9/27(Mon)

今日の生放送

現代に必要なリーダーシップスキルとは? 次世代リーダーが身につけるべきスキルを解説

公開日:2021/06/30
更新日:2021/09/08
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
現代に必要なリーダーシップスキルとは? 次世代リーダーが身につけるべきスキルを解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

リーダーシップについては、これまでさまざまな理論が展開されてきました。時代により求められるリーダー像は変化し変遷を重ねてきたといえます。変化の激しい現代において力を発揮するリーダーシップとはどのようなものでしょうか。当記事では次世代を担うリーダーが身につけるべきスキルについて解説します。

 

リーダーシップの本質

リーダーシップの本質は「責任感」や「使命感」であるといえるのではないでしょうか。リーダーシップは指導者的立場の人が「リーダー」という役割を通じて発揮するものと捉えられがちですが、実はそうではありません。「責任感」や「使命感」は、組織で働くすべての人に求められるものです。そのように考えるとリーダーシップは、あらゆる立場の人に期待されるものであるといえます。

 

リーダーシップのスタイル

リーダーシップにはさまざまなスタイルがあります。これまでたくさんのリーダーシップ論が展開されてきましたが、昨今ではおおむね次の4つのタイプに分類されることが多くなっています。

支配型リーダー

支配型リーダーシップは、かつての日本において主流であったスタイルです。リーダーの強い意思や信念に基づき、組織を強い統率力で牽引するタイプです。自分のアイデアを形にすことや、目標達成のためにメンバーに指示を出し従わせます。組織が未成熟な場合や早期に結果が求められる場合に成果を出しやすい特徴があります。

民主型リーダー

支配型リーダーがトップダウンで物事を進めるのに対し、民主型リーダーは意思決定に際し助言はしますが、最終的な決断はメンバーの意向を尊重します。メンバー自身が自分の頭で考え行動する必要があるため、人材育成の面でも長期的に効果を発揮します。反面、短期的な成果を出すには不向きなスタイルといえます。

奉仕型リーダー

昨今注目を集めているのがこの奉仕型リーダーです。従来のリーダーシップのように先頭に立って組織を牽引したり、意見を集約してまとめるというスタイルとは異なります。メンバーが動きやすいように環境を整えたり、意欲を上げるためにポジティブな言葉をかけるなど、メンバーに奉仕するスタイルです。このタイプのリーダーシップは信頼関係を築き、自主性を引き出し、メンバーのやる気を呼び起こします。組織に一体感をもたらすメリットがあります。

ビジョン型リーダー

奉仕型リーダーと並び、注目を集めているのがこのビジョン型リーダーです。近い将来のあるべき姿を明確にビジョンとして示し、メンバーに指針を与えます。達成への道筋や役割分担は大まかに指示しますが、実際の行動はメンバーの自主性に任せます。ただ放任して任せるのではなく要所においては確認し、良い行動は適切に評価しそうでなければ軌道修正するというように、目指すビジョンの実現に向けて最短距離を進むべくメンバーを導きます。

 

時代により求められるリーダーシップは変化する

経済の成長や社会の成熟により、それぞれの時代で求められるリーダーシップは変化してきました。各時代においてもっとも成果を上げやすいスタイルがあり、その資質をもった人物がリーダーとして力を発揮してきた歴史があります。 また時代の変遷は企業の成長サイクルになぞらえることができそうです。企業の成長サイクルは、創業期から急成長期を経て成長が緩やかになる成熟期に至るというような段階があります。ひとつの企業のなかでもそれぞれの段階において、求められるリーダーシップは変化するのではないでしょうか。

経済成長下でのリーダーシップ

1990年頃までの経済成長が右肩上がりの時代は、消費が旺盛で人々の志向も画一化された傾向がありました。一定のクオリティの商品を大量に作れば、大量に売れていくという環境です。このような時代では指示・命令でメンバーを動かす、支配型のリーダーシップが成果を上げやすいスタイルであったといえます。 これを創業期から急成長期の企業にあてはめると、リーダー(社長)の号令のもと従業員が足並みをそろえ、一直線に目標に向かっていくというような段階にあるといえます。

変化の時代のリーダーシップ

変化の激しい現代では、支配型リーダーシップのように画一的な方法では成果が上げにくくなっています。人々の志向や価値観が多様化しており、そのニーズの変化に対応するためには、さまざまな個性をもつメンバーのもち味を活かしていくようなリーダーシップが求められます。リーダーには指示命令でメンバーを動かすのでなく、その特性を活かし専門性を高める手助けが求められます。 企業活動においては成熟期にあたるのがこの段階です。顧客ニーズの変化・多様化に対応するためにさまざまな人材を登用し、力を発揮できるように導くリーダーシップが必要となります。支配型リーダーシップから民主型リーダーシップへ、そしてゆくゆくは奉仕型/ビジョン型リーダーシップへ変遷していく必要があるでしょう。

危機の時代のリーダーシップ

現代は危機の時代であるともいえます。自然災害やテロ、疫病など経済活動や社会生活を脅かす事態が起きています。有事の際に求められるリーダーシップは平常時とはまったく異なるものになります。非常時においては素早い決断と行動がもっとも必要とされ、メンバーの意向に反することになっても冷徹に判断を下せるような強さが求められます。 企業活動においても経営難や不祥事などの危機の状況においては、冷徹な判断を下さなくてはならない場面は発生するでしょう。 その場合、決断力をもったリーダーが号令をかけ、組織の足並みをそろえる必要性が出てきます。すなわち、かつての支配型リーダーシップが効果を発揮する可能性があるのです。ただし、このときの支配型リーダーシップは危機下における一時的なものであると理解しておきましょう。

 

変化の時代に必要なリーダーシップスキル

変化の時代に必要なリーダーシップは「ビジョン型」と「奉仕型」のハイブリッドタイプであるといえます。企業として明確に目指すべきビジョンを示した上で、従業員個人の力を最大限発揮してもらうべく支援するようなスタイルです。それを実現するためには以下のようなスキルが必要となります。

ビジョンを描く洞察力

変化の時代に企業が持続的に成長するためには、近い将来の「目指すべきビジョン」を描かなくてはなりません。そのために必要なスキルが洞察力であるといえます。洞察力とは、現状で起きている些細な変化やその兆しから今後の変化を予測し、その変化に自社がどのように対応し成長していくかを見通す力です。このようにして描いたビジョンを掲げ、メンバーに共有してもらい実現に向けた行動を促します。

育成を推進するサポート力

変化の時代、リーダーはビジョンや目標を示しメンバーがそれを達成できるように環境を整え手助けをすることが大きな役割です。それに加えメンバーが自分の頭で考えさまざまな変化に対応できるように、育成を推進しサポートする力も求められます。メンバーの育成をサポートするには、それぞれの個性と得意分野を活かせる環境と、メンバーの現状の力量より少し高い目標を与え、達成に向け支援する手法が効果的です。支援のプロセスにおいて信頼関係を構築することで組織は強くなり、持続的な成長が見込めるようになります。

決断力

変化が激しい現代において、決断力はリーダーにとって重要なスキルです。変化が生じるたびに、進むべき方向性の舵取りや人材の登用など決断を要求される回数は増加します。こうした状況ではリーダーは確固とした自分の判断軸をもつ必要があります。過去の経験からの学びや信念、目指すべきビジョンから判断を重ね、その軸を明確にすることが決断力を高めることにつながります。

 

危機の時代に必要なリーダーシップスキル

現代は自然災害や疫病・テロなどさまざまな危機に直面しています。企業単位においては不祥事やSNSにおける炎上など、経営を揺るがすような危機に遭遇する可能性はゼロではありません。ひとたび危機に見舞われると、平常時とは違ったリーダーシップが求められるようになります。

優先順位を判断する力

危機的状況に陥ったときにまずリーダーとして発揮しなければならないのは、優先順位を判断する力です。非常時にはさまざまな問題が同時多発的に勃発し、状況も刻一刻と変化していきます。そうしたなかで正しく判断するためには、「まず最優先にすべきは人命である」「安全は何事にも優先する」というような原則を普段から意識しておくことが必要になります。

臨機応変に行動する力

非常時においては組織のルールに反した行動が必要になる場合があります。災害時において現場レベルでやるべきことが分かっていても、本部の指示があるまで動けないというようではリーダーシップがまったく発揮できていないことになります。昨今、大雪で立ち往生した物流トラックが、積荷の食料を周囲のドライバーに無償で配るといった事例がありました。これは現場レベルのリーダーシップが発揮され、臨機応変に行動した良い例であるといえます。

批判を恐れない勇気

危機に際して、ときには冷徹な判断を下さねばならない場面に直面することがあります。非常時において優先すべき事柄に力を注ぐことは、そのほかを後回しにすることでもあります。災害時の医療現場における、重症度によってどの患者を優先的に治療するか順位づけを行う「トリアージ」がまさしくその典型的な例です。緊急時にはすべてに対し平等に対処することは不可能です。自分が下した判断に対する批判を恐れないという「強さ」は、危機下におけるリーダーシップに必要なスキルであるといえます。

 

次世代リーダー育成のために必要なこと

次世代のリーダーには変化に対応する柔軟なリーダーシップと、危機に対応する強くて冷徹なリーダーシップの二通りが求められるようです。こうした相反する要素をバランス良くもち合わせるリーダーを育成するためには、どのような視点をもつ必要があるでしょうか。

長期的な視点で実践力を鍛える

まず、次世代リーダーの育成には時間がかかると認識し、長期的な視点での取り組みが必要です。現代にマッチする新たなスタイルのリーダーシップは、見習うべき手本が少ない状態です。試行錯誤を繰り返し長い時間をかけて練り上げていかなくてはなりません。 実践力を鍛えることも必要です。インプットにより知識を増やすだけではなく、その知識を実際の業務で実践する機会を多く与えることです。その際、現状の力量よりも高いレベルの試練を与えることが実践力を鍛えることにつながります。そのレベルをクリアすればもう一段高いレベルの試練を与えるというように、常に成長できる環境を用意することが育成への近道であるといえます。

リーダーシップの型を柔軟に切り替える能力を養う

現代は、一人のリーダーが常に同じ型のリーダーシップだけを発揮していれば良い、という状況ではありません。 平常時は変化の時代に合わせた奉仕型とビジョン型をハイブリッドしたリーダーシップを発揮しつつ、ひとたび危機に見舞われれば支配型リーダーシップに切り替えることが必要とされます。 リーダーシップの型をそれぞれ理解し、実践し、さらには時局にあわせて柔軟に切り替えられる能力を備えていることがベストでしょう。次世代リーダーを育成する際に、また自身のリーダーとしてのスキルを強化する際には、複数の型における能力を鍛えることをおすすめします。

 

まとめ

リーダーシップの本質は「責任感」と「使命感」であることは当記事の冒頭で述べました。次世代のリーダー候補である若手人材にリーダーシップを身につけてもらうためには、まずこの責任感と使命感にアプローチすることが効果的です。問題意識をもち、自分の責任において問題解決を実践できる環境を整える必要があるのではないでしょうか。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ