4/21(Wed)

今日の生放送

ロジカルシンキング研修の3つの目的と具体的な研修プログラム内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロジカルシンキング研修の3つの目的と具体的な研修プログラム内容 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ロジカルシンキングは新入社員から中堅社員、ひいては経営層までビジネスパーソンに必ず求められるスキルです。このコラムでは、ロジカルシンキングを研修で学ぶ目的や具体的な研修内容をご紹介します。

<目次>
ロジカルシンキング研修とは
ロジカルシンキングとクリティカルシンキングの違いとは
クリティカルシンキングに関するSchooの授業
ロジカルシンキング研修の目的
目的1:意思決定を円滑にする
目的2:自発的に考えて行動する人材を育成する
目的3:話に説得力を持たせる
ロジカルシンキング研修の対象者
新入社員
中堅社員
管理職
ロジカルシンキング研修の具体的な内容
MECE
ピラミッドストラクチャー
帰納法
演繹法
ロジカルシンキング研修を効果的に行うポイント
事前学習をしっかり行う
実践形式の研修を行う
Schooビジネスプランの特徴
1.研修と自己啓発を両方行うことができる
2.ロジカルシンキング研修におすすめのSchooの研修パッケージ
3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる
まとめ
 

ロジカルシンキング研修とは

ロジカルシンキングとは、論理的に物事を考える思考法のことです。問題を見つけ出し、漏れや重複のない事実や確からしいと認められる根拠などの検討材料から、筋道を立てて、答えや相手が納得する説明を導き出すための考え方を、ロジカルシンキングと言います。ビジネスの場では、筋道を立てて物事が矛盾のないように考える必要があり、このスキルを持ってるか否かで、仕事の成果だけでなく、ビジネスシーンにおける会話にも大きな影響があります。ロジカルシンキング研修では要素の細分化を行い、抜け漏れがないような思考法を身につけたり、論理的に物事を伝えるスキルを取得したりします。分解したそれぞれの要素について理解を深め、適切な結論を導き出す方法を習得していきます。

 

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングの違いとは

ロジカルシンキングの他にも思考法はあり、クリティカルシンキングがその1つです。クリティカルシンキングは批判的思考と訳されますが、これは誰かを非難するという意味ではありません。そもそも〜や、なぜ〜と論理的な問いを立てる事で、物事を正しく解決する思考法です。クリティカルシンキングは「絶対はない」という考え方です。ビジネスの場では物事が100%であることはほとんどないのですが、多くの人が「絶対に正しい」や「この資料、完璧」といったような言葉を日常的に使ってしまっています。このような発言を頻繁に使用してしまう人は、アウトプットの質が向上しなかったり、傲慢になりやすいという傾向があるのです。一方で、クリティカルシンキングを身につけると自然と高品質のアウトプットができるようになります。「この資料はいい出来栄えだと思うが、改善点があるはずだ」というように、客観的な視点から物事を見れるようになり、常にベストな状態を目指すための改善を行えるようになります。そのため、クリティカルシンキングはロジカルシンキングと同様に、身につけておくべきスキルと言えるでしょう。

クリティカルシンキングに関するSchooの授業

「仕事ができない」を解決するための3つの方法

「仕事ができない」を解決するための3つの方法
 

そもそもなぜ仕事は進まないのでしょうか? 世の中には、いわゆる「仕事術」とされるものが溢れています。しかしそれら「仕事術」の中には、限定された仕事にしか活かせないテクニックが多く、根本的な解決に至らないことも多々あります。 本来「仕事術」とは、我々1人ひとりの業務によって異なるはずです。そこで本授業の先生であるShin氏は、仕事が進まない理由を5つに分類した上で、最適な「仕事術」を提案しています。

担当講師:Shin先生
某外資系コンサルティングファームマネージャー

男性。大学卒業後、志望をしていたコンサルティングファームに就職するも、仕事がまったくできずに落ちこぼれる。その後、オリジナルの仕事術を実践し、結果を残せるようになる。現在は某外資系コンサルティングファームのマネジャーとして、複数のプロジェクトを管理し、企業の成長戦略業務などに携わっている。 勤務の傍ら、ビジネスブログ「Outward Matrix(https://www.outward-matrix.com)」を運営。ほかにも、仕事の悩みを解決するオンラインコミュニティ「Players(https://www.outward-matrix.com/entry/20170201180000)」の運営、外部サイトへの寄稿、講演やセミナーなど多方面で活躍中。 著書に『コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた7つの仕事術(http://amzn.to/2HM8ypr)』(ダイヤモンド社)、『シンプルTODOリスト仕事術(http://amzn.to/2BTLg0e)』(ポプラ社)がある。

「仕事ができない」を解決するための3つの方法を無料視聴する

論理を徹底的に詰める「批判的思考法」

論理を徹底的に詰める「批判的思考法」

批判的思考は、誰かを非難することではありません。そもそも〜?や、なぜ〜?と論理に問いを立てる事で、物事を正しく解決する方法です。ビジネスでの利用頻度が高く、ロジカルシンキングと合わせて身に付けたい思考法です。この授業では、論理的な考え方と実務で使う方法や論理を客観的に検証し、説得力を持たせる方法などを、実践的に学んでいきます。

担当講師:井尻 淳先生
株式会社 i-think 代表取締役

1984年京都府生まれ。2007年京都大学理学部(数学専攻)卒業。2007年4月に株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に入社。EC(イーコマース)事業部にて、出店企業向けコンサルティング業務に従事。2011年に株式会社グロービスに入社。論理思考やプレゼンテーション・ファシリテーション等をテーマに講師登壇すると共に、教材開発や講師育成に携わる。2019年に独立。自らの考える「思考力教育」を行うため、株式会社 i-think を設立。企業研修への登壇やオンラインサロンの運営等を行っている。

論理を徹底的に詰める「批判的思考法」を無料視聴する

 

ロジカルシンキング研修の目的

ロジカルシンキングは他者とのコミュニケーション、報連相、商談など、様々な場面で必要になる力です。それだけでなく、自らの意思決定や行動などを活発にする効果もあるのです。

目的1:意思決定を円滑にする

ビジネスの場では様々な意思決定が行われます。役職が上がるにつれて、意思決定をする頻度は増えていくので、正しい意思決定を素早く行えるかどうかはビジネスパーソンにおいて、非常に重要なスキルと言えるでしょう。正しく物事を判断するためには、データなどの判断材料が欠かせません。しかし、闇雲にデータをかき集めるのでは、どのデータが本当に必要なものか分かりにくくなってしまい、意思決定に時間を要します。そのため、論理的に考える力を養い、意思決定に必要なデータの種類や量を見極め、素早い意思決定ができるようになることが、ロジカルシンキング研修の目的の1つと言えるでしょう。

目的2:自発的に考えて行動する人材を育成する

ビジネスの場で活躍するためには、上司の指示を待つのではなく、現状の業務に関してどのように行動することが必要なのかを考えて、実行に移すスキルが求められます。 自分の業務を論理的に理解できていなければ、全体の把握ができないため、何をすればいいのかわからず、結果的に指示待ちになってしまうでしょう。 物事を論理的に捉え、何をすべきかを考えられるスキルを身につけることで、社員一人ひとりが自発的に行動できるようになり、組織全体の生産性の向上に繋がります。

目的3:話に説得力を持たせる

ロジカルシンキングを身につけると、論理的な会話をすることができるようになります。ビジネスの場において、感情的に話を進めてしまうと、不要な対立を生み出すきっかけにもなりかねません。一方で論理的な会話を互いにできるようになれば、データや分析結果を元に話ができるので、立場や意見の違いはあれど、互いに納得のいく結論を導き出せるのです。新入社員の段階から、ロジカルシンキング研修で論理的な思考力を学んでおくと、日々の業務や会話で訓練されていき、次第にロジカルシンキングが自然とできるようになるので、なるべく早めに研修を受けておく方がいいでしょう。

 

ロジカルシンキング研修の対象者

ロジカルシンキング研修は一般的には新入社員が受けるものと考えられていますが、実際は新入社員以外の中堅社員、管理職にもロジカルシンキング研修が必要な社員も多く存在します。

新入社員

新入社員の段階でロジカルシンキングを覚えておくことで、様々な仕事の場面で役に立ちます。ビジネスマナー研修やOAスキル研修などの保垢の研修を受ける際にも、ロジカルシンキングができると、「どうしてこの研修を受けているのか?」という問いを自分で立てることができ、受動的な姿勢から積極的な姿勢で研修を受けることができるようになるでしょう。このようにロジカルシンキングで本質を見抜く力を身につけておくと、働き方にも大きな影響が出ます。指示待ち人間にならずに、自発的に仕事を探すことができる人は、往往にしてロジカルシンキングができ、本質から自分が今何をしなくてはいけないのかを理解できる人だからです。

中堅社員

新入社員の時にロジカルシンキング研修を受けているいないに関わらず、中堅社員でもロジカルシンキングができない人は一定層いるでしょう。また、ロジカルシンキングがある程度できている中堅社員でも、再度ロジカルシンキング研修を受けることで、新しい発見が生まれ、それが生産性を向上させるきっかけになるかもしれません。さらに、今後管理職として部下の育成を担う上でもロジカルシンキング研修を再度受け直し、今一度理解の足りない部分を補っておくことも重要です。

管理職

管理職にもロジカルシンキング研修は非常に有効です。業務においても部下の育成・指導という面においても、管理職は意思決定を求められる場面が多くなります。意思決定の機会が増えるからこそ、管理職にとって論理的な思考力は重要なスキルとなります。また、管理職はそのスピードも問われるでしょう。思考の深さはもちろんのこと、どれだけ早く最善と思われる判断を下すことができるかは、優秀な管理職になるための条件とも言えます。

 

ロジカルシンキング研修の具体的な内容

schooビジネスプランでは、ロジカルシンキングに関する授業を多く提供しています。このコラムでは、ロジカルシンキング研修で学ぶべき4つの内容を、授業をもとにご紹介します。

  • 若手社員向けのロジカルシンキングに必要な思考法について学ぶカリキュラムです。 論理性を高めて業務を遂行していく際に必要な思考法について解説していきます。
  • ロジカルシンキング初級研修パッケージよりも少しレベルアップした内容の研修パッケージです。新入社員が身に着けるべき思考法などについて詳しく解説していきます。

MECE

MECEとは「Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive」の略で、「ミーシー」と読み、「漏れなく、重複なく」という意味です。MECEはロジカルシンキングの土台の面積を拡げ、論理を下支えするために非常に重要になります。しかし、あくまでMECEはそれ自体完全なものを作ることが目的ではなく、相手を納得させる検討材料を漏れなく重複なく洗い出すことが目的です。完璧なものを作り上げようとすると想定よりも多く時間を浪費してしまう可能性があります。そのため、MECEは漏れがないことを優先し、多少の重複は許容しても構いません。MECEを素早く行うコツは、全体は何かを考え、切り口によってAとA以外に明確に分け、最後はその他を活用することです。その他の部分まで詳細に分けようと思うと、時間を使い過ぎてしまうので、大枠を決めたら、残りはその他でまとめてしまいましょう。

ピラミッドストラクチャー

ピラミッドストラクチャーとは、「事実」から「解釈」を抽出し、それをもとに「相手が納得する答え」を導き出すためのフレームワークのことです。MECEで集めた材料をもとに、ピラミッド型に論理を構築し、相手が納得する答えを導き出します。そのため、論理構築が崩れると、相手が納得する答えになりません。
ピラミッドストラクチャーを使用する理由の1つは、論理構築と検証をするためです。事実をもとに、「つまり、それはどういうことか?」という問いを元に解釈を導き出します。導き出した解釈と他の解釈をもとに、新しい解釈を導き出し、それを繰り返していくと1つの答えが見つかるのです。そしてその解釈が、事実を裏付けとして「本当にそう言えるのか?」を検証します。
もう1つの理由は、論理が複雑になりすぎることを防ぐためです。解釈が積み重なれば積み重なるほど、論理は複雑になり、論理の基礎となる事実から離れていき、説得力がなくなっていきます。そのため、事実の解釈は多くても1層、または2層くらいのシンプルなものにしましょう。

帰納法

帰納法とは、今ある事実を観察し、そこから何が言えるかを導き出す論理展開の方法です。帰納法で物事を考える際はサンプル数が重要になります。例えば、血液型がA型の2人が几帳面だったとしても、同じ条件の人を100人集めれば几帳面ではない人の方が多くなるかもしれません。つまり、統計を出す際にN(母数)はいくらかという視点は非常に重要になるのです。政権の支持率やサービスの顧客満足度など、日常には統計で出された数値が溢れています。その数値のN(母数)はどれくらいかを意識することで数値の見方も変わるのではないでしょうか。

演繹法

演繹法は一般的・普遍的な前提や法則から結論を得る方法です。一例を紹介すると、「日中の気温はよく晴れた日に上がる。そして、今日は晴れている。だから、今日の日中の気温は上がるので、薄手の服を着て行こう」。このように普遍的な事実から、結論を導き出すのが演繹法というものです。しかし、この演繹法はピラミッドストラクチャーでは使用しません。もし演繹法を利用したい場合は、発展型の「仮説演繹法」を利用します。これは、一般的に言えそうなことを仮説とし、事実を集めて検証作業を行う方法です。例えば、「血液型がA型の人は几帳面だ」という仮説を立て、それが事実かどうかをアンケートなどで検証するのが仮説演繹法となります。

 

ロジカルシンキング研修を効果的に行うポイント

ロジカルシンキング研修を効果的に行うためには、事前学習でインプットをし、実戦形式の研修でアウトプットをするというサイクルが必要です。

事前学習をしっかり行う

ロジカルシンキング研修は、まず理論を学習することが重要です。ロジックツリーの作成方法やMECEという考え方、ピラミッドストラクチャー・帰納法などの理論を、知識として身につけましょう。Schooのオンライン研修では、自分の好きな時間や場所でロジカルシンキング研修を受けることができます。知識の習得はオンラインで効率よく行うという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

実践形式の研修を行う

ロジカルシンキング研修は実践形式のトレーニングも必要不可欠です。Schooのロジカルシンキング研修では、ケーススタディーも含めた実践形式パートもあります。オンライン集合学習機能を使い、大人数で同じ授業を視聴し、コメント機能で各々の回答を投稿することで、他の受講生の考え方などを知ることができ、より深い学びを得ることができます。もちろん、研修の担当者も一緒に受講することができるので、ファシリテーターの役割を果たしつつ、受講者の状況をリアルタイムでモニタリングできます。

 

Schooビジネスプランの特徴

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.ロジカルシンキング研修におすすめのSchooの研修パッケージ

様々な研修に対応できるSchooビジネスプランの研修パッケージですが、もちろんロジカルシンキング研修にも対応しています。Schooのロジカルシンキング研修パッケージには、基礎レベルのロジカルシンキングから、実践レベルのロジカルシンキング、さらにはマインドマップを活用したロジカルシンキングまでがラインナップされており、ロジカルシンキングに必要なスキルや知識をこの研修パッケージで網羅できます。

さらに、社員に研修動画を受講してもらった後に、意見の共有会やディスカッションを行うことで、学んだことをより効果的に定着させることができます。

  • 若手社員向けのロジカルシンキングに必要な思考法について学ぶカリキュラムです。論理性を高めて業務を遂行していく際に必要な思考法について解説していきます。
  • 若手社員向けのロジカルシンキングに必要な思考法について学ぶカリキュラムです。論理性を高めて業務を遂行していく際に必要な思考法について解説していきます。
  • マインドマップを用いてロジカルシンキングのスキルを磨く研修パッケージです。創造力、記憶力など、人間の脳が持っている可能性を最大限させるための思考ツールであるマインドマップを活用することで、論理的思考力を向上させてビジネス課題解決力を鍛えることができます。
  • 論理的で簡潔なプレゼンテーションスキルを磨くための研修パッケージです。より実践的に論理的な話し方やロジカルプレゼンテーションのポイントについて学ぶことができます。
  • ロジカルシンキングを実践的に学べる研修パッケージです。論理的思考力を仕事に活用する際のポイントを学び、ワークショップを通じてトレーニングしながらロジカルシンキングのスキルを身につけることができます。
  • 論理的な文章を書く力を身につけたい方向けの研修パッケージです。「相手に伝わる」文章を書く技術などを学ぶことができます。

ロジカルシンキング研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

ロジカルシンキングは、どのような業種・役職の人でも必須となるスキルです。特に新入社員は、論理的な思考力を身につけることで、業務だけでなく日常的な報連相でもロジカルな会話の組み立てを意識できるようになり、生産性が上がるでしょう。ロジカルシンキング研修ではMECEやピラミッドストラクチャーといった具体的な手法を知識として得るだけでなく、実践形式で理解を深めることも重要です。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
    プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 30歳までに知っておきたい経済の知識
    30歳までに知っておきたい経済の知識
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • 大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
    大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ