公開日:2022/10/05
更新日:2022/10/20

人材管理とは?特徴と効率的に人材管理する方法を解説

人材管理とは?特徴と効率的に人材管理する方法を解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

人材管理とは企業がビジョン達成・実現、利益追求のために従業員の採用から育成まで管理を行うことです。本記事では、人材管理を効率的に行う方法、具体的な手法を解説しています。人材管理に悩んでいる方、迷っている方は解決のためのヒントが見つかるはずです。

 

01人材管理とは?

人材管理とは、企業がビジョン達成・実現、利益追求のために従業員の採用から育成、キャリアチェンジまで「ヒト」について管理を行うことを指します。

ヒトをひとつの資源として考え、適切に管理することで社員一人ひとりのモチベーションを高めたり、パフォーマンスを最大化したりすることで会社全体として成果の最大化を目指します。

近年グローバル化やIT技術の進化、働き方の多様化などから人材の流動化が進んでいます。企業のビジョン実現のために従業員の柔軟な配置と育成の重要性がますます高まっているのです。

人材管理について理解し、適切な管理を行うことで企業と従業員双方、満足度が高い状態を目指すことができるでしょう。また、企業全体のモチベーション、生産性を向上させることができ、人材確保が難しい企業や変化が著しい業界でも競争に勝ち抜くことができるでしょう。

 

02企業が人材管理を行う理由

ご存知の通り日本は諸外国と比べて少子高齢化が大幅に進んでおり、若い働き盛りの人材を確保することが難しくなりつつあります。また、現代はVUCAの時代と呼ばれる変化スピードの速い環境にあります。

そのような経済状況に素早く対応するために、適切な人材管理により労働者のパフォーマンスを最大限に引き出すことが必要不可欠なのです。企業が競合他社との競争を勝ち抜き、従業員も個々のポテンシャルを発揮するために人材管理は必要となります。

 

03人材管理のメリット

人材管理を行うメリットを解説します。人材管理のメリットを理解することで、管理する目的を明確化し、より完成度の高い人材管理を実現することができます。

強い組織を作ることができる

人材管理を上手に行うことができれば、強い組織を作ることができます。強い組織とは、社員全員が同じ目標やビジョンに向かって行動したり、価値観を共有したりできる組織を指します。

社員一人ひとりの志向性や適性を鑑みた配置、上司や部下などのつながりをコントロールできれば、相互的な信頼関係が生まれたり、パフォーマンスの最大化につながったりします。これが強い組織を作ることにつながり、そして強い組織は高い成果を上げることができるのです。

生産性を最大化できる

人材管理を行わずに事業を展開した場合、従業員の生産性を最大化させることができず、結果的に企業間の競争を勝ち抜くことが難しくなります。

例えば、対人コミュニケーションが好きで企画提案や関係構築が得意な社員に、事務的な業務ばかりこなさせているとどうなるでしょうか。生産性を高めることができずに、従業員自身の満足度も低くなるでしょう。別の企業に転職する可能性もあります。人材管理を行うことで従業員自身が得意な分野で活躍させることができ、苦手な業務をこなしてもらうよりも、育成するコストを低く抑えることができるようになるでしょう。

社員のモチベーションを向上させることができる

従業員の適正を見極め、得意な分野の業務に従事させることができれば、高いモチベーションを維持しながら取り組んでもらえるでしょう。

反対に従業員の適正を見極めずに業務を任せた場合、なかなか成果を出すことができずに、社員のモチベーションを向上させることはできません。

また、社員のモチベーションを向上させるには、評価や報酬や福利厚生などの調整も大切です。人材管理という文脈のなかで、正しく施策を運用することができれば、社員の働くモチベーションが向上したり、エンゲージメントの向上が期待できるのです。。納得感のない報酬は、社員のモチベーションが低下したり、パフォーマンスが下がったり、企業にとってネガティブな問題を引き起こします。また、優秀な人材が他社に流出してしまうリスクもあります。

誰もが納得できるような給与テーブルを整備したり、成果に応じてしっかりと報酬を決定したりするなど、検討すべきポイントは複数あります。

 

04人材管理の課題

昨今の世の中の変化により人材管理の担当者が抱える可能性がある、もしくはすでに抱えている課題をここからは紹介していきます。これら課題を解決し、強い組織作りを目指しましょう。

多様な働き方に適応する

グローバル化やテレワークの普及などから、さまざまな働き方が普及するようになりました。加えて週休3日を取り入れる企業の台頭、副業を推奨する企業も増え始めています。

これまでの限定された人材管理では、管理をするのが難しくなり、より多方面から評価する制度が求められています。古い文化や評価制度により従業員の雇用維持が難しくなる前に多様な働き方に適応できる方法を確立しましょう。

社員のモチベーション管理

社員のモチベーションにはさまざまな種類があります。価値観が多様化していく中で、モチベーションの源泉は人によって全く異なるのです。

その上で共通して重要なのは、双方が納得いくような評価をしていくことです。不平等な評価をしてしまえば当然社員の信頼を失いますし、チーム全体の生産性も下がっていくでしょう。また、同じ評価であっても伝え方によって社員のモチベーションを左右することもあります。社員一人ひとりの指向性や価値観をしっかりと理解した上で、評価・報酬を決めたり、コミュニケーションを取ることが重要です。

管理内容の複雑化

従業員の数が増えたり新たな仕事が増えたりすると、管理難易度が上がり正当な評価が下せない場合があります。また、働き方の多様化という文脈から社員の工数削減のために、フリーランスに仕事を依頼したり、派遣社員を雇用したりと、外部のリソースを活用することもあるかもしれません。場合によって人材管理ツールやアプリケーションを活用し、より厳格でシンプルな人材管理を実現しましょう。

 

05まとめ

人材管理の具体例、手法について解説しました。人材管理を厳格に行い、評価される側とする側が納得している企業は内部と外部問わず評価が高いでしょう。

しかし、人材管理の対策をおろそかにしてしまうと従業員の離職やモチベーションの低下に繋がりかねません。効果的な人材管理を導入することにはさまざまなメリットがあることを理解していただけたのではないでしょうか。適切な人材管理を導入し、企業の価値向上と社員の成長につなげていきましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ