7/27(Tue)

今日の生放送

ハランスメント防止研修は企業で必須のテーマになっている理由を解説する

公開日:2021/05/28
更新日:2021/05/31
  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE
ハランスメント防止研修は企業で必須のテーマになっている理由を解説する | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

新聞やテレビで「ハラスメント」という単語を聞かない日はないほど、ハラスメントに関する問題が起きています。こうした中、企業においてもハラスメントに対する対策を講じることは必須であり、企業責任でもあります。本記事では、「ハラスメント防止研修」をテーマにハラスメントの種類や研修概要、ハラスメント防止研修を実施する際のポイントについて解説していきます。

 

ハラスメントとは

ハラスメントとは、「意識的または無意識的に特定、不特定多数に対し不快な思いをさせる、苦痛を与える、居心地が悪とを感じさせる行為」のことを指します。現在では、多くのハラスメント行為が定義されています。

企業におけるハラスメント防止の必要性

企業内でハラスメントは起きる事で、従業員のメンタル不調やモチベーション低下、退職などを始め最悪な場合には、自殺や裁判など企業運営を阻害する要因が発生します。こうなることで、企業運営を低下させ事業継続の危機が起きる可能性もある大きな問題です。こうした問題が起きないためには、企業は経営課題としてハラスメント防止の活動を行う必要があります。

ハラスメント研修が必要な理由

ハラスメント防止には、従業員一人一人がハラスメントは危険行為であることを理解し、ハラスメント防止の行動を起こす必要があります。この行動をするために、企業は積極的にハラスメント研修を実施し、ハラスメントが起きない環境作りを行う必要性があります。

 

ハラスメント防止研修のテーマ

ハラスメント防止研修を実施するには、どのようなテーマを選定したらいいのでしょうか。次にハラスメント防止研修で選定していくテーマをご紹介します。ハラスメント研修の実施には、自社においてテーマの優先順位を決めて取り組んでいきましょう。

セクシュアルハラスメント

セクシュアルハラスメントは「相手方の意に反する性的な言動」により、労働者個人の尊厳を不当に傷つける行為です。セクシュアルハラスメントがあつことで、就業環境の悪化や、能力損失に繋がります。職場全体の秩序にも影響するため、ハラスメント防止研修でのテーマとしての優先度は高くなります。以前であれば、男性から女性に起きていたセクシュアルハラスメントですが、現在は女性から男性に対して行われるため性別は関係なく実施する必要があります。

  • 【セクシュアルハラスメント例】
  • ・不必要に髪や肩、胸、腰など身体を触る
  • ・交際関係や性的な事実関係を尋ねる
  • ・「男だから」「「女性だから」など、固定的な価値を押し付ける

パワーハラスメント

パワーハラスメントは、「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる」ハラスメントを指します。企業内におきやすいハラスメントと言われておりハラスメント防止研修では優先度は高くなります。現在では、逆パワハラと呼ばれる部下から上司への事例も多く発生しているため、従業員全てが起こす可能性のあるハラスメントです。

  • 【パワーハラスメント例】
  • ・月間目標を達成できなかった社員を、職場内において大声で怒鳴りつける、罵る
  • ・特定の社員に足して挨拶をしない、声をかけない
  • ・部下の評価を意図的に下げる、昇格させない
  • ・能力にあっていない仕事しか与えない
  • ・家族を侮辱する

モラルハラスメント

モラルハラスメントとは、「身体的な苦痛ではなく、精神的な苦痛を与えることによる嫌がらせ」の全般的な呼ぶ方です。無視や人格を傷つけるような言葉を使い人の心を傷つける行為を無自覚で行っている場合も多いため注意が必要なハラスメントになります。

  • 【モラルハラスメント例】
  • ・相手の意見にことごとく反論する、拒絶する、無視する
  • ・意図的に実行不可能な仕事を任せる
  • ・劣等感を感じる発言や自信喪失につながる発言をする

アルコールハラスメント

アルコールに関する嫌がらせが、アルコールハラスメントです。「職場や人間関係の立場を利用してアルコールの多量摂取の強要、飲めない人への配慮を欠く行為」を指します。お酒を飲ませることや、酔った勢いでの迷惑行為も含まれ強制的に飲み会に参加させることもアルコールハラスメントです。

  • 【アルコールハラスメント例】
  • ・圧力をかけ、飲ませる(断る余地を与えない)
  • ・無理に一息で酒を飲み干すこと、早飲みさせる
  • ・酒類以外の飲み物を用意しない、飲ませない
 

マタニティハラスメント

「妊娠」「出産」「育児」などを理由とする解雇、雇い止めや、降格、減給など従業員に不利益な扱いを行うこと。妊娠中の人材への配慮を欠き肉体的、精神的な苦痛を与えることを指します。育休産休を取得させないなどもマタニティハラスメントに含まれます。

  • 【マタニティハラスメント例】
  • ・妊娠による退職勧告
  • ・妊娠すれば早く帰れるなどの発言を行う
  • ・産休後の時短勤務などに対して迷惑などの発言を行う

パタニティハラスメント

育児をしている男性に対してのハラスメントをパタニティハラスメントと呼びます。育児は女性がするものなどの価値観を押し付け精神的に苦痛を与えることです。

  • 【パタニティハラスメント例】
  • ・育児は女性がするものという価値観を押し付ける
  • ・育児休暇取得を拒む、否定する発言を行う
 

ハラスメント防止研修の実施ポイント

次にハラスメント防止研修を実施する際のポイントをご紹介します。今後、ハラスメント防止研修を行う際には、いくつかの観点に注意して実施をする必要があります。ハラスメント防止研修は、従業員が理解し行動に定着するまでに時間を要すため、繰り返し実施をしていく必要がある点を理解して実施していきましょう。

経営者からのメッセージ発信

「社内でのハラスメントを撲滅する」「ハラスメントがない従業員に優しい会社になる」などの決意やメッセージを経営者から発信し会社の風土改革を推進します。ハラスメントがない会社になる、会社であり続けるという経営者の強い決意を従業員に示し経営者自らが率先して行動することで社内へ影響をあたえ風土改革を行っていきましょう。

アンケートなどの現状調査

社内でハラスメントが起きているかについての状況確認もハラスメント防止研修には必要な要素です。ハラスメントが実際におきている場合には、その対応を優先する必要がありますが、ハラスメント防止研修の早期導入も必要となります。アンケートによる現状調査は、1度だけではなく年に1回、半年に1回などの周期を設け継続して実施していくことにしましょう。

繰り返し行うことの重要性

ハラスメント防止研修は繰り返し行う必要があります。ハラスメントが起きてしまうことでの企業リスク、従業員リスクを勘案しても継続的に実施する必要があり、繰り返し行うことで風土の定着、行動の定着化を推進します。アンケートなどの結果で注意すべき事項があれば、それを踏まえた内容を臨時で行うなど臨機応援に実施していきましょう。

 

ハラスメントが起きた場合の対応手順と注意点

社内でハラスメントが起きた場合の対応手順と注意点についてご紹介します。社内でハラスメントが起きている場合には、社内での優先順位を高くして対応を行う必要が生まれます。起きている事実を確認し放置することのリスクは大きく、緊急事案として対応する心構えが必要だと考えておきましょう。

一次対応

ハラスメントが起きている場合には、早急な一次対応が必要です。事実確認が完了するまで放置することはせず、ハラスメントを受けた従業員(相談者)の措置を検討し対応します。部署の異動や休暇取得など、まずは被害者のメンタル、体調のケアを行える環境構築が必要です。ハラスメントの報告は相談者本人ではない場合もあり、本人でない場合でも一時的処置が必要かの判断を行うようにしましょう。

事実確認の実施

一次対応と同時に事実確認の実施を行います。相談者、ハラスメント行為を実施した従業員(行為者)の聞き取り調査、部署内の聞き取りや証拠の確認などを早急に実施します。行為者が業務を行う監視者などのポジションの場合には、部署内でのヒヤリングで事実確認を行うことが難しい場合もあります。ヒヤリングにおいては、守秘義務を遵守し対象者に不利益が被らないように配慮する必要がある点にも注意しておきましょう。

行為者と相談者への措置検討

事実確認が終了しハラスメントが行われたことが確認された場合には。行為者と相談者への措置を検討します。一次対応で実施した措置を継続するのか、正式に部署異動などを行うか、行為者の懲戒処分などの検討も合わせて実施し会社としての対応を確定させます。

行為者と相談者へのフォロー

次に行為者への指導、相談者の心身に関してのフォローを実施します。行為者に対しては、反省を促します。ハラスメントを無意識で行っていた場合には、行為者がショックを受けメンタルを落とす場合もあります。このような場合には、メンタル面でのフォローが必要です。相談者に対しては心身の改善を長期的視点で実施していくことを理解しておきましょう。

再発防止策の検討

確認されたハラスメントの対応が完了した後には、再発防止策の検討と実施が必要です。同じようなハラスメントが起きないために、ハラスメント防止研修の実施を行うことや管理職向けに早期発見に向けた指導を実施していきましょう。

 

ハラスメント研修以外で取られる対策とは

ハラスメント対応について、ハラスメント研修でも講じておきたい対策があります。次にハラスメント防止の一環として実施しておくべき対策について解説します。ハラスメント防止研修と同時に実施していきましょう。

社内規定の整備と周知

就業規則や社内規定にハラスメント禁止に関する記載を設け、周知を行います。社内規則を守る意識を持つことで、記載されているハラスメント防止を促していきましょう。就業規則には、ハラスメントの行為者に対しての罰則を記載し処罰が行わることを理解させることでハラスメントを抑制する期待効果もあります。

相談窓口の設置

ハラスメントを受けた際に相談できる窓口も設置しておきます。相談窓口は、社内社外を問わず相談できる先、ハラスメントを発見した際に連絡をすることが可能な窓口とし、設立後には社内での周知を行っておきましょう。

 

まとめ

本記事は、ハラスメント防止研修をキーワードにハラスメント防止研修のテーマの紹介や研修の実施手順などを解説しています。ハラスメントは企業運営に大きな障害を生み、従業員の心身を傷つける行為です。ハラスメント研修を実施し、ハラスメント防止を実現していきましょう。

人気のコラム記事

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ