4/17(Sat)

今日の生放送

タイムマネジメント研修とは?必要な理由から導入までの流れをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイムマネジメント研修とは?必要な理由から導入までの流れをご紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

組織全体の生産性を向上させるためには、役職や職種に限らず、適切なタイムマネジメントが求められます。そのうえで、タイムマネジメント研修の導入を考えるも、何から取り組んでいけば良いのか、どのような研修が効果的であるのか悩む担当者の方は多いのではないでしょうか。この記事では、タイムマネジメント研修の内容から導入までの流れを解説していきます。

<目次>
タイムマネジメントとは?
タイムマネジメント研修が社員に必要な理由
タイムマネジメント研修が管理職に必要な理由
タイムマネジメント研修を行うメリット
残業時間を短縮できる
仕事の効率が上がる
スケジューリングがしやすくなる
タイムマネジメント研修の受講準備から実践までの流れをご紹介
業務の見える化を行い現状を把握してもらう
タイムマネジメント研修を行う
振り返りを行い情報共有させる
タイムマネジメント研修の相談はschooまで
まとめ
 

タイムマネジメントとは?

タイムマネジメント研修を理解する前に、タイムマネジメントとは何かをおさらいしておきましょう。 タイムマネジメントとは時間管理とも訳され、仕事の優先順位を決めたり作業を効率的に進めたりして、目標達成のために時間を有効活用するビジネススキルです。 人と約束した時間を管理するスケジュール管理とは異なることを覚えておく必要があります。

 

タイムマネジメント研修が社員に必要な理由

ではなぜ社員にタイムマネジメント研修を行う必要があるのでしょうか。 その理由は2つあります。 1つめはタイムマネジメントを行うことにより、効率的に業務をこなし生産性の向上につながるからです。 時間を管理する考え方として、従来のようにスケジュール管理を行うだけでは目の前の仕事をこなすだけとなってしまい、業務効率は改善されません。 しかしタイムマネジメントの考え方を取り入れれば業務を見える化し優先順位を決めて取り組むことができるので、生産性を上げることができるでしょう。 2つめはタイムマネジメントを行うことによる、社員のワークライフバランスの実現です。近年、働き方改革が見直され、残業時間の短縮、従業員一人ひとりの仕事とプライベートの両立を推進する企業が増えています。 従来の日本企業の考え方では、残業時間の多さを美徳としているようなところがありました。しかし現在では仕事とプライベートを両立させることで結果的に会社、個人が好循環なサイクルを生み出すことができるとわかってきています。

 

タイムマネジメント研修が管理職に必要な理由

タイムマネジメント研修の対象は一般社員だけでなく、管理職の受講、また現場での実行が重要とされています。その背景にはどういった理由があるのでしょうか? 1つめは業務効率化による働き方改革への対応をするためです。 働き方改革で重要視されていることの1つに、労働時間による評価からの脱却があります。 仕事は成果で評価するのが望ましいという考え方にシフトしてきているのです。 しかし成果で評価する考えを積極的に取り入れ、組織全体のパフォーマンスを向上させるためには管理職が率先してタイムマネジメントの考え方を身に着け組織全体にそれを浸透させる役割を担う必要があります。 タイムマネジメントは企業に所属する全員が足並みを揃えて行い、業務効率を均一化するのが望ましいのです。

【参考】:厚生労働省「働き方改革」の実現に向けて

2つめは管理職が適切なマネジメントを行うためです。 タイムマネジメントを管理職が仕事に先頭を切って取り入れることで、仕事に追われるという感覚が減りストレスを貯めることなく仕事ができるようになります。 部下の話に耳を傾けたり、新入社員の悩み相談にアドバイスを行ったりする時間的、精神的な余裕も獲得できるでしょう。 このことでメリットを感じた部下たちもタイムマネジメントの考え方を取り入れれば、自然に企業全体が仕事に追われなくなっていくのです。

 

 

タイムマネジメント研修を行うメリット

次にタイムマネジメント研修を行うメリットを3つご紹介します。

残業時間を短縮できる

タイムマネジメント研修を行うメリットの1つめは、残業時間の短縮につながるということです。 これを企業側の視線で見てみると企業にとって人件費の高さは悩みの種ですが、残業時間を短くすることでコストカットにつなげることができます。 また社員の視線で見てみると長時間労働のストレスから解放され、ワークライフバランスが整うのです。 このようにタイムマネジメント研修を行い、残業時間を短縮することは企業、社員双方にメリットをもたらします。

仕事の効率が上がる

メリットの2つめは仕事の効率が上がることです。 タイムマネジメント研修では時間と業務の見直しを行うため、仕事の優先順位が明確になり効率良く業務を行うことができるようになります。 また業務を見直し、本当に必要かどうかを判断してスリム化することもできるでしょう。

スケジューリングがしやすくなる

メリットの3つめはスケジューリングがしやすくなることです。 タイムマネジメント研修では1日の時間の使い方だけではなく、週、月、年単位での時間の使い方を見通して考えるためスケジュールの立て方に変化が生まれます。 急な予定が入ったとしてもあせらずスケジュールを組み替えられるため、心のゆとりもできるでしょう。

 

タイムマネジメント研修の受講準備から実践までの流れをご紹介

タイムマネジメント研修は実施するだけでなく、受講した社員・組織に根付かせていくような工夫をしなくてはいけません。ただ受講するだけでは、受講者の業務効率化や組織全体の生産性向上にはつながりづらいものです。 効果的なタイムマネジメント研修のため、どのように準備、実施、振り返りを進めていくのか、その手順とポイントをご紹介します。

業務の見える化を行い現状を把握してもらう

タイムマネジメント研修を受講する前に受講する社員には業務を棚卸しし、現状の把握を行ってもらいます。 スキルチェックシートを用いて業務の名称と内容、かかっている時間を記入すると誰が見てもわかりやすく共有もしやすいため運営者がテンプレートを準備することをおすすめします。 またスキルチェックシートで棚卸しをしてみて、タイムマネジメント上問題があると感じている業務があればそれもシートに記載させるようにしましょう。 そして運営者は一度所属している部署のリーダーにスキルチェックシートに目を通してもらいます。 これはリーダーとの業務に対する認識のずれがタイムマネジメントを阻害している原因の可能性があるためで、ここで一度現状の認識を問題点も含めて揃えてもらうのです。

タイムマネジメント研修を行う

社員にタイムマネジメント研修に参加してもらいます。 タイムマネジメント研修はオンライン研修、集合研修などさまざまな形式で実施されます。 いずれの受講方法においても注意しなければならないのは、受講する社員の不明点に対してのサポートを怠らないということです。そのままにしておくと、一方的な座学となってしまい、タイムマネジメントの考え方が組織にいつまでも浸透しないため、組織・個人の業務効率化や生産性の向上につながりづらくなります。 ライブ配信、集合研修では問題点をその場で講師に質問するなどして解決が図りやすいですが、動画研修では視聴期限を設けたり、質問をメール等で受け付けたりして受講する社員の不明点がそのままにならないように講師、運営者とも配慮しましょう。

振り返りを行い情報共有させる

社員はタイムマネジメント研修に参加した後、そのノウハウを基に各部署でタイムマネジメントを実践する段階に移ります。 最初に事前準備として作成したスキルチェックシートを基に、仕事の優先順位を4種類に分類します。

  • 1.緊急で重要な業務
  • 2.緊急だが重要ではない業務
  • 3.緊急ではないが重要な業務
  • 4.緊急でも重要でもない業務

分類後、タイムマネジメント上注目してほしいのが3と4です。3に分類されるのは例えば新商品やサービスの企画、そのための事前競合調査などで未来を見据えた業務と言えばわかりやすいでしょうか。 この業務はタイムマネジメント上優先順位が高くないものの、会社の将来がかかっているのでタイミングを見計らいある程度の時間を割いて行った方がよい業務と言えるでしょう。 また4には習慣として業務に組み入れられているけれど理由は不明な業務、または全く成果が上がっていない業務などが分類されます。 4に分類された業務は、内容の見直しを行う必要があると言えるでしょう。 次に分類した4種類の仕事の中で、もう行う必要のない業務はないか考えます。 分類した中で4の業務が一番行う必要のない業務と言えますが、もしかしたら他の分類の中にも行う必要のない業務が含まれているかもしれません。 社員が一番迷うのがこの行う必要のない業務のピックアップでしょう。 成果が上がっていない業務はともかく、習慣的に続けてきたことを止めるのは勇気が必要ですし、所属する部署のリーダーに伝えにくいと感じる社員もいるはずです。 講師・運営者とも社員の話を誠実に聴き、アドバイスする心構えが大切と言えます。 そして社員には限りある時間の中で、重要な業務に時間を割くことが会社にとっても望ましいことだと理解してもらうようにしましょう。 スキルチェックシートで行う必要のない業務を決めたら再度社員が所属する部署のリーダーに目を通してもらい、認識を揃えてもらいます。 そしてリーダーの許可が降りたら実践させるのです。 タイムマネジメントは一度行えば終わりということではなく、時間の経過とともに定期的に行うのが望ましいため、1年に1回は社員を中心に見直しを行うよう運営者が各部署にアナウンスを行うのがよいかもしれません。 会社全体にタイムマネジメントの考え方が浸透するまでは、根気良く続ける必要があるのです。

 

 

タイムマネジメント研修の相談はschooまで

SchooではSchooビジネスプラン(5,700本の授業が1ID1,500円で受け放題のオンライン学習サービス)を利用することでタイムマネジメントのプロ講師からタイムマネジメントについて学ぶことができます。 オンライン講習の内容はさまざまな動画の中から選んで組み合わせることができるため、自社に必要な内容のみでカリキュラムを組むことが可能です。 また短い時間でもパフォーマンスを最大限に発揮することを重視した内容のため、忙しい方でも無理なく行える内容となっています。 Schooの提供する最新のタイムマネジメント研修の詳細については次の記事をごらんください。

Schooのマネジメント研修パッケージ

  • 営業の効率化に活かせるタイムマネジメントについて学ぶカリキュラムです。営業マンが効率的に日々を過ごすコツについて学べる内容となっています。
  • 中堅社員を対象とした、セルフマネジメントのカリキュラムです。仕事の効率化に活かせるセルフマネジメント方法について学べる内容になっています。
  • 内定者向けのExcelの学習を目的としたカリキュラムです。見やすいグラフの作成方法やよく使う関数などを習得することで、Excelの基礎スキルを鍛えられます。
  • マネージャー向けのリスクマネジメントを学べるカリキュラムです。リスクマネジメントを事例を交えながら体系的に学べる内容となっています。
  • マネージャー向けの組織マネジメントについて学べるカリキュラムです。マネージャーの役割と業務について体系的に学んだ上で、具体的にチームで成果を出していくために必要なことについて学習できる研修となっています。
  • マネージャー向けのビジョンマネジメントを学べるカリキュラムです。ビジョンとは何かという基本的な内容から具体的なビジョン実現のためのアプローチ方法まで体系的に学べる内容となっています。
  • ストレスマネジメントの基礎について学びたい方向けの研修パッケージです。職場におけるストレスとの付き合い方や、不安やストレスに悩まないための習慣づけなどを学ぶことができます。
  • マネジメントのスキルをレベルアップさせたいという方向けの研修パッケージです。チームや部下をマネジメントする際に必要な「即断力」について学び、「部下が自主的に動いてくれない」、「ルールを決めても守らない」といったお悩みを解消する「壁マネジメント術」について学ぶことができます。
  • 内定者向けのWordの学習を目的としたカリキュラムです。書類作成に欠かせないWordの基礎から実践まで学ぶことができます。
  • 部下や後輩などのモチベーションを向上させたいという方向けの、モチベーションマネジメントの研修パッケージです。行動変容を促す働きかけのコツや、モチベーションマネジメントの実践スキルなどについて学ぶことができます。
  • マネジメント研修パッケージを見る

 

まとめ

タイムマネジメントは目標達成のために時間を有効活用するビジネススキルですが、研修を行い適切に実践できるまでをサポートすることで働き方改革が実行でき、ワークライフバランスも整えられるなどさまざまなメリットをもたらすことがわかりました。 ぜひ自社に合った形で積極的に取り入れて、仕事の効率化を少しずつ推進していきましょう。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
    相手を課題解決へと導く「質問力」の鍛え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • ビジネス数字の基礎
    ビジネス数字の基礎
  • 行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
    行動力の教科書 -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方-
  • 教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
    教える力・教わる力 -コミュニケーション基礎-
  • 企画提案を通すための合意形成技術
    企画提案を通すための合意形成技術
  • 「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
    「笑い」の仕組みに学ぶコミュ力UP術
  • 今さら聞けないコミュニケーションの基本
    今さら聞けないコミュニケーションの基本
  • 「交渉力」損しない人の習慣
    「交渉力」損しない人の習慣
  • 「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
    「好き」を仕事にできる人の本当の考え方
  • 「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
    「時間割」で仕事の効率は劇的に上がる
  • 地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
    地頭力を鍛える「抽象化思考法」特訓
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ