4/21(Wed)

今日の生放送

コンプライアンス教育の重要性とおすすめの実施方法と教材を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンプライアンス教育の重要性とおすすめの実施方法と教材を紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

コンプライアンス違反によって企業の経営が傾いたり、最悪の場合は破綻にまで追い込まれてしまうケースは後を立ちません。そんな中で経営層だけでなく、各社員のコンプライアンスに対する意識を向上させる必要があります。 この記事では、コンプライアンスの定義を改めて確認したうえで、コンプライアンス教育の重要性と適切な教育方法について解説染ます。

<目次>
コンプライアンスの意味
コンプライアンスに社会倫理も含まれる
コンプライアンス教育の目的
コンプライアンス違反のリスクを知る
業務に必要なコンプライアンスの知識を身につける
倫理観を身につける
コンプライアンス教育のテーマ
ハラスメント
著作権・意匠権など
情報セキュリティ
コンプライアンス教育の内容
コンプライアンス違反の事例
コンプライアンス違反の罰則
コンプライアンスを守るメリット
コンプライアンス教育のポイント
社内のコンプライアンスルールを構築する
違反となる背景をしっかりと説明する
コンプライアンス研修にはオンライン学習サービスがおすすめ
コンプライアンス研修にはSchooビジネスプランがおすすめ
管理職向けの研修
新入社員~中堅社員向けの研修
Schooビジネスプランでは、管理画面で受講者の学習状況を可視化できる
まとめ
 

コンプライアンスの意味

そもそもコンプライアンスとは、一般的には「法令順守」と認識されているかと思います。もちろん、企業活動を行う上での法令を守ることも指しますが、昨今ではコンプライアンスは様々な意味を内包しており、複雑になっています。 ここではまず、現代におけるコンプライアンスの意味について解説します。

コンプライアンスに社会倫理も含まれる

社会倫理というと少し堅苦しい印象を受けるかもしれませんが、社会の中で人と人とが互いに気持ちよく過ごせるための決まりごとを意味します。具体的なもので言うと、ハラスメントなどが当てはまります。 法律で定められている内容ではないため、破ったからといって罰せられるわけではありません。しかし、ハラスメントなどが原因で職場の雰囲気が悪くなるだけでなく、被害を受けた人が退職に追い込まれたり、最悪の場合は訴訟にまで発展するケースもあります。 こうした問題は社員間で完結するものもありますが、事実が公になれば企業としても思わぬ悪評が立ち、採用にも影響が及ぶ可能性もあります。 そのため、コンプライアンスを強化するということはただ法令を守るだけではなく、社会生活におけるリスクも企業側のリスクと捉えて取り組む必要があるのです。

 

コンプライアンス教育の目的

コンプライアンス違反のリスクを知る

コンプライアンス違反は、たった一つの小さな行動で会社に大きなダメージを与えるリスクがあります。コンプライアンス違反で社会的信用を失い、また、社会的制裁を受けた会社が名誉・信頼を回復するためには非常に長い時間がかかってしまいます。このように、コンプライアンス違反が会社に大きなダメージを与えるというリスクを社員それぞれに知ってもらい、当事者意識や責任感を持って働いてもらうためにも、コンプライアンスを社員に教育することが大切なのです。

業務に必要なコンプライアンスの知識を身につける

コンプライアンスに関する知識は、階層が上がるにつれて重要と言えます。それは、階層が上がるにつれて責任が大きくなることが理由としてあげられます。責任の重い社員がコンプライアンス違反を行うと、それだけ社会的な影響も大きくなり、会社へのダメージが大きくなってしまいます。さらに、階層の高い部下を指揮する立場でもあるため、コンプライアンスをきっちりと守る模範的な姿を部下に見せることで、部下のコンプライアンス意識の向上にも繋がります。

倫理観を身につける

コンプライアンスを遵守するために最も重要な規範が、倫理観です。コンプライアンスは社内規範としてはっきりと明記されているものもありますが、企業倫理や社会的な規範などは明記されていません。明記されている規範だけでなく、明記されていない規範も守るために、倫理観が重要なのです。そのため、新入社員や若手社員といった、社会経験が浅くて倫理観が定着していない社員にはしっかりと倫理観を教え込むことが大切です。

 

コンプライアンス教育のテーマ

ハラスメント

ほぼ全ての会社で重大なコンプライアンス問題となりうるのが、ハラスメントです。現在、多くの種類のハラスメントが存在するため、ちょっとした発言や行動がハラスメントのコンプライアンス違反になってしまうこともあるのです。ハラスメントにはどんな種類があり、どのような行動・発言が問題になるのかを理解していれば発生する危険性が減ります。さらに、多くのオンライン学習サービスや、研修会社でハラスメント用のコンテンツが提供されているため、コンプライアンス教育におすすめのテーマです。

著作権・意匠権など

著作権や意匠権などの権利侵害も、多くの会社に起こる可能性がある重大なコンプライアンス違反です。例えばオウンドメディアやサイトに使う画像をインターネットで無断ダウンロードしてしまい、著作権の侵害になってしまう、というような事例があります。この著作権侵害などのコンプライアンス違反も基礎的な知識を身につければ未然に防止することができます。このテーマについてもハラスメントと同じく多くのオンライン学習サービスや研修会社でコンテンツが提供されているため、おすすめの研修テーマです。

情報セキュリティ

現代は情報社会と呼ばれており、個人情報を慎重に取り扱うことがより一層重要になります。 顧客情報の漏洩により社会的信頼を失ってしまった企業が相当数存在することからも、個人情報の慎重な取扱いが重要になっているということがわかるでしょう。 また、最近ではSNSにおける情報管理について厳しく指導する企業も増えてきています。特に若手社員の多くはSNSに慣れ親しんでおり、情報管理に対する意識が低いということも考えられます。プライベートでしか使用しないと言っても、SNSでの言動により自分が所属する企業に大きな損害を与えてしまうこともあるため、そういったリスクを理解させることも大切です。

 

コンプライアンス教育の内容

コンプライアンス違反の事例

コンプライアンスを具体的に学ぶ方法として効果的なのが、事例を用いたコンプライアンス教育です。これまで実際に起こったコンプライアンス違反の事例を用いてコンプライアンスを学ぶことで、実際にどのような事例があり、何が問題だったのかということを容易に想像でき、より定着しやすくなります。事例を用いた教育では、自社以外で起こったことと、自社内で起こったことの両方を学んでもらうことで、特に自社で起こりやすいコンプライアンス違反とはなんなのかを学ばせるようにしましょう。

コンプライアンス違反の罰則

コンプライアンス違反を起こしてしまった時の具体的な罰則をコンプライアンス教育で知っておくことが大切です。記事内でも説明してきましたが、コンプライアンス違反は会社に大きなダメージを与えます。これを知るだけでコンプライアンスに気をつける意識がつくと思われますが、さらに罰則を具体的に示し、コンプライアンス違反が会社だけでなく自分にもどれだけダメージを与えるのかを理解することで、より一層コンプライアンスへの意識が高まるでしょう。

コンプライアンスを守るメリット

コンプライアンスを守るとどのようなメリットがあるのか、ということを教えることもコンプライアンス教育においては重要です。コンプライアンスを守ることで会社のイメージアップであったり、長期的な成長が期待できるなど、様々なメリットがあります。コンプライアンスを守らなければどうなるか、というデメリットの面からだけでなく、どのようなメリットがあるのか、というメリットの視点から学ぶことで会社の一員としてコンプライアンスを守って働く意識が高まるでしょう。

 

コンプライアンス教育のポイント

おすすめのコンプライアンス教育の実施方法と教材についてご紹介しましたが、社内にコンプライアンスの意識を浸透させるためにはいくつかポイントがあるのでご紹介します。

社内のコンプライアンスルールを構築する

コンプライアンス教育を行うにあたり、法令やハラスメントに関する情報を取集するかと思います。集めた情報や事例を社員に共有することはもちろん大切ではありますが、教育を受ける社員の方が知りたいのは「自分が仕事をする上で何に気を付ければいいのか?」という具体例です。 そこで、収集した情報を実際の業務に落とし込んで、社内のコンプライアンスルールを構築して、共有するのがおすすめです。 そうすれば、社員も理解しやすく、よりコンプライアンスに対する意識が芽生えるようになるでしょう。

違反となる背景をしっかりと説明する

コンプライアンス教育は社内で違反とならないようなルールを定めて実践することになるため、どうしてもルール化された背景説明が疎かになることがあります。 なぜSNSでの個人情報が含まれた投稿に細心の注意を払わなければならないのか、など社員一人ひとりが理由を理解して、誰にでも説明ができるレベルにまで達する必要があります。 そのため、コンプライアンス教育を行う上では、ルールの説明に加えてその背景をしっかりと説明する必要があります。

▼コンプライアンス研修に関して詳しく知りたい方はこちら▼
【関連記事】コンプライアンス研修の目的と内容とは?すぐに実施すべき理由も解説!

 

コンプライアンス研修にはオンライン学習サービスがおすすめ

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

コンプライアンス研修にはSchooビジネスプランがおすすめ

コンプライアンス研修は実務的なスキルを身に着けるというよりも、個々人の意識を向上させることです。 コンプライアンス研修は早く実施することに越したことはありません。そこでおすすめしたいのが、オンライン学習サービスを活用した学習です。 オンライン学習サービスとは、PCやスマートフォンを使って動画講義を通じて学習する研修方法です。 インターネットさえ繋がれば時間や場所を選ばずに学習できるため、集合研修で社員の業務を中断させることなく、コンプライアンス強化が可能です。 Schooビジネスプランでも、オンライン学習サービスを活用した動画コンテンツをご用意しています。 記事内でも取り上げたコンプライアンスに関する動画講義も、1講義あたり30分~1時間とコンパクトにまとめられており、無理のない学習が可能です。 早急にコンプライアンス強化に取り組みたいという方は、ぜひ利用を検討してみてください。 ここでは、この記事で取り上げた動画講義を含め、おすすめのコンテンツをご紹介します。

Schooビジネスプランの資料を請求する

管理職向けの研修

管理職の方には、コンプライアンスの知識全般を理解してもらい、コンプライアンスを意識した取り組みを部署やチーム内で実践してもらう必要があります。 コンプライアンス違反によって起こりうるリスクを具体的な事例も踏まえて、リスクを予防するために部下のマネジメントのなかでどのように実践すればいいのかを学ぶことになります。 Schooビジネスプランでも、管理職向けに『ケースでわかる「コンプライアンス」』という動画講義を提供しています。 講義の中では、コンプライアンスの概要、実際の起きたコンプライアンスに関する事例をご紹介しながら、網羅的に解説を行っています。

ケースでわかる「コンプライアンス」

ケースでわかる「コンプライアンス」
 

この授業は、30代のビジネスパーソン、中でも管理職になる方、管理職を目指している方に向けたものです。 コンプライアンスという言葉が日本では当たり前に使われていますが、コンプライアンス違反は後を絶ちません。「その原因はどこにあるのか?」について授業を受ける皆さんと「共通認識」を持ち、ケーススタディの形式でコンプライアンスを学んでいきます。組織マネジメントの中で実践していくためにはどうすればいいのかを検討していきます。

担当講師:藤森 純一先生
八洲学園大学専任講師

1975年横浜出身。八洲学園大学専任講師。 専門分野は、知的資産経営、契約法、コンプライアンス・CSR。八洲学園大学では「コンプライアンス概論」「ビジネス文書の作成・読解」など実務家教員としてコンプライアンス全般に関わる講義を行う。 その他、大手製造業や飲食業で法律系の研修講師なども担当。また、実務家として、契約書作成や社内規約の作成など中小企業法務の支援、知的資産経営戦略の立案を行う。

ケースでわかる「コンプライアンス」を無料視聴する

 

新入社員~中堅社員向けの研修

新入社員~中堅社員についても本来であれば、管理職と同等のコンプライアンスに関する知識を身に着けてもらうことが理想的です。 しかし、コンプライアンスの知識には管理職や経営層といった一部の階層の社員しか使わないものも含まれます。 そのため、まずはコンプライアンスに関する基礎的な内容を理解してもらうことに努めましょう。基礎的な内容というと、具体的には個人がコンプライアンス違反を起こさないための教育です。例えば、SNSの取扱いや周囲の人に不快な思いをさせないための社会倫理などが当てはまります。自分がいつコンプライアンス違反の当事者になってしまうかわからないという緊張感を持ってもらうことが目的となります。 Schooでは、コンプライアンスに対してより理解しやすく学習してもらえるよう、 「満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -落語編-」、「満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -漫画・声優編-」という2つの講義をご用意しています。 どちら個人レベルのコンプライアンスについて解説しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -落語編-

満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -落語編-
 

どんなビジネスマンでも必須のスキルであるコンプライアンスの基礎を、落語を通してわかりやすく学習していく授業です。 この授業は、会社で起こりがちな“SNS投稿”“不正受給”“ハラスメント”というコンプライアンス違反の3つのストーリーをオリジナル落語で紹介していきます。 この授業を通して、コンプライアンス違反が、身近に起こりうることを認識し、日々コンプライアンスを意識して、生活や仕事ができるようになることを目指します。 またこのコースは、「満員電車でも学べるシリーズ」と題して、音声だけで学ぶ授業になります。 下記のような忙しいビジネスマンにオススメです。 「満員電車の何もできない時間に⽿だけで勉強することができないか?」 「ただでさえストレスのたまる満員電車の中で、ストレスなく、かつ有益な時間を過ごすことができないか?」

担当講師:天笠 淳先生
アネックス 代表取締役

IBMビジネスコンサルティングサービス、NTTデータにて、組織開発のプロジェクトに多数関与。人事領域に加え、社内・社外講師の経験を20年以上経験。群馬県出身、東京都港区在住。 組織開発を中心にハンズオンでクライアントに関わる。 PBL(課題解決型)を得意とし、通常3~6ヶ月にわたりクライアントの組織開発に関わる。 研修プログラムはクライアントの要望をふまえ、通常、ゼロから企画、運営を行う。 <著書>就活力 はじめてのキャリアデザイン (DTP出版)

満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -落語編-を無料視聴する

満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -漫画・声優編-

満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -漫画・声優編-
 

この授業は、一般的なIT企業に勤める主人公守田マモちゃんを主人公にした会社やプライベートで起こりがちなストーリーを紹介しながら、どんなビジネスマンでも必須のスキルであるコンプライアンスの基礎を、漫画や声優さんの声を通して、わかりやすく学習していく授業です。 この授業を通して、コンプライアンス違反が、身近に起こりうることを認識し、日々コンプライアンスを意識して、生活や仕事ができるようになることを目指します。 またこのコースは、「満員電車でも学べるシリーズ」と題して、音声だけでも学べる授業になります 下記のような忙しいビジネスマンにオススメです。 「満員電車の何もできない時間に⽿だけで勉強することができないか?」 「ただでさえストレスのたまる満員電車の中で、ストレスなく、かつ有益な時間を過ごすことができないか?」 また、スライド資料と連動して漫画も表示されるようになっておりますので、是非動画もお楽しみください。

担当講師:天笠 淳先生
アネックス 代表取締役

IBMビジネスコンサルティングサービス、NTTデータにて、組織開発のプロジェクトに多数関与。人事領域に加え、社内・社外講師の経験を20年以上経験。群馬県出身、東京都港区在住。 組織開発を中心にハンズオンでクライアントに関わる。 PBL(課題解決型)を得意とし、通常3~6ヶ月にわたりクライアントの組織開発に関わる。 研修プログラムはクライアントの要望をふまえ、通常、ゼロから企画、運営を行う。 <著書>就活力 はじめてのキャリアデザイン (DTP出版)

満員電車でも学べるコンプライアンス入門 -漫画・声優編-を無料視聴する

Schooビジネスプランでは、管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料を請求する

 

まとめ

昨今のコンプライアンスの意味は非常に複雑なものになっています。ひと昔前は許されていたことが今では許されないことになっていることも少なくありません。 社員の一人でもコンプイアンスに違反し、そのことが公になれば会社の存続に関わる事態に発展することもあります。そのため、社内全体にコンプライアンス教育を徹底する必要があるのです。 そして、Schooでは階層別に合わせたコンプライアンスの動画講義をご用意しているので、コンプライアンス教育に関する社内でのノウハウがないという場合はぜひ利用を検討してみてください。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
    プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 30歳までに知っておきたい経済の知識
    30歳までに知っておきたい経済の知識
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • 大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
    大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ