2/25(Thu)

今日の生放送

マネジメント研修の内容とは|今時の若者に対する3つのマネジメント法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マネジメント研修の内容とは|今時の若者に対する3つのマネジメント法 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

マネジメント研修で優秀な管理職を育成することは、企業の成長に大きなインパクトを与えます。管理職に求められるスキルとは何か、どのように研修を実施すればいいのか、確認していきましょう。

<目次>
マネジメント研修とは
マネジメント研修の目的
マネジメント研修の対象者
新任マネージャー
既存の管理職
マネジメント研修の具体的な内容
マネジメント研修の内容1:部下を育成するスキル
マネジメント研修の内容2:組織を形成・強化するスキル
マネジメント研修の内容3:経営に関するスキル
今時の若者に対するマネジメント法
ゴールデンサークル理論
ライフキャリアレインボー
Will・Can・Must
マネジメント研修の実施方法
社外研修・セミナー
社内研修・集合研修
オンライン研修
マネジメント研修において注意すべき3つのポイント
1.研修自体を目的としない
2.研修をやりっぱなしにしない
3.最初に具体的な研修の目標を立てる
マネジメント研修をオンラインで実施する企業は増えている
Schooビジネスプランのマネジメント研修
まとめ
 

マネジメント研修とは

マネジメントとは、英語でmanagementと書き、管理や経営という意味もあれば、管理職や経営陣というように役職を指す意味もあります。そのため、マネジメント研修とは、部下を管理する役割を担っている、または経営に携わる管理職向けの研修ということができ、管理職研修や管理者研修と言われることもあります。

 

マネジメント研修の目的

マネジメント研修を実施する目的は、優秀な管理職を育成することにあります。それでは、優秀な管理職とはどのような人材のことを指すのでしょうか。マネジメントが管理職や経営陣と言う意味を持つことから考えると、「部下を管理・育成でき、組織を強くすると同時に、売上の面でも会社を成長させることができる人材」は優秀な管理職と言えるでしょう。そのため、マネジメント研修で学ぶべき内容は、マネジメントスキルだけでなく経営に関する知識なども必要とされます。

 

マネジメント研修の対象者

マネジメント研修の対象者は、新任マネージャーと既存の管理職といった2つに大きく分けることができます。新任マネージャーは特にマネジメントスキルが不足していることが多く、部下の指導や管理を中心にスキルを伸ばす必要があり、既存管理職は経営に関する知識に課題があることが多いためです。

新任マネージャー

これまで一般社員だった人が急にマネジメントをすることは難しいでしょう。そのため、新任マネージャー研修を受け、マネジメントの方法について学習する必要があります。また、研修を受けただけで上手くいくことも珍しいので、上長と定期的にMTGを行うなどして、まずは伴走してもらいながらマネジメント業務に慣れていく必要があります。

既存の管理職

管理職として経験が長い場合は、マネジメントスキルに関しては習得している人も多いはずです。マネジメントの得意・不得意は一定あるかもしれませんが、経験則でカバーできる部分も多いでしょう。しかし、管理職としての経験が長い場合でも、経営に関する知識やスキルは不十分であることも多く、管理職から経営サイドへのステップアップがなかなかさせられないと言う悩みを持っている人事の方もいるのではないでしょうか。そのため、マネジメント研修で経営視点をしっかりと身につけてもらい、視座を高めることが重要になります。

 

マネジメント研修の具体的な内容

マネジメント研修で、習得すべきスキルは主に以下の3つが挙げられます。

  • ・部下を育成するスキル
  • ・組織を形成・強化するスキル
  • ・経営に関するスキル

それぞれのスキルについて詳しく見ていきましょう。

マネジメント研修の内容1:部下を育成するスキル

部下を育成するスキルは新任マネージャーだけでなく、既存の管理職の方も深掘りすべきスキルと言えるです。成長し続ける企業は総じて人材育成に重きを置いており、優秀な人材の流出を防ぎ、社内で優秀な人材が次々と台頭していきます。部下を育成する上での考え方は多岐に渡りますが、このコラムでは部下を育成する際に利用できる考え方をご紹介します。

マネジメント研修の内容2:組織を形成・強化するスキル

管理職は部下のマネジメントだけでなく、組織形成も役割の1つです。部下と部下をつなぎ相乗効果を生み出すことはもちろんのこと、他部署との連携も含めて企業として強い組織を作っていく。このようなスキルを持っている管理職がいる会社は、部署間での対立や障壁を上手に乗り越え、最大限のパフォーマンスを発揮する傾向にあります。

マネジメント研修の内容3:経営に関するスキル

優秀な管理職は自分のチームの数字だけを考えるのではなく、企業全体の数字を意識する必要があります。将来的に経営層となるためにも、「経営数字力」をマネジメント研修で身につけることは必要不可欠なのです。

 

今時の若者に対するマネジメント法

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2017年に行った調査によると、新入社員は会社に「給料」よりも「休日」を望んでいるという結果が出ました。したがって、今の若者は休日を大事にする=自分らしい生活・過ごし方に重きを置いていると言うことがわかります。管理職・マネージャーが若者の職業観や思考性を理解し、育成し、良い会社=自分らしくいられる会社=現職となるように、マネジメントすることが大事なのです。下記で、今時の若者に対するマネジメント法を3つ紹介します。

ゴールデンサークル理論

ゴールデンサークル理論とは、マーケティングコンサルタントであるサイモンネック氏が提唱した指導法です。これは、「Why:なぜ」・「How:どうやって」・「What:何を」の順で想いを伝えることで、相手からの共感を得ることができるというもので、マネジメントの方法としても注目を集めています。日々の業務でWhyを深掘りすることができておらず、HowやWhatに焦点を当ててしまいがちではないでしょうか。人を育成する上で大切なことは「Why:なぜ」を確認した上で指導することです。どうしてその方法や手段に行き着いたのかを最初に確認することで、HowやWhatに問題があった際に、どこで誤った考え方をしてしまったかがすぐに判断できます。また、「なぜ」は部下の感情が入り込む部分でもあるため、指導される側も自分の考えを尊重してくれる上司と認識してくれるのです。

ライフキャリアレインボー

キャリアデザインの考え方に、各個人には仕事をする社員としてだけではなく、プライベートのことも含めて、虹色のように多種多様な役割を持っているという「ライフキャリアレインボー」という考え方があります。キャリアと言われると「仕事上のもの」と考えがちですが、年齢を経るに連れて結婚や出産、育児など人生において主軸となる出来事が増えてきます。そのため、キャリアデザインを描く上で仕事上のことだけで考えてしまうのは効果的ではなく、プライベートも踏まえて理想の姿を上司と部下で作り上げていく。このような人材育成の方法を取ることができるマネジメント手法が、現在求められているのです。

Will・Can・Must

旧来型のマネジメントは「Will=どうなりたい」のかだけを聞くことが多いですが、今時の若者は特に何がやりたいという訳ではない傾向にあります。自分の能力を活かす仕事をしたいと思っている人もいれば、自分の能力開発に繋がる仕事をしたいと思っている人もいるかもしれません。もしくは、期待されることが重要で、やりたいことは特にないという人もいます。そのため、目標設定時などに各メンバーの志向性や特徴を正しく把握し、Will・Can・Mustのバランスを適切に設定することがマネジメントをする上で重要です。Willは本人の意思・やりたいこと。Canは本人の能力。Mustは期待する業務・ミッション。これらのバランスが崩れること、自分のやりたいことができない会社と部下が感じてしまったり、放置されすぎて期待されていないと悲観的になったりしてしまいます。

 

マネジメント研修の実施方法

マネジメント研修を実施する方法は、社外のセミナーに参加してもらう・社内で研修を行う・オンライン研修の主に3種類があります。

社外研修・セミナー

1つ目は社外研修・セミナーです。外部の研修会社が実施している研修に、社員を参加させる方法です。社外研修は様々な会社の社員が参加するので、社外の管理職の人との接点になり、自社にはない視点や価値観を得ることができるといったメリットがあります。一方で、社外研修は時間や場所が決まっているというデメリットもあります。管理職が現場を離れることになるので、プレイングマネージャーとして自分も売上を立てる必要がある場合、これは大きなデメリットとなる場合もあるでしょう。また、社外研修は大都市圏で行われることが多いため、地方に住んでいる場合は交通費や宿泊費などの費用も必要となることも珍しくありません。

社内研修・集合研修

2つ目は、社内研修(集合研修)です。社内の人間が講師となることもあれば、社外から講師を招いて研修を実施する方法もあります。どちらも、受講する社員は社内の人間だけと言う部分が社外研修との大きな違いです。自社の社員しか参加しないので、自社の社員に特化した研修を行う事ができるというメリットがある一方で、研修資料や会場の準備、講師の依頼など、実施する側の手間がかかるというデメリットもあります。

オンライン研修

3つ目が、オンライン研修です。オンラインで自分の好きな時間や場所で研修を受けることができるのがオンライン研修の特徴と言えます。何度でも受講できる場合が多く、不明な部分は何度でも繰り返し、理解できるまで受講できることが先述した2つの方法と比較した際のメリットなるでしょう。一方で、個人で受けることが主となるため、他の受講者から新しい視点を得たり、社内の人間との関係を構築するという部分が欠如するというデメリットがあります。

【関連記事】オンライン研修と集合研修のメリットとデメリットを比較
 

マネジメント研修において注意すべき3つのポイント

1.研修自体を目的としない

マネジメント研修において注意すべきポイントの1点目は、研修自体が目的となってしまわないようにする、ということです。研修計画を立てる段階では、研修を通してどのようなスキルを身につけ、成長してもらいたいかをイメージできていても、研修を進めていくに連れて、研修を行うこと自体が最終的な目的となってしまうことはよくあります。そうならないためにも、研修計画を立てる段階で、研修を行ってから振り返るまでのフローを計画するようにしましょう。

2.研修をやりっぱなしにしない

2点目は、研修をやりっぱなしにしてしまわないということです。1点目でも述べましたが、研修自体が目的となり、研修の効果がよくわからなくなってしまうというケースもよくあります。そのため、研修をやりっぱなしにするのではなく、研修を受けた社員に対してアンケートやレポートを書いてもらい、研修をしっかり振り返るというステップを設けるようにしましょう。

3.最初に具体的な研修の目標を立てる

3点目は、最初に具体的な研修の目標を立てる、という点です。1、2点目で説明したように、研修自体が目的となってしまったり、やりっぱなしになってしまっては研修の効果は小さくなってしまいます。そのため、研修を計画する段階で具体的な研修の目標を立て、研修を受けた社員がその目標にどれくらい近づいたかを振り返ることで、研修の効果を図るようにしましょう。

 

マネジメント研修をオンラインで実施する企業は増えている

マネジメント研修に限らず、社会情勢を踏まえてオンライン研修を実施する企業は如実に増えています。これまではオンライン研修=e-ラーニングという認識が広まっていたため、オンライン研修はつまらない・学習効果が低いというイメージを持っていた人も多いかもしれません。しかし、時代が変化するにつれてオンライン研修も変化を遂げてきました。Zoomを利用したディスカッション形式の研修を取り入れたり、オンラインで同じ研修を同時に受けるといった集合研修のオンライン化も可能になりました。リモートワークという選択肢が今後スタンダードになっていく中で、オンライン研修を実施する企業も今後増えていくことが予想されます。

Schooビジネスプランのマネジメント研修

Schooビジネスプランでは、マネジメント研修に適した授業も多く取り揃えています。いずれの授業もビジネスの最前線で活躍するビジネスパーソンが講師に招いているので、実戦で利用できる内容を学習できます。オンライン集合学習機能を利用すれば、社内の管理職をオンライン上で集めて、一緒にSchooの授業を見ながらチャットでコミュニケーションを取りつつ研修を受けることができるため、集合研修のオンライン化という文脈でも利用いただけるはずです。また、Schooビジネスプランでは5,000本の授業が見放題なので、各マネジメント層が課題に感じていることを学習できるというメリットもあります。

  • 中堅社員を対象とした、セルフマネジメントのカリキュラムです。仕事の効率化に活かせるセルフマネジメント方法について学べる内容になっています。
  • 内定者向けのExcelの学習を目的としたカリキュラムです。見やすいグラフの作成方法やよく使う関数などを習得することで、Excelの基礎スキルを鍛えられます。
  • マネージャー向けのリスクマネジメントを学べるカリキュラムです。リスクマネジメントを事例を交えながら体系的に学べる内容となっています。
  • マネージャー向けの組織マネジメントについて学べるカリキュラムです。マネージャーの役割と業務について体系的に学んだ上で、具体的にチームで成果を出していくために必要なことについて学習できる研修となっています。
  • 営業の効率化に活かせるタイムマネジメントについて学ぶカリキュラムです。営業マンが効率的に日々を過ごすコツについて学べる内容となっています。
  • マネージャー向けのビジョンマネジメントを学べるカリキュラムです。ビジョンとは何かという基本的な内容から具体的なビジョン実現のためのアプローチ方法まで体系的に学べる内容となっています。
  • ストレスマネジメントの基礎について学びたい方向けの研修パッケージです。職場におけるストレスとの付き合い方や、不安やストレスに悩まないための習慣づけなどを学ぶことができます。
  • マネジメントのスキルをレベルアップさせたいという方向けの研修パッケージです。チームや部下をマネジメントする際に必要な「即断力」について学び、「部下が自主的に動いてくれない」、「ルールを決めても守らない」といったお悩みを解消する「壁マネジメント術」について学ぶことができます。
  • 内定者向けのWordの学習を目的としたカリキュラムです。書類作成に欠かせないWordの基礎から実践まで学ぶことができます。
  • 部下や後輩などのモチベーションを向上させたいという方向けの、モチベーションマネジメントの研修パッケージです。行動変容を促す働きかけのコツや、モチベーションマネジメントの実践スキルなどについて学ぶことができます。
  • マネジメント研修パッケージを見る

 

まとめ

・マネジメント研修の目的は、部下を管理・育成でき、組織を強くすると同時に、売上の面でも会社を成長させることができる優秀な管理職を育成すること。

・マネジメント研修の対象者は、新任マネージャーと既存の管理職。

・マネジメント研修の内容は、主に、「部下を育成するスキル」・「組織を形成・強化するスキル」・経営に関するスキルの3つ。

・今時の若者に対してのマネジメントは、職業観や志向性を意識すべき。

・マネジメント研修を実施する方法は、「社外研修」・「集合研修」・「オンライン研修」の3つ。

・オンラインでマネジメント研修をする企業は増えている。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 現代ビジネスパーソンの必須スキル、「気くばり力」診断テスト
    現代ビジネスパーソンの必須スキル、「気くばり力」診断テスト
  • 科学的に証明されているズルイ資料作成のポイント
    科学的に証明されているズルイ資料作成のポイント
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 「一日中座りっぱなし」の人のための姿勢学
    「一日中座りっぱなし」の人のための姿勢学
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -謝罪力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -謝罪力編-
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -非言語で自分を表現する力-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -非言語で自分を表現する力-
  • 最速のExcel術
    最速のExcel術
  • 市場価値を高めたい人がするべき自分の育て方
    市場価値を高めたい人がするべき自分の育て方
  • 「プレゼンは中身が9割」相手に刺さるプレゼンの中身の作り方演習
    「プレゼンは中身が9割」相手に刺さるプレゼンの中身の作り方演習
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 提案成功率を上げるデータ分析と活用
    提案成功率を上げるデータ分析と活用
  • ビジネスでもプライベートでも選ばれる~究極の愛されコミュ力~
    ビジネスでもプライベートでも選ばれる~究極の愛されコミュ力~
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -初対面で好かれる・信頼されるコミュ力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -初対面で好かれる・信頼されるコミュ力編-
  • ストーリーのある「伝わるプレゼン」
    ストーリーのある「伝わるプレゼン」
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ