7/13(Mon)

今日の生放送

階層別研修とは?その種類やメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
階層別研修とは?その種類やメリットを解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

昨今、企業間で様々なビジネス研修が行われている中、階層別研修にも注目が集まっています。 ただ改めて「階層別研修とはどんなものなのか?」と聞かれてもはっきりと答えを示せる人は意外と少ないのではないでしょうか。 階層別研修はその特性上これと決まった形がない為、これからの導入を検討している人はどんな研修を行えばいいのか迷ってしまう人は多いようです、 そこでこの記事では、「階層別研修とはどういったものなのか」「導入するにあたって実施すべき研修はどんなものがあるのか」を詳しくご紹介します。自分の階層に適した研修を探している方や人材育成担当の方はぜひ御覧ください。

<目次>
階層別研修とは?
階層別研修の変化
階層別研修を行う2つの目的
目的1:現業務を遂行させる為に必要なスキルの「底上げ」
目的2:業務の意義や必要となる能力を自ら学ぶ姿勢を習得する
階層別研修導入のポイント
実施すべきおすすめの階層別研修
新入社員には「ビジネスマナー研修」がおすすめ
若手社員は「業務効率改善研修」がおすすめ
中堅社員には「課題解決研修」や「セルフマネジメント研修」がおすすめ
管理職社員には「組織マネジメント研修」や「リスクマネジメント研修」がおすすめ
schooが提供する企業向け学習パッケージ
Schooのサービスの特徴
まとめ
 

階層別研修とは?

階層別研修とは、社員の階層によって異なる研修を受講させ、それぞれの階層で必要不可欠なスキルや姿勢を身につけることを目的とした研修です。 この階層とは「新入社員」や「中堅社員」「管理職社員」といった各従業員の役職や立場のことであり、この階層に応じて適切な研修内容を実施していきます。 例えば、新入社員なら基礎的なビジネスマナー、中堅社員ならマネジメント能力、管理職社員なら意思決定の能力といった形です。 実は多くの企業で行われている「新入社員研修」や、「管理職研修」なども階層別研修のうちの1つです。 各階層に求められるスキルや姿勢を適切に身に着けていくことは、個人のスキルアップだけにとどまらず、会社全体のレベルを底上げすることにも繋がっていきます。 こういった特性から、階層別研修は企業の「底上げ教育」とも呼ばれています。

 

階層別研修の変化

従来の階層別研修は、研修対象者を役職や勤続年数といった一律の基準でグルーピングし、会社内部で対象者全員に強制的かつ一貫的に同様の研修を行っていました。 しかし、現在多くの企業で行われている階層別研修は、研修内容を階層ごとで完全に分断し、それぞれの個々に必要とされるスキルの習得に特化しています。 これは現代社会での働き方が急速に多様化していることが原因です。 終身雇用制度の弱まりや、非正規社員・フリーランスの増加、フレックスタイムの導入など、従業員の立場や働き方が多様化し、従来型の一律研修ではコストと労力の精算がとれなくなってきている背景があります。 そのため、これまでのように従業員を一律で研修するのではなく、個々の人材に最適な研修を選択していく方式へとシフトしています。 現在階層別研修に再び注目が集まっているのはこのためです。

 

階層別研修を行う2つの目的

階層別研修は企業の人材育成を行う上で欠かせない研修です。ではなぜ多くの企業が階層別研修を導入しているのか、その目的を3つご紹介します。

目的1:現業務を遂行させる為に必要なスキルの「底上げ」

前提として階層別研修を行うタイミングは、研修対象者がその階層(役職や立場)に就いた後に実施するものです。 ですので、研修対象者はその階層に至る最低限のスキルや素質は既に持ち合わせていることになります。 しかし、就任したからといってすぐその階層に求められるパフォーマンスを発揮できる訳ではありません。 基礎はできていても、その先の応用や業務に対するマインドが不明瞭になるといった状況は多分に起こりえます。 また、階層が上がるほど求められる能力は多岐に渡るので、OJTや独自でのスキルアップにも限界があります。 そのため、特定の階層へ就任後にアフターフォローとして階層別研修を実施することで、対象者のスキルを底上げし安定感のある人材を育成することができるのです。 ちなみに、階層別研修とよく対で耳にする機会の多い「選抜研修」というものがあります。 選抜研修では、階層別研修とは逆で、役職に就任する前に最低限のスキルの習得を目指す研修ですので、階層別研修とは少々異なった意味合いのものとなっています。

目的2:業務の意義や必要となる能力を自ら学ぶ姿勢を習得する

階層別研修のもう1つの目的は、業務の意義や求められるスキルを自ら学ぼうとすう姿勢を身につけることにあります。 階層別研修はその階層に応じたスキルや姿勢を習得する為に行いますが、そこで得られるスキルや姿勢は一過性のものであってはなりません。 というのも、企業に務めている以上、昇進や異動などといった階層の変化は何度も訪れるものです。 また、世の中の動向が目まぐるしく流動している現在、常に同じスキルが役にたつ保証もあありません。 こうした自身や環境の変化がある中では、その階層、その環境でしか使えない能力をその都度学び直すことは大変非効率となります。 したがって階層別研修で真に学ぶべきは、付け焼き刃の能力ではなく、業務の根本的な意義やどんな環境でも自ら学んでいける姿勢といったものになります。 階層別研修は、こういった土台となる能力や業務姿勢の気づきを促す役割も持っているのです。

 

階層別研修導入のポイント

階層別研修を導入する際に多くの人が頭を悩ませるのが、まずどの階層からトレーニングを実施すべきなのか、ということです。 結論から言えば、経営幹部や管理職層といったトップから研修をすることが望ましいとされています。 なぜなら、若手や中堅層がいくら改革意識を持っていても、最終決定権はトップ層に委ねられているからです。 例えば部長や課長、マネージャーといった所謂、中堅層の社員が研修から啓発を受けて、その内容を実務に取り入れるよう提案したとします。 しかし、経営幹部や管理職層といったトップ階層の社員たちに同様の認識がないと、企業の方針とは逆向した案として受け取られてしまう可能性があります。 「会社の方針とは随分違っているね」 「そんな方法は、今までやってこなかったよね」 このように経営幹部層の理解を得られないと、せっかく実施した研修の内容を実務へ反映させることが非常に困難となってしまうのです。 ですので、組織改革、人材育成の観点から階層別研修を実施する際は、まず企業の経営に携わるトップ層から研修を実施し、中堅層、若手層、新人とトップダウン式に社内全体へ浸透させていく流れが望ましいとされています。 ちなみに、このトップダウン式の研修を方法は、ドラッカーの提唱するところのトップマネジメントの考え方に沿ったもので、国内でも有数の大手企業の数々がこの方法を取り入れています。

 

実施すべきおすすめの階層別研修

ここからは、階層ごとに実施すべきおすすめの研修を紹介していきます。 階層は企業や業種によって様々ですが、概ね以下の4つに分けることができるでしょう。

  • ・新入社員(新卒・入社2年目社員など)
  • ・若手層社員(係長・主任など)
  • ・中堅層社員(部長・課長・チームマネージャーなど)
  • ・管理職社員(総括部長・本部長など)

ではさっそく階層ごとの研修を見ていきましょう。

新入社員には「ビジネスマナー研修」がおすすめ

実施している企業は大変多いですが、新入社員にはやはりビジネスマナーの基礎を習得することが必須となってきます。 身だしなみや挨拶、敬語といった第一印象を磨くノウハウ、また、ホウレンソウや名刺交換、電話対応などビジネスパーソンとしての常識などもこのビジネスマナー研修で学ぶことができます。 さらに、ビジネスマナー研修では新入社員の意識をスムーズに切り替える効果もあります。 これまで学生だった新入社員の中には、学生気分が中々抜けきれない人も多く、そのままクライアントや社外に出してしまうと会社全体の印象ダウンに繋がりかねません。 学生と社会人の意識の違いについても丁寧に研修が行われますので、ビジネスマナー研修は新入社員に間違いなく必須の研修となるでしょう。 また、企業によってはビジネスマナー研修のほか、 ・コンプライアンス研修 ・ビジネス文書作成研修 などの研修を行っている企業も多いので、合わせてこの2つの研修もオススメです。

仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
 

 

 
  • 担当講師:北條 久美子先生
    キャリアカウンセラー/BRILLIANCE+執行役員

    東京外国語大学を卒業し、ウェディング司会・研修講師を経て、2007年 エイベックスグループホールディングス株式会社人事部にて教育担当に。2010年にキャリアカウンセラー・研修講師として独立。全国の企業や大学などで年間 約2,500人へビジネスマナーやコミュニケーション、キャリアの研修・セミナ―を行う。 現在はライフスタイリストとしてワーク(仕事)寄りだった人生を、生きること=ライフにシフト。自分らしく、かつ生き方を自分らしく美しくすることを自らも目指し、それを広める場作りに力を入れる。 2016年4月、著書「ビジネスマナーの解剖図鑑」(エクスナレッジ)発行。

若手社員は「業務効率改善研修」がおすすめ

入社~5年目程度の若手社員には業務効率改善研修がおすすめです。 基礎スキル向上研修では、現代のビジネスパーソンとして必須となっているwordやExcel, powerPointなどのツールスキルを身につけることができます。 これらのツールは意外と基礎を学ぶことなく、何となく使い続けている人が非常に多くなっています。 しかし、数ある有用なツール機能を使いこなせないままでいると、同じ業務でもスピードや効率に大きな差が生まれてしまいます。 また、既存業務の改善でもこういったツールの知識は必ず必要となるものです。 このようなツールの基礎知識は、階層が上がるごとに研修をし直すのが困難となりますし、独学で学ぶのにも多大な時間と労力が必要となってしまいます。 そのため、若手階層のうちに研修を通して素早く習得しておくことがおすすめです。 また新しく部下を持つことになる若手層社員には ・OJT研修 ・メンター制度研修 といった研修もおすすめです。

はじめての業務効率改善 -Office 365を活用して事務仕事を「ラク」にする方法-
はじめての業務効率改善 -Office 365を活用して事務仕事を「ラク」にする方法-
 

 

 
  • 担当講師:目代 昌幸先生
    株式会社ソノリテ ワークスタイルコンサルティンググループMG

    テラスク365統括部長。小売業、製造業のIT運用担当社内SEを経て、ITベンチャーにて Office 365を含めた企業の情報基盤全体の構築と運用サポート事業を立ち上げる。 Office 365 サービス開始直後から日本で唯一の Office 365 ユーザーコミュニティを設立、定期的なコミュニティ勉強会を都内で開催する。オンライン上でもOffice 365 公式フォーラムでの回答やFacebookコミュニティの運営など公私の別なくOffice 365 と関わっている。 これらの活動が認められ、 2014年1月から3年連続でMicrosoft MVP for Office 365アワードを受賞中。

中堅社員には「課題解決研修」や「セルフマネジメント研修」がおすすめ

中堅社員には「課題解決研修」や「セルフマネジメント研修」がおすすめです。 中堅社員は価値の創出だけではなく、現状の課題の発見・改善にも注力せねばなりません。「課題解決研修」では、課題の発見、設定、そして解決という流れを意識した課題解決のプロセスを身につけることができます。 また管理職層やリーダーへ昇進を控える中堅社員は、自己の目標や成果を管理する能力が必須となります。 「セルフマネジメント研修」ではPDCAサイクルの回し方や将来リーダーとして組織を率いるために必須の目標管理スキルを習得することができます。 またこの他に ・リーダーシップ研修 ・コンプライアンス研修 といった研修も併せて人気となっています。

課題解決するファシリテーション
課題解決するファシリテーション
 

 

 
  • 担当講師:安斎 勇樹先生
    東京大学大学院情報学環特任助教・(株)ミミクリデザイン代表

    東京都出身。東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。博士(学際情報学)。商品開発、人材育成、組織開発などの産学連携プロジェクトに取り組みながら、ワークショップの実践と評価の方法について研究している。主な著書に『ワークショップデザイン論-創ることで学ぶ』(共著・慶応義塾大学出版会)、『協創の場のデザイン-ワークショップで企業と地域が変わる』(藝術学舎)がある。
新しい時代に適応するためのセルフマネジメント
新しい時代に適応するためのセルフマネジメント
 

 

 
  • 担当講師:大平 信孝先生
    目標実現の専門家 メンタルコーチ

    株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役。 第一線で活躍するリーダーのためのメンタルコーチ。 目標実現の専門家。中央大学卒業。長野県出身。 脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発。 その卓越したアプローチによって、これまで1万人以上のリーダーの人材育成に関する悩みを解決してきたほか、経営者、オリンピック出場選手、トップモデル、ベストセラー作家、ビジネスリーダーなど各界で活躍する人々の目標実現・行動革新サポートを実施。 その功績が話題となり、各種メディアからの依頼が続出している。 リーダー向けの企業研修やパーソナルコーチングは、現在3カ月待ちとなっている。 さらに2018年からは年間セミナーである「行動イノベーションアカデミー」を運営。 「行動イノベーション・メソッド」により業績を上げる人に留まらず、人間関係や心身の健康にも効果を実感する人が続出。 数多くのリーダーに、研修、講演、個人サポートを提供している。 これまでサポートしてきた企業は、IT、通信教育、商社、医療、美容、小売りなど40以上の業種にわたる。 8冊の著作の累計発行部数は18万部を超え、中国、台湾、韓国など海外でも広く翻訳されている。 おもな著書に、『本気で変わりたい人の行動イノベーション』( だいわ文庫)、『先延ばしは1冊のノートでなくなる』(大和書房)「指示待ち部下が自ら考え動き出す!」(かんき出版)などがある。 日刊メルマガ「行動イノベーション365・ネクストステージを目指す! 行動のヒント」を毎日配信中!

管理職社員には「組織マネジメント研修」や「リスクマネジメント研修」がおすすめ

管理職社員はその立場上、全社的な職場課題の解決や、人材育成、重要な意思決定の判断など多用なマネジメントスキルを求められます。 組織マネジメント研修では、全社を総括するマネージャーとしてどのような点を意識して組織をリードすればいいのか、マネージャーとしての役割とはどういったものなのか?といった「管理職のための組織運営力」を養うことができます。 一方リスクマネジメント研修は、現代のインターネットやSNS文化が成熟した世の中で、小さなトラブル拡散による企業ブランドの失墜や、インターネット上での炎上リスクなど、現代社会特有の不測の事態に対する予防、収束ノウハウを学ぶことできます。 こういった管理職社員に求められる組織マネジメント能力は、実地で体系的に習得することが困難なため、研修やセミナーを通して効率的に習得していくことがおすすめです。

組織に変革をもたらすマネジメント入門
組織に変革をもたらすマネジメント入門
 

 

 
  • 担当講師:麻野 耕司先生
    株式会社リンクアンドモチベーション 取締役

    慶應義塾大学法学部卒業後、株式会社リンクアンドモチベーション入社。 2010年 中小ベンチャー企業向け組織人事コンサルティング部門の執行役員に当時最年少で着任。同社最大の事業へと成長させる。 2013年 成長ベンチャー企業向け投資事業立ち上げ。HR Techを中心にビズリーチ、ネオキャリア、あしたのチーム、Fond, Inc.(旧AnyPerk)など20社近くに投資。 2016年 組織改善クラウド 「モチベーションクラウド」立ち上げ。国内HR Techの牽引役として注目を集めている。 2018年 株式会社リンクアンドモチベーション取締役就任。 著書に「すべての組織は変えられる〜好調な企業はなぜ『ヒト』に投資するのか〜」(PHPビジネス新書)。
管理職のためのリスクマネジメント
管理職のためのリスクマネジメント
 

 

 
  • 担当講師:真部 助彦先生
    株式会社マネジメント21 代表取締役

    1972年早稲田大学法学部卒業。 San Francisco State College, Madrid University留学。米国と欧州にそれぞれ2年間 生活して交友と見聞を広める。 商社、メーカーなどでプロジェクトマネジャーなどを経験。「中小企業診断士」取得を機にコンサルティング・ファームで活動する機会を得る。伊藤忠ビジネスコンサルティング(株)の組織戦略推進部長を経て、1996年(社)中部産業連盟(トヨタグループ200社余などが会員企業)に入職し東京本部プロジェクト開発室長を歴任。 2010年1月に(株)マネジメント21を設立、代表取締役になる。 製造業、商社、販売業、損保代理店などの多数の国内外企業で、コンサルティング指導および教育研修をする。テーマは経営戦略、マーケティング戦略,新商品・新事業開発、現場改善と業務改善,管理職・コアマン育成、営業マン育成・営業幹部育成、CS・ES刷新、QC改善、ISO9001と14001の認証取得指導、リスクマネジメントなど多岐にわたる。 東京商工会議所や地方商工会議所、りそな総合研究所、ちばぎん総合研究所、浜銀総合研究所、日本政策金融公庫、職業能力開発協会及び県庁や市役所などで多く研修、公開セミナー、研修の講師を歴任する。 [主な著書]:「新商品・新事業開発大事典」(日刊工業新聞社、共著)「中小企業の生産マネジメント(中小企業金融公庫、共著)その他経営雑誌などに論文・記事あり。 コンサルティング・ファーム マネジメント21 mail:manabe@manegement21.net
 

Schooが提供する企業向け学習パッケージ

Schooのサービスの特徴

schooビジネスプランでは、動画配信という形でさまざまなニーズに応えられる授業を提供しています。授業へのご登壇には、各業界における第一人者や著名な専門家の方々をお迎えしています。ご登壇される講師の方々は、ビジネス現場での経験に基づいた事例などを教えてくださるので授業は具体的でわかりやすく、受講者はチャットなどを通じて講師に直接質問をすることもできるため、eラーニングであっても、実際の研修を受けるのと限りなく近い状態で学習することが可能です。受け身型の学習にならないようなコンテンツが多いのも、Schooのeラーニングの特徴です。

 

まとめ

階層ごとに適した研修を実施することができれば、企業の底上げや社員の意識改革を効率的に行うことができます。 この記事を通して、階層ごとにどんな研修があるのか、どんな研修が効果的なのかを知ってみてください。

集合研修・OJTによる人材育成を加速させる。
eラーニング活用方法の資料を無料配布中!

 動画学習を活用することで事前に業務に関する知識をインプットをした上で、集合研修やOJTに臨むことができます。
 それにより集合研修やOJTの場は知識の定着を図ったり疑問点を解決したりといった時間に充てることができ、 研修をより効果的に行うことが可能です。
 ビジネスマナーやコミュニケーション力などの基本スキルから、営業・プログラミング・デザインなどの実務スキルまで学べるので、自発的に学び成長していける人材の育成促進につながります。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 『習慣が10割』-習慣ひとつで仕事も人生もうまくいく-
    『習慣が10割』-習慣ひとつで仕事も人生もうまくいく-
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編-
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • 大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
    大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 組織に変革をもたらすマネジメント入門
    組織に変革をもたらすマネジメント入門
  • 鋼の意思 作成ガイド -「やろう!」がなかなか行動に移せないあなたへ-
    鋼の意思 作成ガイド -「やろう!」がなかなか行動に移せないあなたへ-
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • ビジネスパーソンのための情報セキュリティ入門
    ビジネスパーソンのための情報セキュリティ入門
  • 社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント
    社員を守る、職場におけるセクハラ・パワハラ防止のポイント
  • 話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
    話し下手ほどうまくいく、聞く技術「アクティブリスニング」
  • 仕事のミスを減らす頭の使い方
    仕事のミスを減らす頭の使い方
  • 目標を「絶対達成」する仕事スイッチの入れ方
    目標を「絶対達成」する仕事スイッチの入れ方
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ