6/20(Sun)

今日の生放送

アジャイルの必要性とおすすめの研修内容を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アジャイルの必要性とおすすめの研修内容を解説 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

昨今ではビジネスの現場でDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する目的で、アジャイル開発が注目されています。 アジャイル開発は、これまで一般的であったウォーターフォール開発に代わって、主流となりつつある開発モデルです。 社内でアジャイル開発を推進するにあたり、どのような研修を実施すればよいのかわからないというIT担当者も少なくないと思われます。 この記事では、アジャイル開発の必要性から、研修の内容や準備すべきこと、研修実施後の実践ポイントについて解説します。

<目次>
アジャイル開発の必要性
ソフトウェアの市場投入までの時間短縮
仕様変更などのニーズの変化に柔軟に対応するため
アジャイル研修が必要な理由
アジャイル開発の経験者の採用が難しい
アジャイル開発に必要な知識を身に着ける
アジャイル研修のおすすめの内容
アジャイルの原理・原則理解
技術スキルアップ
ヒューマンスキル
アジャイル研修にあたり必要な準備
人材の選定
経験豊富な講師を招待する
メンターと運営側のコミュニケーション
アジャイル研修後の実践のポイント
1.まずはチームメンバー以外の関係者が少ないプロジェクトで実践する
2.小規模のプロジェクトで実践する
2.IT研修におすすめのIT研修パッケージ
1.研修と自己啓発を両方行うことができる
2.IT研修におすすめのIT研修パッケージ
3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる
まとめ
 

アジャイル開発の必要性

そもそもアジャイル開発はなぜ必要性が増してきているのでしょうか。 その理由には以下が挙げられます。

ソフトウェアの市場投入までの時間短縮

昨今のビジネス環境は変化が激しいことから、ソフトウェアの開発期間をできるだけ短縮し、早期の市場へ投入する必要があります。 これまで一般的な開発モデルであったウォーターフォール開発では、要件定義からリリースまでかなりの期間が必要となることが多く、ソフトウェアとして動作する形になるまで最低でも数か月、長いと数年に渡ることもあります。 その反面、アジャイル開発では、1,2週間程度の短期間で開発を繰り返すため、ソフトウェアの提供までの期間短縮が期待できます。

仕様変更などのニーズの変化に柔軟に対応するため

アジャイル開発では、小さく限られた機能のソフトウェアから開発を始め、定期的にゴールを設定しながら必要な機能を追加したり、改良していくなど、柔軟に仕様変更に対応できます。 市場への早期投入だけでなく、投入後に発生したニーズや経験をソフトウェアに反映したいというニーズも同様に多くなっています。 ウォーターフォール型の開発では、後から発生した仕様変更に対応するためには、改めてニーズを洗い出さなければならないだけでなく、修正のための追加コストも発生するため、生産性の低下につながります。 そのため、様々なニーズの変化に対応できるアジャイル開発の必要性が増しているのです。

 

アジャイル研修が必要な理由

アジャイル開発を推進するにあたり、研修は実施しておくべきなのか判断しかねている方も少なくないと思われます。 ここで、アジャイル研修が必要とされる理由について解説します。

アジャイル開発の経験者の採用が難しい

アジャイル開発を社内で推進していくためには、メンターとして経験者の知見も必要となってきます。 しかし、アジャイル開発を経験している人材はそう多くはないのです。⼀般社団法⼈PMI日本⽀部アジャイル研究会が発表した、2020年度「アジャイルプロジェクトの実態」に関するアンケートによると、アジャイル開発経験者は46%と、半分以下となっています。 アジャイル開発経験者を採用するのも方法の一つではるのですが、必ずしも経験豊富な人材に巡り合えるわけではないのです。 そのため、社内で研修を実施して、アジャイル人材を育成することが必要となってくるのです。

アジャイル開発に必要な知識を身に着ける

一口にアジャイルと言っても、その手法は様々です。主にはチームが一丸となって開発に携わる「スクラム」、顧客も開発チームに加わって協働でシステムを開発する「エクストリーム・プログラミング(XP)」などが代表的です。それぞれの特徴やメリット・デメリットといった基礎的な内容を身に着ける必要があります。 また、開発からリリースまでの全体フローの理解や、開発チームでの共通言語といった、実践に必要な基礎知識をあらかじめインプットしておく必要があるため、事前に研修を行うことが有効なのです。

 

アジャイル研修のおすすめの内容

アジャイル研修ではどのような内容を指導すればいいのでしょうか。 ここでは、おすすめの内容について解説します。

アジャイルの原理・原則理解

アジャイルを推進するにあたり、まずはアジャイルの原理・原則を理解しておく必要があります。 アジャイルの原理・原則を理解するうえで参考になるのが「アジャイルソフトウェア開発宣言」です。これはウォーターフォールといった従来の開発モデルと異なる手法を提言していた開発者が集まって議論し、2001年に公開されたものです。ここでは、具体的な方法論ではなく、「個人と対話」、「動くソフトウェア」、「顧客との協調」、「変化のへの対応」の4つを重要視するという原理・原則が示されています。また、その他12の原則も記載されており、今日のアジャイルの基礎となっています。

技術スキルアップ

開発メンバーにはソフトウェア開発の基本スキルに加えて、「ペアプログラミング」や「テスト駆動開発」、「テスト自動化」、「継続的インテグレーション」などのスキルも身に着けておいた方が良いでしょう。当然ながら、プロジェクトによっては使用しないこともありますが、アジャイルを行う上で基本的なスキルとなってくるため、内容の理解から実践レベルにまでスキルアップしておくのが理想的です。

ヒューマンスキル

アジャイルを進めるうえで、メンバー間のコでの綿密なコミュニケーションは欠かせません。主なヒューマンスキルとして、「コーチング」や「ファシリテーション」、「リーダーシップ」などが挙げられ、これらは簡単に習得できるようなものではありません。また、インプットとアウトプットを繰り返すことで身についていくものですから、ぜひ研修を実施し、実践を通して習得を目指していきたいスキルです。

 

アジャイル研修にあたり必要な準備

研修を通じてアジャイル人材を育成するにあたりどのような準備が必要なのか、ここで解説します。

人材の選定

まずは社内で育成する人材の選定です。早期にアジャイル開発を展開できるよう、ポテンシャルのある人材から育成していくのがよいでしょう。 基準としては以下が挙げられます。 ・アジャイルに興味・関心を持っている ・ヒューマンスキルを持ち合わせている そもそもの興味・関心がないと学びへのモチベーションが維持できないことはもちろん、短期間で伸ばすことができないヒューマンスキルを持ち合わせた人材を選定するのが酔いでしょう。

経験豊富な講師を招待する

特に社内にアジャイル人材がいないという場合、研修の講師選定は慎重に行ったほうが良いと言えます。 外部の研修サービスを利用することはもちろんのこと、社内の研修に招待するという場合は、講師の経験を確認して選定することが重要です。 実際の開発現場でアジャイルを経験してきたということは、その時の経験や事例を基にわかりやすい指導が期待できます。

 

アジャイル研修後の実践ポイント

研修終了後、どのようにアジャイルを推進していけばいいのでしょうか。ここでは、主なフローについて解説します。

1.まずはチームメンバー以外の関係者が少ないプロジェクトで実践する

研修後すぐに、顧客などが関わるプロジェクトでアジャイルを実践してしまいがちなのですが、まずはそうったステークホルダーが少ない、またはいないプロジェクトから始めるのが理想的です。 理由として、アジャイルは研修で学んですぐに完璧にできるものではなく、実践での失敗や反省を通じて洗練されていくものだからです。 そのため、社内業務の一部をシステム化するといった、リスクの小さいプロジェクトから始め、アジャイルの流れを実践レベルで理解し、チームの結束力を強めていく方が良いと言えます。

2.小規模のプロジェクトで実践する

アジャイルでは仕様・要件ごとにスケジュールを設定して開発に臨むため、そもそも全体スケジュールのコントロールが難しいというデメリットがあります。 長期間かつ大規模なプロジェクトには不向きであることから、顧客が関わるプロジェクトで実践する際には、なるべく小規模のものから着手していくことが望ましいと言えます。

 

SchooのIT研修パッケージ

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料をもらう

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.IT研修におすすめのIT研修パッケージ

記事内で述べられているように、アジャイル開発などを含めたDXの重要性が増してきています。SchooビジネスプランのIT研修パッケージでは、Excelなどの基礎知識に加えてDXについての研修などもご用意しているため、ITに関する知識を幅広く持つ社員を育成することが可能です。

IT研修パッケージを見る

  • 見やすいグラフやスライド資料の作成方法を学ぶカリキュラムです。独学で悩みがちの本テーマを、具体例や実践例を交えながらお伝えします。
  • 組織で働く全ての人のための情報セキュリティやハラスメントなどのコンプライアンスを学ぶカリキュラムです。情報管理を「会社をツブさないため」と解説し、社員様にコンプライアンスについてより真剣に考えていただける内容となっています。
  • Excelを活用したデータ分析について学べる研修パッケージです。データ分析をする際の考え方から、「並べ替え」「オートフィルタ」「ピボットテーブル」などのExcel分析に必要な機能について学ぶことができます。
  • Googleアナリティクス(GA)を使用したデータ分析について学べる研修パッケージです。データから気づきを発見するための方法から、分析結果から精度が高い改善案の考え方、改善施策を通すための説得力まで身につけることができます。
  • 若手社員向けの基礎的なOAスキルの向上を目的としたカリキュラムです。WordやExcel、PowerPointなど、ビジネスマンとして欠かすことのできないスキルを身につけることのできる内容となっています。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)について学べる研修パッケージです。企業がデジタル変革をする上で必要なことや、最先端のテクノロジーなどについて学ぶことができます。
  • Pythonを使用したデータ分析やGASを使用した業務の自動化について学ぶことができる研修パッケージです。エンジニアリングの経験が無くても、これからデータサイエンスをやってみたいという方を対象にPythonと実データを用いて分析する方法や業務効率化について学習することが出来ます。
  • Excelの基礎技術を学習するためのカリキュラムです。見やすいグラフの作成方法や、よく使う関数などを解説します。本内容を習得することで、手作業で行っていた業務を素早く行うことができるようになります。
  • AIを使える人材を育成する研修パッケージです。実用的なAIビジネス思考や、最新のAI事情について学ぶことができます。
  • ブロックチェーンについて学べる研修パッケージです。「ブロックチェーンとは何か」という基礎的なことから、「どのような分野に活用されているのか」という応用まで学ぶことができます。

IT研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料をもらう

 

まとめ

アジャイルは変化の激しい昨今のビジネス環境において、多種多様なニーズに柔軟に対応するための開発モデルです。 従来のウォーターフォールの開発モデルと異なり、開発スピードや生産性の向上に繋がる一方で、実践するためには技術スキルやヒューマンスキルを身に着けておく必要があります。それらのスキルを研修で身に着け、さらに失敗した時のリスクが比較的小さいプロジェクトで実践から学ぶことで、より効率的な開発につながります。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ