4/13(Tue)

今日の生放送

営業研修の一覧と研修を活かす方法|実際の研修プログラムを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
営業研修の一覧と研修を活かす方法|実際の研修プログラムを紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

営業スタイルは千差万別で、営業マンの数だけ営業のノウハウがあるといっても過言ではありません。Schooの営業研修では営業の基本から応用編まで学び、実践的な営業の知識が身につけられます。

<目次>
営業研修の目的
個人の営業成績の向上
会社の業績の向上
営業の研修は基本からテクニックまで幅広い
営業の基本を研修で学ぶ重要性
営業テクニックを研修で学ぶ重要性
新入社員以外にも営業研修はおすすめ
中堅社員はテクニックのアップデートが重要
管理職社員は重要な相談を成功させられるようになる
オンラインで営業研修を行う企業が増えている
営業研修を活かすための研修方法
営業研修の内容
ビジネスマナー
提案力
プレゼンテーション
交渉力
ロールプレイング
Schooの営業研修カリキュラム
まとめ
 

営業研修の目的

営業研修の最終的な目的は、営業職の社員それぞれののスキルとモチベーションを高めることと、会社の業績を向上させることの2つが挙げられます。

個人の営業成績の向上

営業研修を行う目的の1つとして、営業職社員それぞれのスキルとモチベーションを高めて営業成績を向上させるということがあります。営業研修を行わなくても最初から営業職への適性があり、成績を残すことができる社員は問題ありませんが、なかなか成績が伸びないという社員はモチベーションを落としてしまい、最悪の場合離職につながってしまう可能性があります。そのため、営業チーム全体の底上げを図ることで、社員のモチベーション・成績アップをすることが目的となります。

会社の業績の向上

2つ目の目的は、個人の営業スキルの向上によって売り上げを向上させ、結果的に会社の売上を向上させることにあります。しかし、多くの企業では、会社全体での研修などに力を入れておらず、個人の努力に頼ってしまっている現状があります。これでは営業職のスキルアップは捗らず、売り上げも伸び悩んでしまいます。そのため、営業研修に力を入れるということは、会社の業績向上にもつながっているということです。

 

営業の研修は基本からテクニックまで幅広い

営業研修では基礎的な内容を重点的に学び、定着させるために行われると考えられがちですが、実際は基本的な内容から実践的なテクニックまでしっかりと学ぶ必要があります。

 

営業の基本を研修で学ぶ重要性

営業研修においては、基本的な内容を学ぶことが重要です。営業職において、基礎的な知識なくして小手先のテクニックを習得しようとしても土台がしっかり固められていないため、上手くは行きません。そのため、営業研修においてビジネスマナーやコミュニケーションスキル、ロジカルシンキングなどといった基礎的なスキル・知識をしっかりと固めるということがまず大切になるのです。

営業テクニックを研修で学ぶ重要性

営業研修で基礎的な内容を学ぶことの重要性は上記した通りですが、発展的な営業テクニックを学ぶことも同じく大切です。研修で基礎ばかりを学んでいても、実際の営業で成績を残すことができるわけではありません。そのため、営業研修では実際に営業する際に活用できるテクニックを学ぶことが大切なのです。つまり、営業研修では基礎的な内容を学ぶことに加えて、実践的なテクニックを学ぶことも大切であるということなのです。

 

新入社員以外の人材にも営業研修はおすすめ

営業の研修というと、多くの場合は新入社員向けのものを想像してしまいがちですが、実際は中堅営業マンやベテラン、あるいは経営者であってもオススメできます。 営業の手法は千差万別あり、営業マン一人一人に各々のテクニックがあるといっても過言ではありません。既に営業職として実力を発揮している人でも、誰かの営業テクニックや基礎をあらためて学ぶことによって、さらなる営業成績最大化が見込める可能性があります。

中堅社員はテクニックのアップデートが重要

営業研修は中堅社員に対しても効果的です。中堅社員は新入社員のように基礎の基礎から学ぶ必要はありませんが、営業のテクニックにおいてはまだまだベテランとは差があります。そのため、中堅社員はベテランの営業職社員とテクニックを共有するなどして新たな営業テクニックを学ぶことで今あるスキルをさらにアップデートさせることができるということです。

管理職社員は重要な相談を成功させられるようになる

管理職社員への営業研修は、あまり聴き慣れないかもしれませんが、実は管理職のような高階層の社員にも営業研修は効果的なのです。管理職でも取引先との重要な商談がありますし、他社との業務提携の話をする際など、営業研修によって得られるスキルやノウハウを活用する場面は数多くあります。そのため、例え管理職社員でも営業研修を受ける効果があるのです。

 

オンラインで営業研修を行う企業が増えている

近年、オンラインで研修を行う企業が増えていますが、営業研修もその例外ではなく、オンラインで研修を行う企業が増えています。オンラインで研修を行う場合、集合研修のように大人数が集まる必要がない上に、インターネット環境や動画を視聴できる端末さえあれば時間・場所の制限なく研修を受けられるため、効率的に研修を行い、社員を教育することが可能です。

 

営業研修の内容

一言で営業研修といっても、盛り込む内容には様々なものが考えられます。ここでは、よく営業研修に盛り込まれる内容を5つご紹介します。

ビジネスマナー

営業という職種において、ビジネスマナーは必須です。どれだけプレゼンテーション力や提案力・交渉力に長けていたとしても、相手を不快にさせる振る舞いをしてしまうと営業は上手くいきません。言葉遣いや名刺交換の仕方、商談のアポイントメントの仕方などをしっかりと研修で身につけてもらいましょう。さらに、マナーの良さが商談などの結果にいい影響を及ぼすこともあるため、ビジネスマナーは大切なのです。

提案力

提案力は営業に必須な基礎スキルです。提案する内容が重要なのは言うまでもありませんが、その提案をどのように魅力的に見せるか、というテクニックは営業担当者の提案力にかかっているのです。そのため、顧客へのヒアリングを通して顧客のニーズを把握し、そのニーズにあった提案をするという提案力を身につけることを目標に、トレーニングしていきましょう。

プレゼンテーション

営業の基本的な仕事は自社のサービスや商品の魅力を顧客に伝えて購入に結びつけることです。そのためには、自社の商品・サービスをより魅力的に伝えられるスライド作成力・プレゼンテーション力を磨いてもらうことが大切です。それだけではなく、聞き手の心を動かす話し方やパフォーマンス方法なども研修プログラムに盛り込むと、より効果的な研修が行えます。

交渉力

営業職の仕事は基本的に相手との交渉との交渉が中心になります。交渉の場では、相手の立場・価値観が自分とは違うということを理解し、良好な関係を築けるよう、また維持していけるように交渉していくことがポイントとなります。取引先と良好な関係を築くことが、より良い結果につながるのです。交渉力を磨くためにはやはり実践を通した研修が効果的であるため、実践の機会を多く用意した研修を行いましょう。

ロールプレイング

最後に、研修手法としてロールプレイングをご紹介します。ロールプレイングは、基本的に上司や先輩社員との間で本番を想定して行う実践形式の研修です。どんなに交渉力や提案力を鍛えても実際に活用することができなければなんの役にも立たなくなってしまうため、事前にロールプレイングを入念に行い、交渉術や提案術をしっかりと体に叩き込むことが大切になります。

 

営業研修を活かすための研修方法

営業研修と表現していますが、実際には商材・企業・顧客によって適切な営業手法は毎回異なると考えて良いでしょう。そのため営業研修をただ受けただけでは、成果につながる営業力は身に着けられないと考えてください。しかし受けた営業研修を、十分に活かすための研修方法がいくつかあります。

研修前に営業研修の目標と目的をハッキリさせる

営業研修を受ける前に目的を設定しておくと、研修中のさまざまなプログラム中にある知識において、どれが自分の成果向上につながるものかがわかります。また目的にリンクした研修後の目標を設定しておけば、要点を見つけることで必要最低限の知識を身につけられるでしょう。長丁場の研修だったとしても、必ずすべての知識を覚える必要はないのです。

研修後に営業研修の内容を誰かに教えるもしくは報告する

営業研修を受けた後、自分が受けた研修内容を簡潔にまとめて、誰かにその内容を共有してみましょう。誰かに説明するために知識を簡潔にまとめることによって、自分にとっても研修内容の整理につながるのです。また研修中に理解できなかったことでも、人に教える立場になると、知識の本質的な部分に気づくかもしれません。

 

Schooの営業研修カリキュラム

Schooビジネスプランでは営業研修が充実しており、営業マンとしての基礎はもちろん、ヒアリングスキルや提案力を伸ばしていくテクニックまで学べます。実際の営業研修の一覧は、以下ページを参考にしてみてください。それでは、Schooで受けられる営業研修カリキュラムを見ていきましょう。

 

まとめ

営業はあらゆる企業・商材で必要とする職種ですが、営業の方法には正解が存在しません。誰かに教わった営業方法を、自分なりに解釈して活かすことで、その人材に合った適切な営業が見つかります。Schooの営業研修では、営業の基礎的なビジネスマナー、知識、振る舞いなどはもちろん、顧客の課題を引き出すヒアリングスキルや、営業活動の本番ともいえる商談の場でも活きる研修を受けられます。新入社員はもちろんですが、営業スキルについて基礎から学びなおしたいという中堅・ベテランに人も、営業研修の受講を検討してみてください。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • 仕事のミスを減らす頭の使い方
    仕事のミスを減らす頭の使い方
  • 「交渉力」損しない人の習慣
    「交渉力」損しない人の習慣
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
  • 交渉術の基礎と実践
    交渉術の基礎と実践
  • 今さら聞けないビジネスメールの書き方
    今さら聞けないビジネスメールの書き方
  • 一流の学び方 -稼ぎに繋げる大人の勉強法-
    一流の学び方 -稼ぎに繋げる大人の勉強法-
  • 「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
    「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
  • 60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
    60分で変わるダメ・コミュニケーション改善術
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • 書く・聴く・話すに徹底コミット:社会人基礎力ゼミ
    書く・聴く・話すに徹底コミット:社会人基礎力ゼミ
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ