10/22(Fri)

今日の生放送

管理職研修のテーマの決め方は?大手企業の研修事例を紹介

公開日:2021/05/28
更新日:2021/07/29
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
管理職研修のテーマの決め方は?大手企業の研修事例を紹介 | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

管理職研修は、企業が成長して生き残っていくために欠かせない研修と言えます。管理職研修のテーマとしては、マネジメントの方法が選ばれることが多いものですが、他にも取り入れるべき要素はあります。記事では管理職研修におすすめのテーマを紹介しています。

 

管理職研修の種類

一般的に管理職研修は、新任管理職研修と上級管理職研修の2種類に分類され、それぞれで目的や研修内容が異なります。管理職対象者に足りないスキルは何か、どのような人材を創出したいのかといった目的を考慮し、研修を選ぶことが必要です。

新任管理職研修

新任管理職研修とは、初めて管理職になられた方に必要最低限な知識や考え方を身に着けるための研修です。管理職とはどのような役割なのかを一度整理しながら、新任管理職としての仕事の始め方を具体的に学び、役割を遂行するために必要なスキルを身につけることを目的としています。

上級管理職研修

上級管理職研修とは、企業の目指すべきビジョンの実現に向けて組織を前進させるために必要となるものです。研修では、戦略・マーケティング、経営数字の捉え方、組織マネジメントの手法、組織全体を牽引していく意識などを学びます。上級管理職として、全社的な視点からミッション・ビジョンに即して動けるリーダーの養成を目的としています。

 

管理職研修を実施する目的

会社の中核を担う人材=管理職を育成するために、管理職研修は存在すると言えます。研修の必要性や目的を理解して実施することで、理想的な管理職やリーダーを育てられるはずです。代表的な目的として、以下の5つがあげられます。

管理職としての自覚を持たせる

管理職になるということは、自分の目標達成だけを考えて行動すればよかった「メンバーの視点」から脱却することです。それを 周囲に働きかけ、組織を牽引していく「管理職の視点」に変化させる必要があります。研修を通じて管理職としての自覚を持ってもらうように促します。

部下や後輩に対する適切な指導力の養成

管理職の役割は、人を通じて働くことにあります。組織の上に立つ立場の人間であるため、当然のことながら確かな指導力が必要不可欠です。部下や後輩を育成するために必要となる適切な指導力の養成も、管理職研修の目的のひとつです。

コミュニケーションスキル

管理職に求められるスキルのひとつとしてコミュニケーション能力が挙げられます。組織内で円滑なコミュニ―ケーションがはかれるよう、話しやすい雰囲気づくりや、部下や後輩からの話しの受け止め方といった手法を研修で学ぶ必要があります。

リスクマネジメントの意識を持たせる

上級管理職研修では、リスクマネジメントについても学びます。研修では、リスクマネジメントとは?といった内容からはじまり、初動の心構え、迅速な対応に必要となるもの、リスクを発生させないための工夫といった内容を網羅することをおすすめします。

モチベーション

管理職研修は、管理職者にとって自分の役割や期待されていることを改めて認識できる機会になります。管理職に昇給したという意識が自然と駆り立てられるため、モチベーションアップ効果を期待できます。

 

管理職研修で取り入れたいテーマ

管理職研修では座学のほか、特定の課題やテーマを取り上げる、またグループワークを通じて管理職の役割を学ぶなど、さまざまな形式の研修があります。ここでは管理職研修で取り入れたいテーマを紹介します。

チームビルディング

チームビルディングとは、目的達成のために複数の人が集まり、一人ひとりの能力を活かす組織をつくることです。組織の成果を最大化させるために、チーム内のコミュニケーションの活性化や、強いチーム作りのポイントを理解してもらう目的があります。

マネジメントスキル

管理職として最も強く求められる要素のひとつがマネジメントスキルです。業務がオフラインからオンラインに切り替わるなど、変化の激しい時代だからこそ、研修では原理原則を踏まえたマネジメントの基礎を押さえておきましょう。そして、目標達成に向けて効果的に組織を牽引する能力を、研修を通して身につける必要があります。

経営数字力強化

管理職研修のテーマとして、経営数字力強化は外せません。まずは経営の基礎を学び、理念や戦略を描くことの意味を知り、自社の強み弱みを客観的に判断できるようになったうえで、数字を読み取り、強化していくスキルを養います。

コンプライアンス

管理職研修では、コンプライアンスの基礎知識と、違反を起こさないための組織づくりを学びます。コンプライアンスを重視しリスクを適切に管理することにより、健全な企業運営を行うことできるようになるはずです。コンプライアンスは管理職研修でしっかりと学ぶべきテーマのひとつです。

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスとは、会社が組織における不正行為を未然に防ぎ、体制管理をするために必要不可欠な「企業統治」を意味します。どのようにして企業をコントロールするか、企業内の不正を防ぎ、企業が効率的に業務遂行するための仕組みつくりを取り上げて、管理職に指導します。

 

管理職研修を行うときの注意点

どの研修にも言えることですが、大切なのは研修を通じてどのような気付きやスキルを得られたかどうかです。やみくもに研修を行うと、かえって逆効果となってしまうおそれがおります。ここで管理職研修を行う際の注意点を説明していきます。

社内研修よりも外部研修がおすすめ

外部研修で登壇する講師はその分野のプロフェッショナルであったり、専門知識の豊富な方が担当していることが特徴として挙げられます。そのため、管理職を育成するための管理職研修では、よりフレキシブルでプロフェッショナルな知識が得れるように、外部研修を実施するといいでしょう。

座学だけではなくロールプレイングも取り入れる

研修でどれだけ知識のインプットができたとしても、現場でその能力を発揮できなければ意味がありません。ロールプレイングを行うことで、より具体的な内容をイメージすることができるようになるはずです。そのため、管理職研修では座学だけにとどまらず、ロールプレイングをテーマに上手く取り入れて研修を進めるといいでしょう。

管理職配属後しばらくして行う

着任直後に研修を実施するよりも、少し管理職の実務に慣れた状態のほうが、必要なスキルや知識を実務と並行しながら身につけていくことができます。そのため、研修は管理職になった直後ではなく、少し時間が経過した後に行うのがおすすめです。着任後、2~3か月程度の時間を設けたあとに管理職研修を始めるようにしてください。

適切なフィードバックを行う

研修期間中だけでなく、研修終了後にも適切なフィードバックを行うことでPlan/Do/Check/Actionを上手く回すことができ、常に改善に向けた取組みができる状態になります。また、フィードバックをすることで、管理職者のモチベーションやエンゲージメントの向上効果を期待できるはずです。

 

ユニークな管理職研修テーマの事例を紹介

管理職育成の手法として効果的な管理職研修について詳しく解説してきました。ここからは実際に管理職研修を行っている企業のうち、独自の研修制度として、ユニークな管理職研修を導入している2つの企業をご紹介します。

永伸商事

まず紹介したいのが、パチンコ事業やドリンク事業を展開している永伸商事です。同社では、マネージャー研修として、6か月の期間をかけてマネージャー層の生活習慣の改善を図るといったユニークなテーマの研修を行っています。研修を通じて、マネージャー自身の意識や行動の変化を促すとともに、禁煙に成功したマネジャーの部下も禁煙を始めるなど、意識・行動変容が組織全体に広がるといった目論見があります。
参考URL

コクヨ

文房具やオフィス家具、事務機器を製造・販売しているコクヨでは、管理職向け研修としてこの階層に必要なスキルを組み合わせて学習するオリジナルの研修方法を導入しています。会議ファシリテーション・コーチング・戦略企画といった複数のテーマを組み合わせて学習することで、偏りのない総合力を身につけます。
参考URL

 

管理職研修にはSchooビジネスプランがおすすめ

▼Schooビジネスプランの紹介動画▼

Schooビジネスプランでは約6000本の授業をご用意しており、様々な種類の研修に対応しています。その上、自己啓発にも効果的な内容の講座を毎日配信しているため、研修と自己啓発の両方に対応することができるシステムになっています。研修と自己啓発を掛け合わせることにより、誰かに要求されて学ぶのではなく、自発的に学び、成長していく人材を育成することが可能になります。ここでは、Schooビジネスプランの具体的な活用方法と、特徴、さらにはどのようなメリットがあるのかを解説します。

Schooビジネスプランの資料をもらう

1.研修と自己啓発を両方行うことができる

schooビジネスプランは社員研修にも自己啓発にも利用できるオンライン学習サービスです。通常の研修動画は、研修に特化したものが多く、社員の自己啓発には向かないものも少なくありません。しかし、Schooの約6000本にも上る授業では、研修系の内容から自己啓発に役立つ内容まで幅広く網羅しているため、研修と自己啓発の双方の効果を得ることができるのです。

2.管理職研修におすすめの研修パッケージ

管理職研修には、Schooの管理職研修パッケージがおすすめです。管理職研修パッケージでは、マネジメントスキルや、部下の育成スキルなど、管理職に必要なスキルに関する知識を、体系的に学ぶことができます。

さらに、約6000本近くにもなる数々n講座の中から、自社の育成方針に則った研修プログラムを作ることも可能です。ぜひ一度ご覧ください。

管理職研修パッケージを見る

3.管理画面で受講者の学習状況を可視化できる

Schooビジネスプランには学習管理機能が備わっているため、研修スケジュールの作成を容易に行うことができます。さらに、社員の学習進捗度を常に可視化することができる上に、レポート機能を使って学んだことを振り返る機会を作ることも可能です。ここでは学習管理機能の使い方を簡単に解説します。

管理画面の使い方1

まず、Schooビジネスプランの管理画面を開き、「研修を作成するという」ページで作成した研修の研修期間を設定します。ここで期間を設定するだけで自動的に受講者の研修アカウントにも研修期間が設定されるため、簡単にスケジュールを組むことができます。

管理画面の使い方2

この、管理者側の管理ツールでは受講者がスケジュール通りに研修を受けているかを確認することができます。もし決められた研修をスケジュール通りに行っていない受講者がいれば注意したり、話を聞くことができるなど、受講者がしっかりスケジュールを守っているかを確認することができます。

Schooビジネスプランの資料をもらう

 

まとめ

管理職研修を行うことで、管理職としての自覚を持たせ、実務で必要となるさまざまなスキルを身につけることが可能になります。そのため、管理職としての第一歩を管理職研修からスタートさせるのは効率的かつ有効的な手法だといえるでしょう。 管理職がうまく組織内で力を発揮できるようになれば、強いチームができるだけでなく、会社全体の生産性向上といった効果が期待できます。ぜひ、会社の中核を担う人材の育成手法として、管理職研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。テーマを工夫することで、より充実した管理職研修となるはずです。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ