
    話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 仕事のミスを減らす頭の使い方
    仕事のミスを減らす頭の使い方
  • Python超入門
    Python超入門
  • 上流工程で働きたい人のための企画・要件定義
    上流工程で働きたい人のための企画・要件定義
  • 暗記のコツ
    暗記のコツ
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 一流の学び方 -稼ぎに繋げる大人の勉強法-
    一流の学び方 -稼ぎに繋げる大人の勉強法-
  • ISO(国際標準化機構)の基礎知識
    ISO(国際標準化機構)の基礎知識
  • やりたいことを実現「すごい時間術」
    やりたいことを実現「すごい時間術」
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • グロービスが教える!「どこにいっても通用する人」になる法則
    グロービスが教える!「どこにいっても通用する人」になる法則
  • アイデア量産の思考法
    アイデア量産の思考法
  • 「発信力」が上がる文章教室
    「発信力」が上がる文章教室
  • 優秀なSEに必要な考え方
    優秀なSEに必要な考え方
  • データベース概論
    データベース概論
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 先延ばしは1冊のノートでなくなる
    先延ばしは1冊のノートでなくなる
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ