10/24(Sun)

今日の生放送

マネジメントサイクルとは?種類と活用、育成方法を徹底解説

公開日:2021/05/28
更新日:2021/08/30
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
マネジメントサイクルとは?種類と活用、育成方法を徹底解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

当記事では、いまや当たり前になったPDCAサイクルを中心としたマネジメントサイクルについて解説しています。実は奥の深いマネジメントサイクル。PDCAがまわらないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

 

マネジメントサイクルとは

マネジメントサイクルとは、企業が目標を達成するための管理の枠組みです。計画を立案し、計画通りに進んでいるか、実行できたかをチェックします。 では、管理の枠組みとは何でしょうか。また、マネジメントサイクルがなぜ必要なのでしょうか。

目標を達成するための管理の枠組み

目標を達成するための管理の枠組みとは、計画と実行を改善を繰り返し、目標に向かって適応させるためのフレームワーク、手順化された進め方です。

必要性とメリット

マネジメントサイクルを導入する理由は、下記のメリットを享受するためです。 ・目標達成の確率を向上させる ・結果ではなく先行指標を管理できる ・将来の達成率が予測でき、早い段階で対応することができる 目標を達成するために、計画に基づいたマネジメントサイクルが求められるのです。

 

PDCAサイクルとは

PDCAサイクルとは、実行と改善のプロセスを「Plan(計画)、Do(実行)、Check(振り返り)、Action(改善)」の4段階に落とし込んだものです。

PDCAの起源

日本にPDCAサイクルが導入された最初の出来事は、エドワーズ・デミングという人が統計的品質管理を日本科学技術連盟(日科技連)で講演し、この講演を聞いた日科技連の幹部がPDCAサイクルを提唱したことである、とされています。 日科技連が主催するデミング賞は、トータルクオリティーマネジメント(TQM)に対する世界最高ランクの賞です。日科技連が提唱したこともあり、PDCAは長らく品質管理の手法として認知されていました。

KPIとマネジメントサイクル

PDCAサイクルとともにKPIという言葉も登場し、生産の品質管理以外の、さまざまな事業運営にPDCAが適応されるようになりました。 生産品質管理から生まれたPDCAサイクルは、元来、変化が少なく定常的な管理が求められる現場に適合しやすいと考えられていました。しかし、KPIが登場し、一見定常的でないマネジメントにも適応できるようになったのです。

PDCAサイクルがうまくまわらない理由は?

PDCAサイクルが、うまくまわらない代表的な理由は、以下の通りです。 ・適切な最終目標を設定できていない ・最終目標に対して必要十分な先行指標が設定できていない ・最終目標実現のための時間軸を踏まえて設計されていない ・可視化し、レポートすることだけが目的になってしまっている

1.適切な最終目標を設定できていない

適切な最終目標が設定できていないと、PDCAサイクルはうまくまわりません。 達成難易度の高い目標を設定した場合、実行の初期段階から計画との差異が大きくなり、PDCAサイクルがまわらなくなるからです。 例えば、対前年の売上に対して2倍にするという目標設定がされたとします。その場合、急激に市場が伸びる、自社製品の競争優位性が飛躍的に高まる、リソースが倍になる、といった特別なことが起こらない限り、達成は難しいでしょう。 そのような条件が整っていないにも関わらず、無理な目標に対してPDCAをまわそうとしても、難易度が高いため、PDCAサイクルがまわらなくなります。

2.最終目標に対して必要十分な先行指標が設定できていない

最終目標に対して、必要十分な先行指標が設定できていないと、PDCAサイクルはうまくまわりません。最終目標に関係ないことを実施してしまい、「いくら努力しても目標を達成できない」状態になるからです。売上という最終目標に対して、営業の訪問数を先行指標とする企業や営業組織も多く存在します。

しかし、訪問数は目標を遥かに超えているにも関わらず、売上が目標に到達しないという事象も発生し得ます。訪問⇒顧客ニーズの確認⇒提案⇒受注という流れのなかで、訪問数だけを先行指標としてしまうと、途中経過が分からず、気がつけば未達成になっている可能性があるのです。

3.最終目標実現のための時間軸を踏まえて設計されていない

最終目標実現のための、必要な時間軸を踏まえて設計されていないと、PDCAサイクルはうまくまわりません。 短期的に成果が上がることばかりではないからです。 売上⇒顧客への提案⇒提案のための商談⇒商談のためのリード発掘 という売上からの逆算を例に考えてみましょう。今月の売上〇円という目標に対して、今月行ったリード発掘が寄与することは難しいかもしれません。提案してから受注するまでに、タイムラグが発生するからです。 例えば、7月の売上を達成するために、2カ月前の5月には商談まで済ませておく必要があるとします。この場合、商談から受注に至るタイムラグが2カ月という計算をしています。 そうすると、次は5月の商談に必要なリード発掘は4月には〇件である、という設定もしておく必要があります。7月の売上を達成するためには、4月から継続的に指標を追い続けなければならないのです。 このように、必要な時間を計算して設計されていないと、ただ単に各指標を眺めるだけのPDCAサイクルになってしまいます。

4.可視化し、レポートすることだけが目的になってしまっている

目標に対して実績を可視化し、レポートすることだけが目的になってしまうと、PDCAサイクルはうまくまわりません。改善するという意識が薄れてしまうからです。 実際に、レポートの形に極度に拘るなど、本質的ではないPDCAサイクルとなってしまうケースが多々あります。 レポートを出すことだけに意識を集中すると、改善して成果を出すPDCAサイクルにはなりません。

目標に対して実績を可視化し、レポートすることだけが目的になってしまうと、PDCAサイクルはうまくまわりません。改善するという意識が薄れてしまうからです。 実際に、レポートの形に極度に拘るなど、本質的ではないPDCAサイクルとなってしまうケースが多々あります。 レポートを出すことだけに意識を集中すると、改善して成果を出すPDCAサイクルにはなりません。

 

マネジメントサイクルの種類

PDCAのほかにも、いくつかマネジメントサイクルは存在します。下記の内容について、1つずつ解説します。 ・OODAループ ・PDRサイクル ・CAPDサイクル

OODAループ

OODAループとは「Observe(観察)、Orient(方向づけ)、Decide(意思決定)、Act(行動)」の4段階です。PDCAサイクルと比較すると、OODAループには計画がありません。観察に重きが置かれたマネジメントサイクルになっています。 OODAループは不確実で計画の立てにくい事象に対して、適合しやすいマネジメントサイクルです。 一方で、計画段階がないため、緻密な計画が必要とされる場合は不向きです。

PDRサイクル

PDRサイクルとは、「Preparation(準備)、Do(実行)、Review(見直し)」の3段階のマネジメントサイクルです。これもOODAループと同様、計画の段階がなく、実行中心のマネジメントサイクルです。 Planではなく、Preparation(準備)としているため、簡略化したマネジメントサイクルになっており、スピードに振り切ったサイクルになっています。 こちらも、綿密な計画が必要とされる場合は不向きです。

CAPDサイクル

CAPDサイクルとは、PDCAサイクルをCheck(振り返り)の段階から始めるように変更したマネジメントサイクルです。 「まずはやってみる」ということを重視しており、PDCAよりも変化への適応力が高いと言われています。 スピード感と丁寧さのバランスを重視したマネジメントサイクルだと言えます。

 

マネジメントサイクルの応用

特定の目的に特化したマネジメントサイクルも存在しています。下記について説明します。 ・プロジェクトサイクルマネジメント(PCM) ・PCライフサイクルマネジメント

プロジェクトサイクルマネジメント(PCM)

プロジェクトサイクルマネジメント(PCM)手法は、プロジェクトを計画し、実施をモニターし、成果を評価するためのマネジメントサイクルです。 PCM手法は、プロジェクトの「計画立案」段階と「モニタリング・評価」段階のふたつからなっています。 各段階に使用されているモデルやフレームワークは、それぞれに別個の起源をもつものですが、全体の集合体として捉えた場合は、PDCAサイクルと非常によく似た構造をしています。

PCライフサイクルマネジメント

PCライフサイクルマネジメントとは、企業にとって重要な経営資産であるPCの購入から廃棄に至るまでの、全ライフサイクルを最適化する管理手法を指します。 PCライフサイクル マネジメントの作業内容は主に5つのフェーズに分類されます。それが「企画・設計」「調達」「導入」「運用・保守」「消去 ・廃棄」の5つです。 PCに対してかかるコスト総額の削減を目的として、導入後の管理費用や廃棄費用まで考慮した効率的な運用管理の実現がPCライフサイクルマネジメントの目的です。

 

マネジメントサイクルをまわす能力を高める教育

マネジメントサイクルは、マネージャーだけが実施すれば良いという話ではありません。全社員がマネジメントサイクルをまわせるようになることが重要です。 以下の3つの観点から、マネジメントサイクルをまわすための能力について解説します。 ・Planに活かせる能力 ・Doに活かせる能力 ・Check and Actionに活かせる能力

Planに活かせる能力

Planに活かせる能力は、計画立案能力です。 Planが適切に実施できないと、そのあとのDo以降がまわせません。 計画立案能力は、最終成果の計画だけではなく、達成するための施策やアクションの計画にも必要です。 成果に対して必要なアクションも導き出し、計画できる能力が求められます。

Doに活かせる能力

Doに活かせる能力は、業務遂行スキルです。 資料作成能力、提案力、コミュニケーションスキルなどは、どのような職種でも共通して必要です。

Check and Actionに活かせる能力

Check and Actionに活かせる能力は、問題解決力、ロジカルシンキングなどです。 Doの後、成果に届いているかを確認し、行動修正する流れをスムーズに行うためには、問題解決力やロジカルシンキングが必要です。 ここで、要因を特定し、うまく行動修正できなければ成果には届きません。

 

人材育成の手法としてのSchooビジネスプラン

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.自発的に学ぶ人材を育成できるSchooの講座

上記でも説明したように、Schooでは約6000本もの動画を用意している上に、毎日新しいトピックに関する動画が配信されるため、研修に加えて自ら学び、成長する人材の育成が可能です。近年の社会のグローバル化やテクノロジーの進化などにより、企業を取り巻く環境が刻々と変化しています。それに伴い、社員の業務内容や求められるスキルも早いスパンで変化しています。このような予測のつかない時代の中で会社の競争力を維持するためには、社員一人一人が自発的に学び、成長させ続けることができる環境、いわば「学び続ける組織」になることが必要です。

Schooビジネスプランの講座では、体系的な社員研修だけでなく、自己啓発を通じて自発的に学び、成長できる人材を育成することが可能です。

ここでは、人材育成に活用できるSchooの講座をご紹介します。

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!

「最近の若いものは……」というのは、人類永遠のテーマ。 上司と部下との間で起こるミスマッチ。 そこからくる人間関係のストレス。 この悪循環を断ち切る方法をお伝えします

 
担当講師:大平 信孝先生
目標実現の専門家 メンタルコーチ

株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

指示待ち部下が自ら考え動き出す!を無料視聴する

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキル
 

この授業では「決算情報から、企業を研究する方法を学び、事業・戦略・財務などを読み解く力」を解説します。

 
担当講師:野添 雄介先生
株式会社ストレイナー 代表取締役CEO

2014年にDeNA入社。フィンテックベンチャーを経てStockclip株式会社(現・株式会社ストレイナー)を創業。「経済情報をもっとシンプルに」をミッションに掲げ、決算資料を中心とした"ファクト情報"を中心に社会のトレンドを考える経済メディア『Strainer』を運営。

決算情報を読み解きながら学ぶ財務スキルを無料視聴する

アイデア量産の思考法

アイデア量産の思考法

本授業は、努力しているのにアイデアが浮かばない人のために新しいマーケティング手法の1つである「新奇事象」を通じて「アイデアの種」をゲットしてもらう授業です。

 
担当講師:松本 健太郎先生
株式会社JX通信社

1984年生まれ。龍谷大学法学部卒業後、データサイエンスの重要性を痛感し、多摩大学大学院で"学び直し"。 その後、株式会社デコムなどでデジタルマーケティング、消費者インサイト等の業務に携わり、現在は「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」を目指す報道ベンチャーJX通信社にてマーケティング全般を担当している。 政治、経済、文化など、さまざまなデータをデジタル化し、分析・予測することを得意とし、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌にも登場している。 ◇主な著書 「なぜ「つい買ってしまう」のか?~「人を動かす隠れた心理」の見つけ方~」(光文社)2019 「誤解だらけの人工知能」(光文社)2018 「データサイエンス「超」入門 嘘をウソと見抜けなければ、データを扱うのは難しい」(毎日新聞出版)2018

アイデア量産の思考法を無料視聴する

3.受講者の学習状況を把握し、人材育成に役立てることができる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、受講者がどんな内容の講座をどれくらいの長さ見ていたのかも把握することができるため、社員のキャリアプランの傾向を掴むことも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方2

管理画面では受講者それぞれの総受講時間を管理者が確認できるようになっており、いつ見たのか、いくつの講座を見たのか、どのくらいの時間見たのか、ということが一目でわかるようになっています。

管理画面の使い方1

さらに、受講履歴からは受講者がどのような分野の動画を頻繁に見ているかが簡単にわかるようになっており、受講者の興味のある分野を可視化することが可能です。これにより、社員がどのようなキャリアプランを持っているのかを把握できるだけでなく、社員のモチベーションを高めながら人材育成するためのヒントを得ることができます。

さらに、社員に自己啓発を目的として受講してもらっている場合、社員がどのような内容の授業を受講する傾向があるのかを把握できるため、社員のキャリアプランを把握することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

マネジメントサイクルをまわすためには、ある程度のビジネススキルが必要です。 決められたKPIをただ報告するのは、PDCAサイクルをまわしていることにはなりません。 マネジメントサイクルをまわすためには、ビジネススキルの広範囲の学習と日々の実践が不可欠なのです。 上記の知識とスキルを研鑽しつつ、マネジメントサイクルの導入を検討、あるいは再度見直してみてはいかがでしょうか。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ