公開日:2022/10/06
更新日:2024/06/25

ライフキャリアレインボーとは|意味や書く方法を解説

ライフキャリアレインボーとは|意味や書く方法を解説 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ライフキャリアレインボーと言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。人生100年時代と言われる今、自分の仕事だけではなく、キャリアを人生全般として捉える考え方が広まっています。 本記事ではライフキャリアレインボーとは何か、そしてライフキャリアレインボーのメリットなどを詳しくご紹介します。

 

01ライフキャリアレインボーとは

「ライフキャリアレインボー」とは、個人のキャリアやライフプランを多様性と包括性の観点から捉える考え方です。従来のキャリアプランニングでは、単一の目標達成を重視していましたが、ライフキャリアレインボーでは、多様な経験や興味、価値観を尊重し、それらを組み合わせて自己実現を図ることを重視します。この考え方では、人生のさまざまな段階や多様な経験を組み合わせて、個々人が自己の能力や幸福を最大化するための柔軟なアプローチを提唱しています。

ライフキャリアレインボーは、ドナルド・E・スーパーによって1950年代に提唱されました。

1950年代頃までアメリカは、個人が一つの職業を選び、その職業に適応していくという方針が主流でした。しかし1950年代頃、職業指導の方針が再定義され、キャリアすなわち仕事ではなく、人生の中の一つの役割として仕事が存在するというライフキャリアの考えが形成されたのです。

ライフキャリアの区分

ライフキャリアレインボーにおけるライフキャリアは以下のように大きく2つに分けられます。

生涯でのライフキャリア

生涯でのライフキャリアは、仕事だけではなく、様々なライフイベントを含みます。進学や就職、結婚や子育て、さらには介護など、人はそれぞれに優先順位をつけて活動を進めていくものです。

ライフキャリアを提供したアメリカの教育学者、ドナルド・E・スーパーは、以下のように定義しています。

  • ・人生を構成する一連の出来事
  • ・一連の自己発達の中で、労働としての職業と人生の他の役割の連鎖
  • ・青年期から引退期に至る報酬、無報酬の一連の地位
  • ・役割の中には、学生、雇用者、年金生活者、副業、家族、市民などの役割も含まれる

仕事以外に人生には様々な局面があります。これら全てを生涯でのライフキャリアと呼ぶのです。

企業でのライフキャリア

人生100年時代と言われる中で、余暇の時間が増えますが、必然的に企業で働く時間も増えています。そのため、企業の中でもどのようにライフキャリアを形成し、実行していくのかということを考えることが求められています。人生の中で最も長く過ごすと言っても過言ではない働く時間に対して、どのようにモチベーションを維持するのか、また企業の中でどのようなキャリアを形成していくことが最適なのかを検討する必要があります。

 

03ライフキャリアレインボーの種類

ライフキャリアレインボーには幾つか種類があります。ライフキャリアレインボーをより理解するために、詳しく見ていきましょう。

ライフステージとライフロール

ライフキャリアレインボーは、ライフステージを表す「場面」と、ライフロールを表す「役割」で表現されます。それぞれのライフステージとライフロールを組み合わせることで、私たちが歩むライフキャリアを表現することが可能です。

ライフキャリアは、その人の人生を俯瞰的に観るものとされています。そのため仕事や生き方など、いずれかに重点を置くのではなく、人生の様々な場面においてその人の役割が変わることは至極当然という考え方なのです。

ライフステージについて

ライフステージは、以下の5つに分類されます。

  • ・成長段階(0歳~14歳)
  • ・探索段階(15歳~24歳)
  • ・確立段階(25歳~44歳)
  • ・維持段階(45歳~64歳)
  • ・解放段階(65歳~)

0歳から14歳までは成長段階と呼び、「自分はどのような人間なのか」ということについて考えを発達させていきます。仕事をする年齢ではないため、仕事という世界への興味・関心を高める時期として設定されています。

15歳から24歳までは探索段階と呼び、様々な経験を通じて自身の役割や好みを把握していきます。このころには学校生活や仕事、余暇などを通じて周囲との交流も活発になっており、自身の特性を把握するために必要な条件が十分に揃っているのです。25歳から44歳までは確立段階と呼び、自分の立場や役割を確立していく時期です。キャリアビジョンが明確になるのはこの頃で、人生の安定の礎を築いていきます。

45歳から64歳は維持段階と呼び、44歳までに確立した立場や役割を守っていく時期です。若手の成長が顕著になる時期でもあるため、立場や地位を守ることに関心が高くなる時期とされています。

65歳以降は解放段階と呼び、肉体的・精神的にパワーが衰えていく時期です。そのため、仕事という場面から退いていく時期と言えます。ただし、何も役割を担わないのではなく、シニアはシニアなりの役割を楽しむ時期とも言えます。

ライフロールについて

ライフロールは、以下8つに分類されます。

  • ・子供
  • ・学生
  • ・職業人
  • ・配偶者
  • ・家庭人
  • ・親
  • ・余暇人
  • ・市民

これらのライフロールは、どれか1つに限定されることはほぼないと言えます。ライフステージに応じて、人はそれぞれ複合的にライフロールを担っています。

ライフステージとライフロールの基準組み合わせ

ドナルド・E・スーパーは生涯において、それぞれのライフロールの始まりと終わりと、相互に重なり合うそれぞれの役割を、「キャリアの虹」と呼ばれる概念に集約しました。この概念こそが、ライフキャリアレインボーの由来となっています。

 

04ライフキャリアレインボーを書くメリット

ライフキャリアレインボーを描くことで、自身の人生に大きなメリットをもたらすとされています。代表的な例を3点ご紹介します。

現状を把握する事ができる

ライフキャリアレインボーを描くことで、自分が置かれている現状を知ることができます。ライフステージやライフロールといった観点はもちろん、理想の未来を描いた時に不足している内容も把握することができます。より理想的なライフキャリアレインボーを描くために、現状把握は非常に重要です。

過去と未来のライフイベントバランスを可視化できる

ライフキャリアレインボーを描くと、過去と未来のライフイベントを可視化することができます。その結果、各ライフロールやライフステージに応じたライフイベントバランスを把握することができるため、今後の未来を描く上で役立つ指標となるでしょう。

理想の生活の道筋がわかる

ライフキャリアレインボーでは、必然的に理想的な未来を描くことが求められます。その結果、自分にとってどのような生活が理想的なのかを把握することができます。また、理想にたどり着くためにはどのような道筋を辿るのかを検討する必要が生じます。 これにより、今後何を大切に生活のバランスを取っていくかが分かりやすくなるのです。

 

05ライフキャリアレインボーを書く方法

では、実際にライフキャリアレインボーを書いてみましょう。書く際には、ライフキャリアレインボー用のワークシートを準備します。

“ライフキャリアレインボー用のワークシート”

ワークシートは縦列にライフロール、横列に5段階で年齢を入れます。真ん中の年齢は現在の年齢に設定しましょう。そして横列の最後の項目は「理想」に設定します。 ここまでの準備が整ったら、実際に記入を進めます。

現状の把握

まず現状の把握を行う前に、必要となる年齢を横列に記入します。5段階のうち現在の年齢を真ん中とした時に、過去そして未来の2つの年齢はライフロールやライフステージの変化があった年齢を記入するのがおすすめです。

ここまで完了したら、それぞれの年齢の時に各何%ずつそれぞれのライフロールを担っていたかを記入します。幼少期などを含む場合には、「親」「職業人」などの項目を含まない可能性があります。この場合には0%と記入しましょう。

過去事象の整理

%の入力が完了したら、過去に起きた事象を整理していきます。この時、シート内には年齢ごとに端的に過去に起きた事象を記入するのがおすすめです。

例えば「余暇人」であれば学生時代のサークル活動に触れたり、「市民」であれば選挙へ行く、納税するといった内容が含まれます。

将来設計

ここまで完了したら、横列最後の欄である「理想」に理想の生活と%を記入しましょう。理想とする生活を送る年齢はそれぞれ異なるため、自身の中で何歳と想定しているのか、きちんと考えることは大切です。なお、この時設定する理想の生活は、可能な範囲で具体的な内容にしましょう。

想定できるアクシデントの整理

最後に、想定できるアクシデントを整理します。アクシデントの中には、意図しないライフロールの変化などが含まれます。自身にとって最悪となる想定をしておくことで、万が一のアクシデントにも同様せず対応することが可能です。

 

06ライフキャリアを考えるSchooのオンライン研修

Schoo for Businessは、国内最大級8,500本以上の講座から、自由に研修カリキュラムを組むことができるオンライン研修サービスです。導入企業数は4,000社以上、新入社員研修や管理職研修はもちろん、DX研修から自律学習促進まで幅広くご支援させていただいております。

Schooビジネスプランの資料をもらう

Schoo for Businessの特長

Schoo for Businessには主に3つの特長があります。

【1】国内最大級8,500本以上の講座数
【2】研修設定・管理が簡単
【3】カスタマーサクセスのサポートが充実

ライフキャリアに関するSchooの講座を紹介

Schooは汎用的なビジネススキルからDXやAIのような最先端のスキルまで、8,500本以上の講座を取り揃えております。この章では、ライフキャリアに関する授業を紹介いたします。

多様性社会を生きるライフキャリア論

ダイバーシティ、多様性、D&I、DEIという言葉を知っていますか? 知っている人は、なぜ現代社会においてそれらが重要視されているのかを理解していますか? 1960年代〜70年代の工業中心の経済社会において定着したキャリア・人材育成のフォーマットは、男女が仕事と家庭でそれぞれの役割を分ける事を前提としたものでした。そして1980年代以降に産業の中心がサービス業になり、女性の社会進出が必要とされている現代においても、そのかつての仕組みが色濃く残ってしまっています。それは人々が各々の能力・個性を十分に発揮することを阻む大きな要因となっています。 そんな中で、それぞれが自身のライフキャリアをどのように考えればよいのか、社会の変遷というマクロな視点から学びます。

 
  • 日本女子大学人間社会学部 名誉教授

    南イリノイ大学経済学部博士課程修了。Ph. D(経済学)。 シカゴ大学ヒューレットフェロー。ミシガン大学ディアボーン校助教授、亜細亜大学助教授・教授を経て2021年3月31日まで日本女子大学人間社会学部現代社会学科教授。同現代女性キャリア研究所所長。専門は労働経済学。 主な著書は『ワークライフバランス社会へ』(岩波書店)『女性はなぜ活躍できないのか』(東洋経済新報社、2015)など。

多様性社会を生きるライフキャリア論を無料視聴する

※研修・人材育成担当者限定 10日間の無料デモアカウント配布中。対象は研修・人材育成のご担当者に限ります。

LIFE SHIFT実践 -100年時代に活きる「変え続ける力」の磨き方-

「所属している会社で定年まで居続ければ、一生安泰」そんな時代は終わりを迎えようとしています。これからの時代は、会社中心の人生計画を見直し、「人生を悔いのないものにするためには何が必要なのか?」を考え、自分の力で仕事を、そして人生をデザインしていくことが必要になるのです。

本連載授業では『人生100年時代に必要な“変身資産”』をキーワードに以下の3つを学んでいきます。

  • 1.変身資産とは何か?
  • 2.自分自身を変える一歩目にはどのようなものがあるか?
  • 3.先駆者はどのようにライフシフトを実践しているのか?
 
  • 多摩大学大学院教授研究科長/株式会社ライフシフトCEO

    日産自動車人事部、欧州日産を経て、1999年よりフライシュマン・ヒラード・ジャパンのSVP/パートナー。また、2006年から多摩大学大学院教授を兼任。 多摩大学大学院教授 ・研究科長。野中郁次郎名誉教授との共同開発によるMBB(思いのマネジメント)の第一人者。著書に『40代からのライフシフト実践ハンドブック』、『MBB:思いのマネジメ ント』(野中郁次郎名誉教授、一條和生教授との共著)、『ビジ ネスモデルイノベーション』(野中名誉教授との共著)、『人工知能×ビッグデータが「人事」を変える』(福原正大氏との共著)、 『イノベーターシップ』など多数。東京大学教養学部卒業。

LIFE SHIFT実践 -100年時代に活きる「変え続ける力」の磨き方-を無料視聴する

※研修・人材育成担当者限定 10日間の無料デモアカウント配布中。対象は研修・人材育成のご担当者に限ります。

 

07まとめ

ライフキャリアレインボーを検討していくと、自身の仕事以外の面に積極的に目を向ける必要が生じます。その結果、顕在化していなかった自分の理想を洗い出したり、理想の生活に向かって努力する必要性などに気付くことができます。

また、自身も時間の経過と共にライフロールが変化しますが、周囲の人も同様です。そのことを念頭に置いた時に、様々な要素を踏まえてライフキャリアを設計する必要があることを強く理解できるのではないでしょうか。人生100年時代と言われているからこそ、長期的に人生を楽しむためにもライフキャリアレインボーは有効です。余力がある今のうちにライフキャリアレインボーを描くことで、真に理想的な生活を手に入れるきっかけを掴んでみてはいかがでしょうか。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
この記事を書いた人
Schoo編集部
Editor
Schooの「世の中から卒業をなくす」というミッションのもと活動。人事担当や人材育成担当の方にとって必要な情報を、わかりやすくご提供することを心がけ記事執筆・編集を行っている。研修ノウハウだけでなく、人的資本経営やDXなど幅広いテーマを取り扱う。
執筆した記事一覧へ

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ