公開日:2023/10/17
更新日:2024/06/23

カッツモデルとは|スキル分類や活用方法・成功事例についてご紹介

カッツモデルとは|スキル分類や活用方法・成功事例についてご紹介 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

リーダーシップは組織の成功において非常に重要な要素です。カッツモデルはリーダーシップのアプローチの一つであり、組織のパフォーマンス向上に大いに貢献することができます。当記事では、カッツモデルの基本的な概要に加えて、他のリーダーシップ理論との比較も行います。 さらに、カッツモデルには3つの階層と3つのモデルがあり、それぞれの特徴と活用方法について詳しく解説します。また、リーダーシップの重要なポイントである人材育成についても取り上げます。この記事を通じて、リーダーシップの重要性やカッツモデルの価値について深く理解することができるでしょう。

 

01カッツモデルとは

カッツモデルは、ロバート・L・カッツ(Robert L. Katz)によって提唱されたリーダーシップモデルです。このモデルは、リーダーシップのスキルを3つのカテゴリに分類します。それらのカテゴリは、ヒューマンスキル、テクニカルスキル、コンセプチュアルスキルです。ヒューマンスキルは人間関係を築くスキル、テクニカルスキルは専門的なスキル、コンセプチュアルスキルは戦略的なスキルを指します。カッツモデルは、リーダーのスキルを評価し、向上させるためのツールとして広く利用されています。

他のリーダーシップ理論との違い

カッツモデルは他のリーダーシップ理論と比較して、独自のアプローチを持っています。例えば、トランザクショナルリーダーシップ理論はリーダーとフォロワーとの取引を強調しますが、カッツモデルはリーダー自身のスキルに焦点を当てます。さらに、トランスフォーメーショナルリーダーシップ理論はビジョンとインスピレーションに重点を置きますが、カッツモデルは具体的なスキルの向上を提唱する点が大きな違いです。

 

02研修転移が必要とされる理由

カッツモデルは3つの階層に基づいてリーダーシップスキルを評価します。それぞれの階層におけるリーダーシップの特徴と要求されるスキルについて見てみましょう。

  • ・トップマネジメント
  • ・​​ミドルマネジメント
  • ・ロワーマネジメント

トップマネジメント

トップマネジメントは組織全体の戦略的な方向性を決定するだけでなく、組織の目標を明確にし、戦略を策定する役割も果たします。また、組織の将来に向けてのビジョンを持ち、変化に対応するための柔軟性も求められるでしょう。さらに、リーダーは組織内のメンバーを指導し、協力を促進することで、組織の成果を最大化する役割も担います。

ミドルマネジメント

ミドルマネジメントは組織内での調整役割を果たしています。リーダーは組織の構造と戦略を理解し、各部署や個人のニーズに応えるためにテクニカルスキルとヒューマンスキルのバランスを保つ必要があります。リーダーは部下と密接に連携し、プロジェクトの進行状況を監視し、必要に応じて調整を行います。 また、リーダーは問題解決能力を持ち、困難な状況や紛争を解決するためのリーダーシップを発揮します。ミドルマネジメントは組織内のコミュニケーションや情報の流れを円滑化し、組織全体の効率性とパフォーマンスを向上させる役割を果たします。

ロワーマネジメント

ロワーマネジメントは、組織の日常業務を効果的に遂行するために必要なテクニカルスキルが求められます。彼らは組織内のメンバーに直接指導を行い、タスクの実行において優れたスキルを発揮します。ロワーマネジメントは、チームの調整やリソースの配分など、組織の効率を高めるために重要な役割を果たします。また、問題解決能力やコミュニケーションスキルも必要とします。

 

03カッツモデルにおける3つのスキル

研修転移が成功し、多くの受講者の行動が変化すれば、組織全体によい影響を波及させることができるでしょう。研修効果が持続すれば、組織風土も改善されていきます。 具体的には、以下に挙げるようなメリットが考えられます。

  • ・ヒューマンスキル
  • ・テクニカルスキル
  • ・コンセプチュアルスキル

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルはリーダーの対人関係のスキルであり、他の人々と協力し、コミュニケーションを円滑に行う能力を指します。リーダーがヒューマンスキルを向上させることは、チーム全体の協力性と組織内の調和を高めるために重要です。また、ヒューマンスキルの向上は、リーダーが他の人々との関係を構築し、信頼関係を築くことを可能にします。 さらに、ヒューマンスキルはリーダーのエンパシーの向上にも貢献します。エンパシーは他の人々の感情や視点を理解し、共感する能力であり、チームメンバーとの良好な関係を築くために重要です。したがって、リーダーがヒューマンスキルを向上させることは、組織全体のパフォーマンス向上につながります。

テクニカルスキル

テクニカルスキルは、特定の分野での専門的なスキルや知識に関連する要素です。リーダーは自身の専門領域で優れたスキルを持つ必要があり、それによってチームに専門知識を提供する役割を果たします。これにより、チームメンバーはリーダーからの指導やアドバイスを受けることで、より効果的に仕事を進めることができます。 また、リーダーが専門知識を持つことによって、チーム全体のパフォーマンスや成果の向上にも貢献することができます。したがって、リーダーは自らの技術的な能力を向上させることに焦点を当てるべきであり、継続的な学習やトレーニングを通じて自己啓発を図ることが重要です。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルは戦略的な視点を持つ能力を指します。リーダーは組織全体のビジョンや方向性を理解し、それを実現するための戦略を策定する必要があります。リーダーは組織内外の環境についても深い洞察力を持つ必要があります。市場動向や競合状況、技術の進歩など、様々な要素を考慮しながら、戦略を適応させることが求められます。 リーダーはチームを統率し、メンバーの能力を最大限に引き出す役割も担います。適切な役割分担やコミュニケーションの促進により、チーム全体のパフォーマンスを向上させることが重要です。

 

04カッツモデルを用いた人材育成のポイント

カッツモデルを用いた人材育成は組織の成功に貢献します。以下はそのポイントです。

  • ・階層ごとに求めるスキルや評価項目を周知する
  • ・取得するスキルごとにOJTや集合研修を使い分ける
  • ・自己啓発(SD)やeラーニングを活用する

階層ごとに求めるスキルや評価項目を周知する

各階層で求められるスキルと評価項目を明確にし、組織内で共有することは非常に重要です。これにより、従業員は自分の役割と責任を理解し、より効果的に業務を遂行することができます。また、リーダーとしての期待を明示することで、従業員は自身の成長に向けた目標を持つことができ、目標達成が容易になるでしょう。組織全体が明確な評価基準に基づいて働くことで、業績向上や効率化が図られます。したがって、スキルと評価項目の明確化と共有は、組織の成功に不可欠な要素です。


 

研修をしてもその場限り」「社員が受け身で学ばない」を解決!
研修と自己啓発で学び続ける組織を作るスクーの資料をダウンロードする


■資料内容抜粋
・大人たちが学び続ける「Schoo for Business」とは?
・研修への活用方法
・自己啓発への活用方法 など


Schoo_banner
 

05カッツモデルを用いた人事評価への活用方法

カッツモデルを用いた人事評価への活用方法として、「評価項目の設定」「評価項目のウェイト調整」の2つが挙げられます。ここではそれぞれについて具体的に解説していきます。

評価項目の設定

カッツモデルは、管理職に必要なスキルをテクニカルスキル、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルの3つに分類しています。人事評価にこのモデルを活用する際、まず各スキルに基づいて評価項目を設定します。テクニカルスキルは専門知識や技術的能力、業務遂行力を評価する項目です。ヒューマンスキルはコミュニケーション能力、チームワークの促進、部下の育成など対人関係能力を評価します。コンセプチュアルスキルは戦略的思考力、全体像の把握能力、問題解決能力を評価します。このように、カッツモデルに基づいて評価項目を設定することで、従業員の多面的な能力を総合的に評価でき、役割に応じた具体的なスキルの発展を促進できます。

評価項目のウェイト調整

次に、各評価項目のウェイトを調整します。これは、役職や職務内容に応じて重要なスキルが異なるためです。例えば、初級管理職ではテクニカルスキルのウェイトを高く設定し、日々の業務遂行能力が重視されます。中級管理職にはヒューマンスキルのウェイトを高く設定し、チームの統率や育成能力が重要となります。上級管理職ではコンセプチュアルスキルのウェイトを高くし、戦略的思考力や組織全体のビジョン形成能力が評価されます。このように、役職に応じたスキルの重要度に基づいて評価項目のウェイトを調整することで、各役職に求められるスキルセットを正確に評価し、組織全体のパフォーマンス向上を図ることができます。

 

06まとめ

カッツモデルは、リーダーシップスキルの評価と向上に役立つモデルです。このモデルは、組織の成功に重要な貢献をします。リーダーは、ヒューマンスキル、テクニカルスキル、コンセプチュアルスキルをバランスよく発展させることができます。そして、このバランスの取れたスキルセットを持つリーダーは、組織全体にポジティブな影響を与えることができます。また、人材育成においても、カッツモデルを活用することで、組織のパフォーマンス向上を図ることができます。カッツモデルは、一人ひとりのリーダーのスキルを評価し、向上させるための有用なツールです。組織全体の成果を最大化するために、積極的にカッツモデルを活用しましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
この記事を書いた人
Schoo編集部
Editor
Schooの「世の中から卒業をなくす」というミッションのもと活動。人事担当や人材育成担当の方にとって必要な情報を、わかりやすくご提供することを心がけ記事執筆・編集を行っている。研修ノウハウだけでなく、人的資本経営やDXなど幅広いテーマを取り扱う。
執筆した記事一覧へ

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ