オンライン研修と集合研修のメリットとデメリットを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オンライン研修と集合研修のメリットとデメリットを比較 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

2019年4月に施行された「働き方改革関連法」をきっかけに、働き方や人材育成に対する見直しが行われています。働き方の一環として企業のテレワーク導入が推進されていく中、人材育成では欠かせない研修においてもその在り方が問われています。 研修のタイプには従来のような集合研修とオンライン研修の2つがあります。この記事では、集合研修とオンライン研修を比較し、それぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。研修の在り方を検討される際にお役立てください。

<目次>
集合研修とは
集合研修のメリット
受講者同士の関係値ができる可能性がある
講師に直接質問ができる
集合研修のデメリット
コストがかかる
スケジュール調整が困難
個々に必要な研修ではない
習熟度・理解度の把握が難しい
オンライン研修と集合研修を比較
集合研修からオンライン研修への移行が進んでいる
長時間労働が見直され、効率的な研修が必要に
テレワークで研修に参加できる体制が求められている
今後はオンライン研修と集合研修(オフライン)のハイブリッドがトレンドになる
オンライン研修とは
1:録画された講義を見るオンライン研修
2:リアルタイムで行うオンライン研修
オンライン研修を導入する3つのパターン
集合研修とオンライン研修を組み合わせる
全てオンライン研修に変更する
既存の集合研修をオンライン化する
オンライン研修のメリット
時間や場所を問わず学習できる
教育の質を均一に保てる
学習の進捗状況を管理できる
オンライン研修にもデメリットはある
受講者同士のコミュニケーションが無くなる場合もある
強制力が無い
オンライン研修を行う際に意識するポイント
リアクションを大きくする
カメラを常時オンにする
チャット機能を活用する
セルフマネジメントがより重要になる
オンライン研修でグループワークを効果的に行うポイント
1.ファシリテーターを参加させる
2.参加者の役割や立ち位置を明確にする
3.チャットを活用する
Schooのオンライン研修を紹介
階層別研修
職種別研修
テーマ別研修
まとめ
 

集合研修とは

集合研修とは、講義式の研修のことです。業務外の場所で講師が複数の受講者に対して講義を行います。オンライン研修が導入されるようになるまでは、研修といえば多くの場合がこの集合研修の形を取っていました。

講師となる人は、社内の人材育成担当者である場合や外部講師である場合など様々で、受講者に習得してほしいテーマに応じて変わります。

一人ひとり個別に育成すると時間がかかり非効率ですが、対象者を一箇所に集合させることで一度に教育が行え、効率的です。

 

集合研修のメリット

受講者同士の関係値ができる可能性がある

集合研修では直接受講者同士が顔を合わせることによって、関係性が深くなる可能性があります。受講者同士の関係性が深くなれば、受講している研修のフォローをし合ったりすることも考えられます。

さらに、その関係性が研修終了後も続けば、異なる部署であったとしても助け合える関係性になっていくかもしれません。

豊かな人間関係は、受講者の仕事ぶりに関係するだけでなく、その人の心身を支える柱となります。メンタル疾患率の高い近年、こういった要素は無下にできないことではないでしょうか。

講師に直接質問ができる

講師に直接質問ができることもメリットの一つです。オンライン研修とは違い、その場で問題を解決することができるため、学んだことに対する理解度も深まります。

さらに講師側にとっても、質問されることで新たに伝えたいと思うような事柄が浮かんでくる可能性もあります。あらかじめ用意されたマニュアル通りの内容ではない講義に受講者も学ぶことに意欲的になり満足度が高まっていくことが期待できます。

 

集合研修のデメリット

コストがかかる

集合研修はデメリットもいくつかあります。その一つは、コストがかかってしまうことです。

オンライン研修であればコストが不要になるわけではありませんが、集合研修の場合は開催毎に様々なコストを負担しなくてはなりません。例えば社外で行う場合であれば会場費、外部講師を招致する場合であれば講師料と宿泊交通費、教材や資料作り、またそれに携わる人件費などです。

日程通りに研修が行われればよいですが、なんらかの理由によって研修が行得なくなってしまった場合、さらに費用負担が増えることになります。

スケジュール調整が困難

新入社員などこれから仕事を始めていく段階の人材に対する研修であれば、スケジュールを組むのは容易でしょう。

しかし、中堅あるいは管理職を対象とした研修の場合はそうもいきません。スケジュールは過密気味になっていることがほとんどで、研修の参加率の低さに悩む育成担当者も少なくありません。

中堅・管理職が一時的であっても職場から離れるということは、不在の分、判断が遅れたり仕事が中断してしまうリスクが考えられます。

個々に必要な研修ではない

集合研修の内容によっては、すでに周知していることを繰り返し聞く時間になってしまう受講者もいるかもしれません。

まだ誰も知らない新しい事柄に関することであれば、吸収すべき事柄があるため受講者にとっても意味のある時間となります。新入社員を対象にした研修の場合は、多くの場合そのような心配は無用でしょうが、社員に対する研修においては、人によって不満を抱かせてしまう内容になる恐れもあります。

習熟度・理解度の把握が難しい

多くの集合研修の場合、一度限りの受講で終わってしまうことがあります。数日にわけて行われるような研修であれば、前回学んだことの復習を行う時間を設けたりして、受講者の理解度を確認しながら進めていくことができますが、一度限りの研修ではそれができません。

また、研修で行う内容を設定する際にも、受講対象者がどこまで理解しているかを事前に正確に把握することはとても難しいものです。受講者の習熟度に沿った内容の研修になるかどうかは、研修を終えてみないとはっきりわからないというリスクもあります。

 

オンライン研修と集合研修を比較

集合研修とオンライン研修には、どのような違いがあるのでしょうか。下記の表で比較していますので、詳しく見ていきましょう。

項目 オンライン研修 集合研修
内容 ・受講者全員に均質な学びを提供することができる。
・繰り返し受講して理解を深められる。
・受講者によって理解度がバラバラになる
・基本的には一度しか受講できない
時間 ・時間の制限がないため、フレキシブルな運用が可能 ・決められた時間に集まる必要がある
場所 ・インターネット環境さえあれば、どこでも行える ・決められた会場に集まる必要がある。
管理者 ・受講者の受講状況を管理することができる。
・ある程度のIT知識が必要
・講師選び、会場選びなど、工数が多い。
コスト ・講座代(買い切りタイプ)
・ID費用(定額制タイプ)
・初期費用
・講師への報酬
・講師の交通費
・会場費
受講者 ・対講師の形ではなく、対画面であるため、モチベーションの維持が必要 ・講師のファシリテーションや、研修内容で受講者のモチベーションを上げやすい
 

集合研修からオンライン研修への移行が進んでいる

長時間労働が見直され、効率的な研修が必要に

オンライン研修はこれまでにも存在していましたが、冒頭でも触れたように、「働き方改革関連法」が施行されたことによって、これまで以上にオンライン研修が注目されています。

「働き方改革」は、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で「選択」できるようにするための改革です。

厚生労働省資料:働き方改革~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~より引用

これまで日本国内では当たり前のように習慣化されてきた長時間労働も見直されるようになり、残業時間の抑制も行われるようになりました。効率的というだけでなく、場所や時間に対する制約の少ないという利点から、オンライン研修を導入する企業が増えているのです。

テレワークで研修に参加できる体制が求められている

先ほども述べたように、オンライン研修は場所や時間に対する制約がありません。スマートフォンやタブレット端末が普及し、一人一台所有するのが当たり前になっている現代においては、職場から離れた場所で研修を受けることが可能です。

子育て世帯においては待機児童問題なども重なり、産休育休期間を終え職場に復帰したくてもできない人がいます。また、家族介護など通勤できないため就労を諦めるという人たちも今後さらに増加していくことも考えられます。こうした社会的な背景を考慮すると、集合研修のみにこだわらず、オンライン対応できる研修が求められていることがわかります。

今後はオンライン研修と集合研修(オフライン)のハイブリッドがトレンドになる

集合研修からオンライン研修への移行が進んでも、集合研修が無くなったり、オンライン研修だけになるということはなく、今後は集合研修とオンライン研修のハイブリッド型の研修がトレンドになるでしょう。集合研修には時間・場所の制限があり、オンライン研修では人間関係の構築が難しいというように、どちらにもメリット・デメリットがあります。そのため、今後は双方のメリット・デメリットを補い合うような、ハイブリッド型の研修がトレンドとなっていくことが予想されるのです。

 

オンライン研修とは

近年の働き方改革により、時差出勤やテレワークが浸透し、一人一人の働き方に変化が見られる今、研修方法として注目されているのがオンライン研修です。オンライン研修とは、様々な研修をクラウド型サービスを使って行うもので、録画されたものをみる形式の研修と、オンラインで講師と双方向でコミュニケーションを取りながら行う形式の2種類があります。

1:録画された講義を見るオンライン研修

録画された講義を見るタイプのオンライン研修は、講師の手配や受講する時間などの設定も必要なく、研修を受ける人が好きな時間に好きな場所で自由に研修を受けることができます。そのため、研修に社内リソースを大きく時間を割くことのできない企業にはおすすめのオンライン研修方式です。また、事前学習や復習という側面でも効果を発揮するので、オフィスの遠方に住んでいる状態が多い内定者研修で使用したり、新入社員研修のグループワークのお題としても利用することができます。

2:リアルタイムで行うオンライン研修

前述した録画された講義を見るオンライン研修ではなく、zoomやSkypeのようなWeb会議システムなどを利用し、インターネットを通じてリアルタイムで研修を受けることもオンライン研修では可能です。講師のいる場所と研修を受ける社員に場所の制約はなく、各々好きな場所で研修を受けることができますが、時間は統一する必要があります。ただし、録画された講義を見るオンライン研修よりも、リアルタイムで質問やディスカッションができるので、双方向の密度の高い研修をオンラインで受けられるのがメリットと言えるでしょう。

 

オンライン研修を導入する3つのパターン

集合研修とオンライン研修を組み合わせる

研修を開催する方法として、集合研修とオンライン研修を組み合わせて行う「反転学習型」があります。反転学習とは、ITの発展とともに生まれた学習方法で、学習内容をあらかじめ自宅などで予習し、集合研修では予習した内容にもとづいて討論したりグループワークをして理解を深めるという方法です。

反転学習は、一部の地域では学校教育でも取り入れられており、もちろん企業でも「反転学習型」を採用するところは少なくありません。反転学習型は、自分のペースで予習が行えるため、理解するまでなんども繰り返し学ぶことができます。集合研修とは異なり、その場の限られた時間の中で理解するということが求められない分、学習したことが定着しやすくなるのもメリットの一つです。

もちろん、事前の予習をどの程度行うかは受講者の裁量次第ですから理解度や知識度が均一化されるというわけではありませんが、予習することで学習テーマに対する知識が深まれば、集合研修ではより専門的な内容に触れることも可能になるかもしれません。

全てオンライン研修に変更する

思い切って研修を全てオンライン化するという方法もあります。全てオンライン化してしまえば、それまで集合研修を実施する際にかかっていた様々なコストが削減されるため、企業にとってはメリットがあります。

受講者側にしても、わざわざ業務を調整して研修に参加しなくてもよいため、研修後に残業をして不在の間に溜まってしまった仕事を片付ける・・・というようなこともしなくて済みます。必要な研修がコンテンツ化されていれば、通勤電車の中や休日など自分の好きな時間に好きな場所で学びを進めることができます。

しかしながら、全てをオンライン研修に切り替えるとなれば、受講者がきちんと受講したかどうかのチェックや受講した内容がきちんと定着しているかどうかをフィードバックするための機会や制度を設ける必要があるでしょう。

既存の集合研修をオンライン化する

これまでの集合研修のオンライン化して個々に受講してもらうという方法もあります。例えばわかりやすい例は、動画配信です。

これまで集合研修で行っていた内容と同じ講義を講師に行ってもらい、それを映像化して提供するといった方法です。オンライン化にあたって、それまで行っていたものと内容を変えたくない場合や自社のオリジナルコンテンツが存在する場合、あるいは専門的な内容の場合は、既存の研修をそのままオンライン化するほうが効率的だといえます。

 

オンライン研修のメリット

時間や場所を問わず学習できる

オンライン研修では、時間・場所を問わず研修を実施することができます。集合研修は、同じ時間に1つの場所に集まって行う必要がありますが、録画された講義を見る形式のオンライン研修であれば受講者の都合に合わせて、受講者のペースで学習を進めていくことができるのです。また、リアルタイムで行うオンライン研修においても、インターネット環境さえあれば場所は各個人で自由に選択できるので、人事だけでなく研修を受ける社員も工数を減らすことができ、研修の効率化が行えます。

教育の質を均一に保てる

オンライン研修では、同じ学習教材を用いる場合、教育の質を均一に保つことができるので社員の成長の度合いにあまり差が出ません。講師を招いて行う集合研修のような対面型学習では、講師の質や会場の構造(講師の声の聞こえやすさ)などによって社員間で成長度合いに差が出てしまうこともありますが、オンライン研修では社員間の成長度合いの差をより小さくすることが可能です。

学習の進捗状況を管理できる

オンライン上の管理画面で受講者の管理ができるオンライン研修では、学習の進捗状況をデータ化して確認できたり、どの程度理解しているかをレポート提出機能によって把握することも可能です。そのため、オンライン研修では学習の進捗状況を手書きで入力したり、レポートを紙ベースで提出する必要もなくなるため、簡単かつ効率的に受講者の受講状況を管理することができます。

 

オンライン研修にもデメリットはある

受講者同士のコミュニケーションが無い

これまでオンライン研修のメリットを紹介してきましたが、オンライン研修を導入することにデメリットもあります。

その一つは、受講者同士のコミュニケーションが無いことです。同じ研修を受けることで関係値が深まることで受講者同士が刺激を受けたり、助け合ったりするという機会はなくなってしまいます。

解決策:ディスカッションの場を用意する

コミュニケーションの機会も重要だと感じる場合は、研修内容に関するディスカッションの場を設ける方法もあります。受講した内容を一人だけで解釈するよりも、複数の人の意見と交換することでさらに咀嚼することもできるのではないでしょうか。

Schooの「オンライン集合学習」という機能では、約5,000本のSchooの授業や各社のオリジナル動画を社員が「みんなで×リアルタイムに」視聴できます。授業を見ながらチャットで気づいたことや学んだことを話し合ったり、イイねを気軽に押すこともできるので、一方通行型になりがちな集合研修ではなく双方向の集合研修が実施できるはずです。

強制力が無い

また、もう一つのデメリットには強制力の無さが挙げられます。オンラインでの受講にしてしまうと、コンテンツを視聴するかしないかの判断を個々に委ねることになります。

たとえメール等でフォローしたとしても、確実に実行するかどうかはわかりません。せっかく用意したコンテンツも、受講してもらえなければ意味がありません。必要な研修に関しては、ある程度強制力を働かせる工夫が求められるでしょう。

解決策:管理画面で受講の有無を確認

強制力を働かせる方法としては、管理画面を使って受講の有無を確認し、未受講の人に対して個別にフォローをしていくという方法があります。

システムを構築する際にコストは発生しますが、長期的な視野で考えれば必要な機能だといえます。

 

オンライン研修を行う際に意識するポイント

リアクションを大きくする

集合研修では相手の表情から相手が何を考えているのかを有る程度は読み取ることができます。しかし、オンライン研修ではカメラ越しに参加者の顔を見ることになるため、オフラインと比べて相手の表情を読み取ることが難しいのです。そのため、オンラインで研修を行う際は、参加者全員に「リアクション」を意識してもらうことが大切です。リアクションを大きくすることで、相手の思考を表情から読み取ることができなくとも、リアクションからは有る程度読み取ることができるようになります。

カメラを常時オンにする

対面で行う集合研修と違って、オンライン研修では参加者が何をしているのか、話をしっかり聞いているのか、ということはカメラをオンにしていなければわかりません。さらに、カメラをオンにしなければ参加者がどのようなリアクションをしているのかも分かりません。そのため、参加者にはカメラを常時オンにしてもらい、コミュニケーションを取りやすくしましょう。

チャット機能を活用する

ZoomやGoogle meetなどのように、多くのビデオ通話ツールにはチャット機能がついています。このチャット機能を有効に活用することで、対面の集合研修にはないメリットが生まれるのです。例えば集合研修では多くの人が周りにいて、質問しづらいと感じる人もいるでしょう。そのような人たちにとって、チャットで質問を投げかけることは難易度が低く、より積極的に研修に参加できるようになります。このように、チャットを使うことで思わぬメリットも生まれますので、チャットを有効活用するようにしましょう。

セルフマネジメントがより重要になる

オンライン研修においては、教えられる側のセルフマネジメントが重要になってきます。オンライン研修では、オフラインでの研修のように講師がやっていることを見て覚えたり、講師が手取り足取り教えることはできません。そのため、オフラインでの研修時と比べて、教えられる側が研修内容を理解したりスキルを身に着けるため努力することが重要になってくるのです。

 

オンライン研修でグループワークを効果的に行うポイント

集合研修のようなオフラインで対面して行う研修でグループワークを行うのはそれほど難しいことではありませんが、オンライン研修でグループワークを効果的に行うためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

1.ファシリテーターを参加させる

ファシリテーターは発言の機会をメンバーに平等に分け与えたり、最終的な合理形成をサポートするなど、様々な役割を果たしてくれます。オフラインの研修でもファシリテーターはよく参加しますが、オフラインでは特に重要な役割となります。オフラインと比べてオンラインでは相手の顔や表情を読み取ることが難しく、意思疎通が対面時よりも難しくなってしまい、なかなか良い議論が行えないことがしばしばあります。そんな時にファシリテーターが仲介役を担ってくれることで、中身のある深い議論ができるようになるのです。

2.参加者の役割や立ち位置を明確にする

オンラインでのグループワークは、オフラインのように場所や席の数が決まっていないため、参加者が増えすぎてしまうことがしばしばあります。すべての人がグループワークの中で役割を持っており、効果的な発言ができるのであれば問題はありませんが、あまり重要な役割でなく、意味のある発言をしない人をグループワークに入れてしまうと、本当に話すべき人が話せなくなってしまうなど、デメリットが多く生じることになります。そのため、参加者の数とそれぞれの役割に気を配り、べらぼうに人数を増やしてしまわないようんい注意しましょう。

3.チャットを活用する

上記にもチャットの重要性は記してありますが、オンラインでのグループワークにおいてもチャットは重要な役割を担ってくれます。例えばワークのメンバーとURLを共有したい時にチャットを活用することができたり、会議の進行の妨げにならないように質問をチャットに投稿することもできます。チャット機能はグループワークではあまり活用されない傾向がありますが、チャット機能を使うとより効果的にグループワークを進められるのです。

【関連記事】オンライン研修でグループワークを効果的に行うための3つのポイント
 

Schooのオンライン研修を紹介

Schooビジネスプランでは、オンライン研修に使える、幅広いジャンルの授業をご用意しておりますので、是非一度ご覧ください!

階層別研修

  • この研修は、全職種のビジネスパーソンが学ぶべき内容を詰め込んだカリキュラムです。
  • この新入社員向け研修では、ビジネスマナーやOAスキルから、コミュニケーションスキルやロジカルシンキングなどのビジネス基礎、デザインやプログラミングなどの専門スキル基礎まで幅広い事柄について学ぶことができます。
  • この若手社員向け研修では、仕事が効率的に進められるような思考法やタスク整理の方法など、幅広い研修動画を提供しています。
  • この中堅社員向け研修では、さまざまなコミュニケーション術に関する授業やOJT研修の方法など、中堅社員に必要な幅広い研修動画を提供しています。
  • この管理職向け研修には管理職の育成に向けた効果的な研修内容が盛り込まれています。
  • この内定者向け研修では内定者の育成に向けた効果的な研修をご紹介します。
  • このリーダー向け研修ではリーダーの育成に向けた効果的な研修をご紹介します。

職種別研修

テーマ別研修

  • Schooのビジネスマナー研修では、身だしなみ・挨拶・敬語といった基本的なマナーを学べる研修から、報連相・名刺交換・電話応対といった社会人として身につけておくべきビジネススキルを学べる研修まで、幅広い研修動画を提供しています。
  • このコミュニケーション研修では、会話やメールの書き方、プレゼンの方法のほか、部下とのコミュニケーション方法やほめる力の向上など、幅広い事柄について学ぶことが可能です。
  • このリーダーシップ研修では初めてリーダーを任された方向けの基礎スキルのほか、リーダーシップスキルを強化したいという方向けの研修も多数ご用意しています。
  • このチーmビルディング研修ではチームビルディング研修に活用できる様々な種類の研修動画を提供しています。
  • このOJT研修に関するページではOJT研修の実施方法や、コーチングのノウハウなどについての研修動画を提供しています。
  • このハラスメント防止研修では多様化するハラスメントの種類に対応した様々な内容のハラスメント対策動画を提供しています。
  • このマネジメントではマネージャーやリーダーに必要なリーダーシップや、部下の育成方法などについての研修動画を提供しています。
  • このIT研修ではプログラミング言語だけでなく、プロジェクト管理の方法やコミュニケーション術に関する研修動画など、幅広い分野に関する研修動画を提供しています。
  • このフォローアップ研修では、PDCAサイクルや振り返りに必要なスキルを、ビジネスの最前線で活躍する現役のビジネスパーソンから習得することができます。
  • このコーチング研修では部下のパフォーマンスを最大限引き出すための会話術から、フィードバックの仕方まで、実務に活かせる授業を幅広く受講することができます。
  • このロジカルシンキング研修ではMECEやピラミッドストラクチャーのようなフレームワークから、論理的に物事を伝えるためのコミュニケーションスキルまで、実務に活かせる授業を幅広く受講することができます。
 

まとめ

  • ・集合研修とは、受講者を一箇所に集めて行う講義式の研修のことで、一度に教育が行えるため個別に教育を行うことに比べ効率的である。
  • ・集合研修には、受講者同士の関係値が深まったり、講師に直接質問ができるというメリットがある。
  • ・集合研修のデメリットは、コストがかかる、スケジュール調整が困難ということがある。他にも、受講者の理解度や習熟度などが把握しづらく、個々に必要な研修でない可能性もある。
  • ・オンライン研修を導入するなら、反転学習型の研修のほか、全てオンライン研修に切り替える、または既存の集合研修をオンライン化するといった方法がある。
  • ・オンライン研修のデメリットは、受講者同士のコミュニケーションが無くなるほか、強制力に乏しいため受講者の管理が求められるという点である。
【関連記事】リモート研修を効果的に行うための4つのコツ|リモートは今後スタンダードになるのか
【関連記事】Web研修のメリットとは?ツールを選ぶ際の3つのポイント
オンライン研修を検討されている方へ!

 オンライン研修は、場所、時間を問わず学ぶことができ、受講者の学習状況の管理も行えるため、効率的に研修を行うことができます。
 schooビジネスプランは約4700本もの授業を用意しており、授業の種類も豊富なため、ビジネスマナーやコミュニケーション力などの基本スキルから、営業・プログラミング・デザインなどの実務スキルまで学べるので、自発的に学び成長していける人材の育成促進につながります。

\簡単10秒!/
Schooビジネスプランの資料を請求する

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
    実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-
    メンタルが強い人になる -ストレスに負けない心の作り方-
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • 1秒でも速く作業をこなすパソコン仕事術 -Windows版-
    1秒でも速く作業をこなすパソコン仕事術 -Windows版-
  • 「言葉」を味方につけて聞き手を虜にするコミュニケーション術
    「言葉」を味方につけて聞き手を虜にするコミュニケーション術
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 不安とストレスに悩まない7つの習慣
    不安とストレスに悩まない7つの習慣
  • 『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』著者:西岡壱誠さん
    『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』著者:西岡壱誠さん
  • アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
    アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
  • ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
    ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ