10/22(Fri)

今日の生放送

セルフマネジメント能力を強化するメリットとは?能力のある人材の特徴や育成する方法について解説する

公開日:2021/08/26
更新日:2021/09/14
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
セルフマネジメント能力を強化するメリットとは?能力のある人材の特徴や育成する方法について解説する | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

ビジネスシーンにおいて、セルフマネジメント能力という単語を聞くことが多々あります。では、セルフマネジメント能力とはどのような能力でしょうか。本記事では、セルフマネジメント能力をテーマのその特徴や高め方について、解説しています。本記事を参考にセルフマネジメント能力を高めビジネスで活用していきましょう。

 

セルフマネジメントとは

セルフマネジメント能力とは、自己管理能力とも訳され目標達成のために自分自身のタスク管理、モチベーション維持に努めることを意味しています。ビジネスシーンでは多用される用語で、いかにセルフマネジメントを行うかなどと言われることがります。セルフマネジメント能力には、タイムマネジメント、リスクマネジメントなど複数の要素が組み込まれている点にも注意しておきましょう。

セルフマネジメント能力の重要性

セルフマネジメント能力は、目標達成に向けた自分自身の管理と説明されることが多くありますが、健康管理、マインド管理、モチベーション管理、タイムマネジメントと幅広い管理を含んだ用語です。全ての管理が100%完璧な人材は、少ない中、ビジネスにおいてはいかに自己管理を行い業務お遂行しているかが問われます。企業においては、セルフマネジメントができている人材が多ければ多いほど、業務進行がスムーズになり企業成長に期待できるため、重要な人材となります。このように、セルフマネジメント能力を持ち合わせることで、個人としても人としても付加価値の高い人物となり高い評価を受けることができます。

セルフマネジメント能力の活用シーン

働き方の多様化が進み、リモートワークが推奨されれいます。リモートワークを実施する際には、セルフマネジメント能力が必須と言われています。タイムマネジメントを始め、人に見られてているかどうかなどの環境の違いがあり期限や品質を守りながら業務を行うにはセルフマネジメント能力がなれれば実現できません。このように、働き方の変化でもセルフマネジメント能力を活用するシーンが生まれています。

 

セルフマネジメント能力が注目される理由とは

次にセイルマネジメント能力が注目される理由について解説していきます。セルフマネジメント能力が必要とされる背景も含めて理解していきましょう。セルフマネジメント能力に注目が集まったのには、国内における人材のあり方の変化が最も影響しています。その内容も理解しておくことは、セルフマネジメントを理解する上で重要です。

年功序列から能力主義への変革

我が国は、年功序列型から能力主義へ変革が開始されており、ただ長く勤めたらいいという時代ではなくなりました。能力主義が主流となり、いかに短時間で成果をあげるか、いかに効率のよい仕事をするかをはじめ、主体性を持った行動を求めらるようになっています。その中で、セルフマネジメント能力がある人材は、自分の置かれている立場の理解や自主性を持った行動を行うことが可能です。こうした人材が集まることで、今までとは異なる業務運営を実現し企業の発展に期待できる点に注目が集まっています。

働き方の変化による生産性の向上

働き方改革の推進、リモートワークの推進など、働き方にも大きな変化が起きています。この変化により、従来は事務所で行っていた業務を自宅で単身で行う機会も増えてきたこともセルフマネジメント能力が注目される理由です。既にご紹介している内容と重複する部分もありますが、リモートワークなどは自宅で行うため、誰かに見られている、監視されているわけではありません。あくまで自分で自分自身を管理することで業務遂行を行う必要性があり、生産性を向上し続ける必要がある点でも、セルフマネジメント能力に注目が集まっています。

個人の主体的活動が企業成長の鍵となる

変化の多い時代になり、指示をまつだけの受け身の人材では企業の変化についていけなくなっています。セルフマネジメント能力は、自分自身が主体となり自分の管理を行い業務遂行を行う能力です。自発的に行動できる要素も必要であり、セルフマネジメント力こそがこうした個人の主体的な活動の源になります。結果的に、こうした人材が集まることで企業成長に期待できると理解しておきましょう。

 

セルフマネジメント能力が高い人の特徴とは

次に、セルフマネジメント能力が高い人の特徴を整理していきましょう。セルフマネジメント力が高い人にはどのような特徴が見られるのでしょうか。特徴を理解し、セルフマネジメント力がある人材とそうでない人材との違いを理解していくことで、今後の能力アップの参考にしてください。

タイムマネジメント能力が高い

会議への参加時間などだけではなく、納期や期限を守るタイムマネジメント力も特徴の1つです。自宅など監視されない場所で働いている場合にも、納期や期限を守り業務を行えるこは、タイムマネジメント能力が備わっている証拠にもなります。単純に納期や期限をまもるだけではなく、いかに短い時間で完了させるかの創意工夫も行う特徴も持ち合わせています。

目標設定と達成に関するマインドが高い

与えられた目標と、その達成に対するマインドが高いのもセルフマネジメント能力がある人材の特徴です。単純に達成するのではなく、短い期間でクオリティ高く達成したいと考え、それに向かっての創意工夫を行うことの努力を惜しみません。また、常に高い目標にチャレンジするチャレンジ精神も持ち合わせています。

包括的視点で物事を捉える習慣を身に付ける

問題解決、業務遂行のためには、偏った一辺だけから物事を見るのではなく包括的視点で物事を捉える習慣が必要です。事象の全体像を見る事、多面的に見る事で従来では気が付かなった視点を持つことが可能になります。問題解決においては、この包括的視点で考えられるかは解決の糸口を見つけ出す際に有効です。

 

まとめ

外部研修を活用することで、体系だったプログラムで効率よく学ぶことができます。プロの講師よりセルフマネジメントを実施する上での基礎やポイントなどを学ぶことができます。体系化されたプログラムにより基礎から応用の範囲でワークを通して学ぶことができるため最も効率的な学習方法になります。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ