7/27(Tue)

今日の生放送

OJTに有効なメンター制度とは?OJTを成功させるためのポイントや制度について解説

公開日:2021/05/28
更新日:2021/06/03
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
OJTに有効なメンター制度とは?OJTを成功させるためのポイントや制度について解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

OJTに有効とされているメンター制度を導入している企業は多くあります。しかし、これからメンター制度を利用したいと考えている場合には、どんなことに気をつければいいかなどが不明な場合の場合も多くあります。そこで本記事は、OJTを成功させるためのメンター制度についてご紹介します。

 

メンター制度を解説

メンター制度とは、職場における人材育成手法の1つです。経験や知識がある先輩がメンターとなり新入社員や後輩(メンティ)のキャリア形成や課題についてサポートしていく制度です。原則として、メンターとメンティは1対1の関係を築きサポートすることで、メンティは安心してメンターへの相談ができる環境を構築していきます。

メンター制度の目的とは

メンター制度の目的は、メンティとなる人材がOJTが進む中で感じている課題や不安を解決することにあります。ここで相談される課題には会社に関することやOJTで教わる業務のことだけではなく、メンタル面の側面もあります。メンティにとってメンターは、ある意味ではメンタル面での支えとなる部分が大きいため、その後の成長に大きく関与する重要な任務を担っています。

エルダー制度との相違点

メンター制度と類似している制度にエルダー制度があります。エルダー制度は別名ブラザー・シスター制度と呼ばれる制度です。エルダー制度は、先輩社員が兄(Brother)や姉(Sister)のように後輩をサポートします。メンター制度でメンティとなる対象は新入社員だけではなく社長や役員になる場合もありますが、エルダー制度の場合には新入社員のみが対象となる点が2つの大きな違いとなります。

 

メンター制度のメリットとデメリットを整理する

どんな制度についてもメリットとデメリットが存在します。メンター制度も同じです。ここでは、メンター制度を利用する上で知っておきたいメリットとデメリットについて整理していくことにしましょう。両方の側面を知ることで制度活用のポイントを理解することにつながります。

メンター制度のメリット

まず先にメンター制度のメリットについて整理していきましょう。メンター制度のメリットとはメンティとなる後輩や新入社員が「自主的に行動」することで、企業に貢献できるようになることになります。メンター制度では、実務の課題だけではなくメンタル面のサポートも行うことでモチベーションの維持が可能となり早期退職の回避にもつながります。また、メンターを通してのコミュニケーションにより、社内での人間関係の早期構築も期待できます。メンター制度によりメンタル面だけの課題を早期発見するのではなく、OJTを通して業務に関する課題や疑問も解決できる側面もあるため、メンティの早期成長を期待できるなど複数のメリットに期待できます。

メンター制度のデメリット

メンター制度にはメリットだけでなく、デメリットもあります。それは、メンターの負担が大きいという点です。メンターになると日常の業務に加えて、メンティのサポートを行う業務が増えます。メンターになることで、日常の業務が減るということは少なく、メンティのサポート分が追加されると考えて頂くとよいでしょう。また、メンティのサポートとしてメンタル面でのサポートはウェイトが大きく、時には負荷の高い相談となる場合もあります。こうした側面を考えるとメンターがメンター制度の意義を理解し、やりがいをもって対応するかが成功の分かれ道になります。また、メンターとメンティの相性についても気を配る必要があります。メンターとメンティの相性が悪い場合には、メンティは相談したいことも相談できなくなりメンター制度の意味が無くなります。この相性については、メンターがヒヤリングすることではなく人事担当者によるフォロー面談の場を通して確認をしていく必要があります。

 

OJTでメンター制度を活用する意義

メンター制度をOJTで活用する意義はどこにあるのでしょうか。OJT企画の中にメンター制度を加えておく意味の理解や事例を把握することメンター制度をOJTに組み込む必要性を理解してことができます。特に、OJTでメンター制度が必要な理由をしっかりと理解しておくことは、実際にOJTに組み込む際に失敗を防ぐことにつながります。

OJT計画にメンター制度が必要な理由

OJT計画にメンター制度を加えるべき理由は、「メンタル面のサポート力強化」が最大の目的となります。OJTが実務を通して、業務を理解していきます。実際の業務を行う場所も勤務場所と同等となる場合もあります。こうした場では、緊張をしてしまい上手く業務を行えない場合や質問をできない場合もあります。また、OJT担当者の説明が理解できないことで悩んでしまう場合もあります。こうした悩みを解決するメンター制度をOJT計画に盛り込む必要があります。定期的なメンターとの面談を行う計画をしておくことで、メンティが相談できる機会や環境を準備しておくことが、メンティの抱えている課題解決を早期に行うことが可能になります。

 

OJTでメンター制度を導入する注意点

次にOJTにメンター制度を導入する際の注意点を整理してご紹介していきます。ここでご紹介する内容は、OJT、メンター制度の相乗効果を図る上で大切なポイントです。注意点を理解してOJTにメンター制度を導入しましょう。

OJTを成功させるためにメンター制度をどう組み込んでいけばいいのかについて、その組み込み方をご紹介していきましょう。メンター制度の組み込み方については、正解が1つしかないということではありません。自社で行われるOJTにより変わっていく部分もあります。ここでご紹介する内容を元に自社の最適な方法を見つけていきましょう。

OJTのプログラムに盛り込むポイント

OJTプログラムに盛り込む際に押さえておきたいポイントは、メンターとの面談時間には余裕を持たせることです。メンターとの面談において、次の予定が詰まってしまっており相談が途中になってしまっては効果を半減させてしまいます。できれば、予定時間を延長しても差し支えない様な時間として、昼前(昼休み時間に延長できる)、退社前の最後のプログラムにするなどの考慮をしておきましょう。次の予定が組み込まれている場合でも、その時間を過ぎても問題ないOJT内容にしておくなどの対応を予め行うことも有効です。こうすることで、メンティは相談時間を気にせずに話をすることができます。それ以外にも、メンターとメンティの懇親の場を設けるなどの予定も予めOJT計画に盛り込んでおきましょう。こうすることで、メンターとメンティの両者のスケジュール確保が可能になり、あらかじめ頭の整理などを行うこともできます。

定期的な面談の仕組み作り

メンター制度の実施は主に面談の形式で行われます。しかし、面談はメンター制度でのみ実施される訳ではありません。人事部主体での面談、OJTを行っている先輩や上司との面談もあり、面談の予定ばかりをOJT期間中に盛り込むことになってしまいます。面談を受ける側も同じ話を何度もすることになる場合もあり、面談だけで疲れてしまうことにもなりかねません。面談を有効に実施するためには、面談の回数やサイクルを配慮し同じ日に面談を複数入れない、一週間の中で面談の回数は1~2回程度にするなどの工夫や配慮を行う必要がります。

 

メンターの育成方法を理解しておく

最後にご紹介しておきたいのは、メンターの育成方法です。メンターには、「傾聴」「承認」と「助言」のスキルが必要とされていますが、簡単に傾聴をするという訳にはいきません。傾聴というスキル1つをとっても、何をどうすればいいかを理解し実践するためには、メンター制度が開始する前にメンターとしてのスキルを育成していくことも必要です。社内にメンターを実践した先輩社員がいる場合には、その方に必要なスキルについての訓練を受けスキル習得を図ることや外部研修機関を活用して体系だった訓練を受けることなどをしていくことが必要です。メンター制度やメンターに関する記事や書籍は数多く出ていますが、読めばわかるということではなく体系だった訓練を行う必要があると理解しておきましょう。この訓練については、メンターとなる人材だけではなく人事部門の方も受けておくとより深い理解が促進されます。また、現在では社内のメンターを育成する社内講師のプログラムを展開している研修機関もあるため、こうしたプログラムを人事部門の方が受けることで社内への仕組み作りが可能になります。

 

Schooビジネスプランの特徴

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料をもらう

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.OJT研修におすすめのSchooの研修パッケージ

様々な研修に対応できるSchooビジネスプランの研修パッケージですが、もちろんOJT研修にも対応しています。OJT研修を初めて担当する方や、OJTがなかなかうまくいかない、と言う方に向けて、OJTに関する講座を組み合わせて体系的に学べるようにした研修パッケージをご用意しています。基礎的なOJTの知識やノウハウから、部下のマネジメント・コーチングの方法、さらには、オンラインでOJTを行うことを想定した講座も組み込んであり、このパッケージを受講することでOJTに関する知識を一通り身につけることが可能な内容になっています。

  • 中堅社員を対象とした、OJT研修に関するカリキュラムです。中堅社員がOJTを通じてどのように部下を育成していけばいいかを学べる内容になっています。
  • 若手社員など、始めてOJT研修を担当する方向けのパッケージです。後輩の力を引き出すメンタリングや、指導方法について学ぶことができます。
  • コーチングの基礎については習得しているけれど、さらにスキルアップしたいという方向けの研修パッケージです。コーチング時に必要となる質問力や課題解決力を磨くことができます。
  • マネジメントのスキルをレベルアップさせたいという方向けの研修パッケージです。チームや部下をマネジメントする際に必要な「即断力」について学び、「部下が自主的に動いてくれない」、「ルールを決めても守らない」といったお悩みを解消する「壁マネジメント術」について学ぶことができます。
  • 働き方改革が進み、リモートワークやオンラインでの会議が増える中、必要性が急速に増しているのがオンラインコミュニケーション力です。こちらの研修パッケージではオンラインでの伝え方のポイントやこれからの時代の働き方について学ぶことができます。

OJT研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料をもらう

 

まとめ

本記事ではOJTの中にメンター制度を導入するためにメンター制度の理解や導入ポイントについてご紹介してきました。人材を育成する方法として実施するOJTの中にメンター制度を導入することで、より育成が促進できる可能性をもっています。ぜひ、今後のOJT計画の中にメンター制度を組み込み、より充実した人材育成プログラムの構築と実践を行ってください。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ