10/27(Tue)

今日の生放送

コーチング研修の目的とは?|具体的なカリキュラムや内容をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コーチング研修の目的とは?|具体的なカリキュラムや内容をご紹介! | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

コーチング研修は、マネージャーはもちろん、多くの人にとって有効な研修といえるかもしれません。コーチング研修を受けるか検討している方向けに、コーチングの基本や、成果を上げるコーチングの特徴を解説します。

<目次>
コーチングとは
ティーチングとの違い
コーチング研修を受ける目的
部下の自発性の向上
部下のモチベーションアップ
リーダーのマネジメント力の向上
コーチングの役割
本音や実状を引き出す傾聴・共感
実務に昇華するための質問・深堀り
承認・認知
コーチング研修の具体的な内容
成果を上げるコーチ型リーダーの特徴
コーチングの落とし穴
オンラインでコーチング研修を行う
コーチング研修のカリキュラムを紹介
コーチング研修に関する授業の詳細
まとめ
 

コーチングとは

ビジネスシーンにおけるコーチングは、促進的・指導的なアプローチによって潜在能力を引き出し、最大限の効果を出してもらうことを指します。一般的なコーチングとは、英語のCoachingと同じ意味である「技術・勉学などを教え指導する」という意味がありますが、ビジネスの場においては、もう少し狭義的な意味を持つのです。

ティーチングとの違い

コーチングと同じように、ティーチングにも指導するといった意味を持ちます。ただビジネスシーンにおいてこれらの言葉は、大きく異るニュアンスを持つのです。コーチングとは、指導によって潜在能力やポテンシャルといった部分を引き出し、最大限の効果を発揮させることを指します。一方でティーチングは、そもそもの技術やノウハウを教育・指導し、業務ができるようになることを目指すと考えて良いでしょう。わかりやすいイメージとしては、ティーチングは「アサイン研修」、コーチングは「セミナー」といえるかもしれません。似ている言葉ではありますが、目的が大きく異なります。

 

コーチング研修を受ける目的

コーチング研修によって身につけられるコーチングスキルは、ほとんどの職種・業種ですぐに役立つスキルといっても過言ではありません。コーチングスキルがあれば、関係している協力者やクライアント、外部委託者の能力を最大限に発揮させることが可能です。結果として、より充実した成果を期待できるでしょう。コーチング研修で身につけたスキルは、部下をもつマネジメント職の人はもちろん、後輩・新入社員の指導をする教育係やプロジェクトチーム内でのリーダーも必要とされるスキルです。

部下の自発性の向上

部下に対してコーチングを行うことで、部下がどのように考えて行動すればいいかを学び、より自発的に動くようになります。例えば、部下が仕事で成果を出すためにコーチングを行い、それによって成果を出すことができると、成果を出すためのプロセスを学ぶことができるため、次の仕事からは部下が自分自身の力で成果を出せるようになります。このように、コーチングは部下の自発性を高めるために有効なのです。

部下のモチベーションアップ

コーチングは部下のモチベーションアップにも有効な手段の1つです。例えば、仕事の成果がなかなか上がらず悩んでいる部下や、何かとやる気が出ない、と言う部下に対して、悩みの根元を突き止めてそれをケアするコーチングを行うことで部下のモチベーションをアップさせることができるのです。それだけでなく、コーチングによって部下の潜在能力を引き出すことができれば、仕事の成果の大幅な向上も見込むことができるのです。

リーダーのマネジメント力の向上

コーチングは、コーチングを受ける側だけでなく、コーチングを行うリーダー・マネージャーにも効果をもたらします。コーチングを行うためには、部下の人柄やキャリアの志向、性格などを性格に見極めて最適なコーチング方法を見つける必要があるため、コーチングを行う過程でマネージャーやリーダーに必須の、「マネジメント力」が鍛えられます。このように、コーチングは行う側と受ける側の双方にメリットがあるのです。

 

コーチングの役割

コーチングの役割は、大きく以下の3つに分けられます。

  • 1:傾聴・共感
  • 2:質問・深堀り
  • 3:承認・認知

それぞれの意味と、期待できる効果を具体的に確認しておきましょう。以下では例として、上司であるマネージャーが、メンバーに対してコーチングを行うものとします。

本音や実状を引き出す傾聴・共感

コーチングを行う最初のステップは、傾聴・共感です。最終的な目標は業務の遂行にありますが、その過程ではメンバー自らが気づきを得て、業務の遂行を目指す必要があります。マネージャーとして具体的なアドバイスをすることは簡単ですが、まずはメンバー自身が本音や実状を言語化して、整理することが大切なのです。そのため日頃から相談しやすい・本音を話しやすい雰囲気にしておき、いつでも適切なコーチングが可能な環境づくりをすべきでしょう。

実務に昇華するための質問・深堀り

メンバーから本音を引き出せた場合、質問と深堀りをする必要があります。ただしマネージャーの立場において質問・深堀りをする場合、これが詰問になってはいけません。せっかく引き出した本音が、正しく次の実務に昇華しない可能性があります。コーチングにおける適切な質問をするためのポイントとしては、「なぜか(Why)」という質問を「なにか(What)」に変換して質問すると良いでしょう。例えば、以下のように変換してみてください。

  • ・「なぜ契約をとることができなかった?」→「契約をとれなかった障害は何だった?」
  • ・「なぜ納期に間に合わなかった?」→「納期に間に合わなくなった原因になる業務は何?」
  • ・「なぜもっと報告が遅れた?」→「迅速に報告するためにはどうすればいい?」
  • ・「なぜこの施策は成功した?」→「この施策が上手くいったのは何の分析が効果的だった?」

人によっては前者の場合、問い詰められていると感じる場合があります。実際、問い詰められて然るべきシーンもありますが、それでは次の改善につながらない場合があるのです。後者のような質問・深堀りができれば、具体的な改善案や成功体験の共有がしやすくなり、詰問をするよりは今後の利益に繋がる可能性が高いでしょう。

承認・認知

コーチングにおける最終ステップは、承認・認知です。質問や深堀りによって次の業務を任せる、あるいは業務の結果が出た後に、それを評価することを指します。良い結果にせよ悪い結果にせよ、今後の業務のモチベーションになるように評価することが大切です。また良い結果の場合は褒めるだけではなく、ひとつ課題を出してあげることも重要でしょう。

 

コーチング研修の具体的な内容

実際にSchooビジネスプランでコーチング研修に利用されている「チームで成果を出すためのコーチング」とという授業から、具体的な内容を見てみましょう。研修の中では、成果を上げるコーチ型リーダーの特徴や、コーチングをする際に陥りがちな落とし穴などについて学ぶことが可能です。もちろん内容はこれだけではなく、コーチングにあたって持つべき基本的なスキルや、コーチングの三原則などについて詳細な研修が受けられます。

成果を上げるコーチ型リーダーの特徴

コーチング研修の中では、成果を上げているリーダーの特徴を挙げており、目指すべきコーチングの一例を紹介しています。成果を上げるコーチ型リーダーの特徴をみてみましょう。

  • ・相手の考えについてよく知ろうとしている
  • ・相手によってコミュニケーションの仕方を柔軟に変えている
  • ・相手の話をさえぎることなく最後まで聞いている
  • ・相手が話しやすい・相談しやすい態度や言動をとっている
  • ・相手に詰問ではなく自由に安心して答えられる質問をしている
  • ・相手が自ら考えたり、行動を起こせるような質問をしている
  • ・相手の変化や成長に気づいてそれを伝えている
  • ・提案や要望は、相手にとって明確で分かりやすい
  • ・定期的にコミュニケーションのための時間を取っている
  • ・相手の目指している目標を知っている

コーチングの落とし穴

マネージャーや部下をもつ立場になると、必然的にコーチングをする必要があります。しかしコーチングを意識していても、必ずしも期待したような成果が上がらない可能性があります。たとえばコーチングそのものをメンバーが嫌がったり、質問をしても答えてくれなかったり、ほめてもモチベーションが上がらなかったりすることがあるかもしれません。コーチングがうまくいかない原因は、多岐に渡ります。たとえばメンバーに対する理解度が低かったり、信頼関係が薄かったり、自分の思い通りに誘導しようとしていたりすることなどが挙げられます。またこれら以外の要因についても、コーチング研修では解説しているので、参考にしてみてください。

 

オンラインでコーチング研修を行う

schooビジネスプランでは、コーチング研修のカリキュラムをご用意しております。

コーチング研修のカリキュラムを紹介

授業名 授業の内容 所要時間
リーダーのためのコーチング -信頼関係を築くために-
  • ・コーチングの3原則:双方向のコミュニケーション・個別対応・継続的な関わり
  • ・リーダーは、専門領域の能力だけでなく、指導育成の能力も求められる
  • ・コーチングは相手の持っている能力を引き出すことであり、ティーチングは自分の持っている知識や技術を伝えることである
  • ・リーダーに求められるコーチングスキルは聞くこと・観察・質問・承認など
  • ・信頼関係を築くためのスキル:相手が安心して話せる環境をつくる
  • ・相手とペースを合わせる「ペーシング」で相手が安心して話せる環境をつくる
  • ・すでに相手に「警戒心」が生まれてしまっている状況を「信頼関係」に覆すには?
60min
リーダーのためのコーチング -主体性を促す質問力-
  • ・何のための質問をするのか
  • ・オープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの違い
  • ・質問の目的に合わせて使い分ける、チャンクダウンとチャンクアップ
  • ・質問をつくるエクササイズ
  • ・質問を作るポイント
  • ・質問を作るときの注意
  • ・質問力を上げるためにできること
60min
リーダーのためのコーチング -行動を促すスキル-
  • ・自発的な行動を促すために必要なことは人それぞれ違う
  • ・アクノレッジメントの活用法:アクノレッジメントとは何か
  • ・アクノレッジメントの活用法:アクノレッジメントの種類
  • ・提案の活用法:提案とアドバイスの違い
  • ・提案の活用法:効果的な提案のポイント
  • ・要望の活用法
  • ・要望の活用法:不平、不満は提案、要望に変えてもらう
  • ・フォローアップと継続学習の必要性
60min
チームで成果を出すためのコーチング -今求められるコーチ型リーダーとは-
  • ・チームで成果を上げるために必要なこと
  • ・成果を上げる組織の10の特徴
  • ・成果を上げるリーダーの10の特徴
  • ・コーチ型リーダーの特徴
  • ・コーチングとは?
  • ・コーチングの三原則
  • ・コーチ型リーダーが持つべき基本スキル
  • ・コーチングの落とし穴
  • ・コーチング相手からフィードバックをもらおう
  • ・実感値の重要性を確認しよう
  • ・フィードバックの重要性を学ぼう
  • ・フィードバックを受け取る際の4つのポイント
60min
チームで成果を出すためのコーチング -データからみる成功の秘訣-
  • ・組織を活性化するポイント
  • ・上司の質問に関する調査結果
  • ・効果的な質問をするためのスキル
  • ・質問の種類
  • ・部下の目標達成意欲を高めるポイント
  • ・目標達成に必要な会話の頻度
  • ・効果的な会話をするための「コーチングフロー」
  • ・実演:コーチングフローに沿ったやり取り
  • ・目標の明確化
  • ・コーチングフローであなたが特に意識するステップはどこですか?
60min
チームで成果を出すためのコーチング - 実践者に学ぶ、リーダーの課題を解決する質問のポイント-
  • ・コーチングによってもたらされるもの
  • ・コーチングで成果を生みだすための3つのステップ
  • ・コーチングの効果 3ステップ
  • ・ステップ1 リーダーの変化
  • ・コーチングの目的
  • ・ステップ2 関わりの変化
  • ・リーダーの関わり方の変化
  • ・話を聞くことによる効果
  • ・質問の種類
  • ・効果的な使い分けとは?
  • ・ステップ3 周囲の変化・成果
  • ・コーチングと組織活性度の関係
  • ・コーチングのスキルアップと実践のポイント
60min
モチベーション・マネジメントの心理学〜円滑なコミュニケーションの心理学〜
  • ・スムーズなコミュニケーションとは
  • ・集団でのコミュニケーションの特徴
  • ・効率の良い会議を運営するために
  • ・説得の方法
  • ・効果的なコミュニケーション法
60min
モチベーション・マネジメントの心理学〜モチベーション・マネジメントの実践スキル〜
  • ・仕事したくない憂鬱な朝に「やる気のスイッチ」を入れるには?
  • ・「やらされ感でやる仕事」を「やりたくてやる仕事」へ変換するには?
  • ・仕事への貢献と成長
  • ・「不都合な現実」をどう捉えるか?どう受けとめるか?
60min
モチベーション・マネジメントの心理学〜モチベーション・マネジメントの科学的背景〜
  • ・モチベーションの特徴
  • ・外的な報酬に頼らないモチベーション
  • ・内発的モチベーションはとらえにくい概念でもある
  • ・できるという感覚を育てることの大切さ
  • ・自己効力を高める要因
  • ・意欲を高める目標設定ポイント
60min


コーチング研修に関する授業の詳細

カリキュラム1:リーダーのためのコーチング

リーダーのためのコーチング

リーダーとして、チームをマネジメントする上で、「メンバーとの信頼関係を高めたい」「やる気を上げたい」「主体性を引き出したい」 このような目標・テーマをお持ちの方は多いのではないでしょうか? この授業では、1人でも部下がいるリーダーなら必ず役に立つコーチングスキルの基本をご紹介します。

担当講師:本間 達哉先生
株式会社コーチ・エィ  国際コーチ連盟マスター認定コーチ

上智大学文学部卒業。 日本で最初のコーチング・ファームである株式会社コーチ・エィのエグゼクティブ・コーチとして、これまで約300人の経営者や管理職を対象にコーチングを実施。組織の風土改革や業績向上のために、リーダー自身の意識や行動をどう変革するかをテーマとしてきた。 また、リーダーが実践的、体系的にコーチングを学べる「Coachacademia」の講師を18年勤めており、2万人以上のコーチ型リーダーを養成している。

リーダーのためのコーチングを無料視聴する

カリキュラム2:チームで成果を出すためのコーチング

チームで成果を出すためのコーチング
 

「指示待ちの部下が多い」「部下のモチベーションの上げ方が分からない」、そのようなお悩みをお持ちではないでしょうか? この授業では、「部下の主体性を高める」「組織を活性化する」ためのコーチングスキルについて全3回の授業で学びます。

 
担当講師:本間 達哉先生
株式会社コーチ・エィ  国際コーチ連盟マスター認定コーチ

上智大学文学部卒業。 日本で最初のコーチング・ファームである株式会社コーチ・エィのエグゼクティブ・コーチとして、これまで約300人の経営者や管理職を対象にコーチングを実施。組織の風土改革や業績向上のために、リーダー自身の意識や行動をどう変革するかをテーマとしてきた。 また、リーダーが実践的、体系的にコーチングを学べる「Coachacademia」の講師を18年勤めており、2万人以上のコーチ型リーダーを養成している。

チームで成果を出すためのコーチングを無料視聴する

カリキュラム3:モチベーション・マネジメントの心理学

モチベーション・マネジメントの心理学
 

この授業では、部下や後輩の指導に悩んでいる方、チームの目標達成に向け自身を含めたメンバーのやる気を高めたいと考えている方を対象に、モチベーションをどのようにマネージしていくか、ということを心理学の視点から解説します。

 
担当講師:大坊 郁夫先生
東京未来大学 学長

北海道大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士課程退学、札幌医科大学助手、山形大学講師、助教授、北星学園大学教授(この間に英国York大学心理学部研究員)を経て、2000年大阪大学大学院人間科学研究科教授、同大学名誉教授。 大坊郁夫「しぐさのコミュニケーション」(サイエンス社)、大坊郁夫編「幸福を目指す対人社会心理学」(ナカニシヤ出版)等。

モチベーション・マネジメントの心理学を無料視聴する

 

まとめ

コーチング研修を受けることは、どんな職種・役職の人であっても有効になり得ます。単に技術の教えるティーチングとは異なり、コーチングはメンバーや協力者の能力を最大限発揮させるものであるため、実務経験が浅い人にも必要なスキルといえるでしょう。コーチングの基本である傾聴・質問・承認の3つを重ねることで、相手のポテンシャルを引き出しつつ、信頼関係の構築も期待できます。Schooのコーチング研修ではコーチングの基本を抑えつつ、実際に成果を挙げているコーチング型リーダーの特徴や、コーチングにおける落とし穴などを学ぶことが可能です。特にメンバーへのマネジメントについて不安があったり、より具体的にスキルを身に着けたい、マネージャーを教育していきたいという人はコーチング研修を検討すべきでしょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • 実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
    実践基礎知識~「情報セキュリティ10⼤脅威2020」~
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
    大人気漫画「キングダム」から学ぶ自立とリーダーシップ
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -雑談力編-
  • 1秒でも速く作業をこなすパソコン仕事術 -Windows版-
    1秒でも速く作業をこなすパソコン仕事術 -Windows版-
  • ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
    ハイパフォーマンスを出し続ける社会人のための時間マネジメント
  • 『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』著者:西岡壱誠さん
    『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』著者:西岡壱誠さん
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 博報堂スピーチライターが教える 言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる授業
    博報堂スピーチライターが教える 言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる授業
  • アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
    アンガーマネジメントを活用したコミュニケーション術
  • 「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編-
    「真・コミュニケーション能力」の教科書 -論理的に話す力編-
  • あなたの魅力を「見える化」し、チャンスを引き寄せる印象管理術
    あなたの魅力を「見える化」し、チャンスを引き寄せる印象管理術
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • フリーアナウンサーが実践!素敵に自分の印象をアップさせる方法
    フリーアナウンサーが実践!素敵に自分の印象をアップさせる方法
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ