公開日:2022/10/06
更新日:2022/11/25

マネジメント層を育成するために必要なスキルとは?

マネジメント層を育成するために必要なスキルとは? | オンライン研修・人材育成 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

マネジメント層を育成するためには、様々なスキルが必要です。マネジメントの重要性を多くの人が理解している一方で、どのようなスキルが必要なのか、詳しく説明できる人は決して多くありません。 そこで今回は、マネジメント層を育成するために必要なスキルについて詳しくご紹介します。

 

01人材育成とは?

人材育成とは、文字通り人材を育て、成長させることを指します。組織における人材の、スキルや知識、スタンスなどを成長させることによって、より高い成果を生み出せる状態にしていくこととも言えます。

 

02人材育成はなぜ必要なのか?

人材育成を行うことで、経営や業績にプラスの影響を期待することができます。企業が目指す方向性を理解した人材が育成されるため、自発的かつ主体的な行動はもちろん、自走できる人材として活躍を期待することができます。

 

03マネジメント層の人材育成が重要視される理由

マネジメント層の育成は簡単ではありません。なぜなら、マネジメント層はメンバークラスと比較し、様々な能力を求められるためです。

企業において、マネジメント人材が重要となる理由は誰もが理解できますが、改めてマネジメント層の人材育成が重要なる理由を見ていきましょう。

経営戦略達成のためには優秀なマネジメント層が必要

マネージャーは経営戦略実現に向けて組織を牽引していく存在です。そのため企業の経営戦略を正しく理解し、行動に落とし込めているマネジメント層が非常に重要となります。

このような理解は1日でできるようになるものではなく、日々の業務経験やメンバーや顧客とのコミュニケーションなどを通じ、長い時間をかけて培っていくものです。誰もが簡単に会得できる能力ではないからこそ、マネジメント人材が重要視されているのです。

人材の成長速度は企業の成長速度に直結する

できる限り早いスピードで人材育成を行うことは、企業の成長速度にも直結します。 経営戦略を実行するのは他でもない人材です。したがって、スピード感を持って人材育成を行うことができれば、必然的に企業の成長スピードを早めることができます。

人材育成は、優れた人材計画や要件があればそれで進むものではありません。人材の成長スピードには、実際に人材育成の担い手として計画を実行する社員の数や実力が大きく影響します。その際マネージャーは、人材育成においても社内の結節点になるという点において非常に重要な役割を担っているのです。

 

04マネジメント層の育成ポイントとは?

では、マネジメント層の育成にはどのようなポイントがあるのでしょうか。具体的なポイントを4点ご紹介します。

理想的なマネジメント人材の洗い出し

マネジメント層を育成するためには、企業として理想的なマネジメント人材とはどのような人物かを洗い出しましょう。組織によってはリーダーシップが特に重要な場合や、プレイングマネージャーとしてある程度成果をあげてほしいといった要望もあるかもしれません。そのため、企業としてどのようなマネジメント人材に育ってほしいのか、明確に設定することが大切です。

適切なコミュニケーション方法の指導

マネージャーは自身のチームのメンバーをはじめ、様々な立場の従業員、さらには顧客とのコミュニケーションが求められます。多様性を受容する社会になっている今、メンバーを牽引する存在であるマネージャーには、高い人間性と倫理観が求められています。

そのため、マネージャー自身がこれまで体験してきたコミュニケーションが正解だという理解ではなく、様々な背景を持つ従業員や顧客とスムーズなコミュニケーションができるような指導が大切です。

セクハラやパワハラなど、マネージャー自身がトラブルの当事者とならないよう、様々なシーンを想定した具体的なコミュニケーション方法を伝授しておきましょう。

実践機会の提供

マネジメント人材といっても、いきなりマネジメントを行うハードルは非常に高いです。そのため、マネジメント人材のサポート役を選定し、実践的な機会提供を行いましょう。この時サポート役となるのは、豊富なマネジメント経験を持つ人材です。

サポート役には、必要に応じてフィードバックを行ってもらいます。実践で得た経験に対するフィードバックはどのような研修よりも効果を発揮します。また、メンバーや顧客とのコミュニケーションを通して垣間見える、マネジメント人材のコミュニケーションの癖なども伝達することが大切です。

マネジメント人材と言っても、自身を可視化することは非常に難しく、客観的な視点を用いて日々進化させていく必要があります。

 

05マネジメント層を育成するために必要なスキルとは?

では、マネジメント層を育成するためにはどのようなスキルが必要になるのでしょうか。必要となるスキルを詳しく見ていきましょう。

経営戦略から求められる能力を把握するスキル

最も大切になるのは、経営戦略からどのような能力が求められているのか、正しく把握するスキルです。このスキルを体得するためには、大きく2つのスキルが求められます。

経営戦略を正しく読み解く

まず求められるのは、経営戦略を正しく読み解くことです。もちろん経営陣が、マネージャーへ丁寧に経営戦略を伝えることは重要です。しかし、伝えられたことを鵜呑みにするのではなく、自身の部署を中心に考えたときに、どのようなことを求められているのか、正しく読み解くスキルが必要になります。

組織の成長のために必要なスキルを認識する

経営戦略を読み取ることができたら、自身の部署にはどのようなスキルが必要とされているのか、正しく理解する必要があります。

その上で自身の部署には現在そのスキルがあるのか、あるとするならば十分なスキルなのか、不足している場合にはどのように補うべきなのかを考える必要があります。最終的なゴールは経営戦略を実行し、組織を成長させていくことであるため、その点を踏まえて必要なスキルを理解することが重要です。

組織を牽引するマネジメントスキル

マネジメント人材にとって、最も重要と言っても過言ではないのがマネジメントスキルです。マネジメント人材として企業から求められている役割を理解し、日々の業務に落とし込んでいくスキルが求められます。 ​​

また、ただチームを牽引するだけではなく、会社全体の数字を意識する「経済数字力」も合わせて養う必要があります。マネージャーは常に会社の数字を意識した行動が求められるため、数字をどのように読み解き、行動に落としていくのかを判断できるスキルは非常に重要です。

マネジメント対象者との信頼関係構築スキル

マネジメントは、メンバーとの信頼関係が全てです。どれだけ良いマネジメントを行うことができても、マネージャー自身がメンバーに信頼されていなければ、マネジメントは機能していません。したがってまずは、メンバーとの信頼関係を構築することが重要となります。 ​​

現状の課題把握には本人との会話が重要

信頼関係を構築するためには、メンバーとの会話が重要です。信頼関係を元にしたコミュニケーションでなければ、メンバーは積極的に現状の課題や悩みを開示しないでしょう。円滑なコミュニケーションかつ、メンバーが自己開示を行いやすい環境を整えることができれば、現時点での課題を正しく把握することが可能となります。

マネジメントされたいと思ってもらう

何よりも大切なのは、メンバーにマネジメントされたいと思ってもらうことです。それは人柄だけではなく、知識や振る舞いなどを踏まえ、メンバーは総合的な観点でマネージャーを判断します。万が一メンバーからマネジメントされたいと思ってもらえていないようであれば、自身の日頃の行いを見直し、一から関係構築ができるように努める必要があります。

 

06人材育成マネジメント力を向上させるSchooのオンライン研修

Schoo for Businessは、国内最大級7,000本以上の講座から、自由に研修カリキュラムを組むことができるオンライン研修サービスです。導入企業数は2,700社以上、新入社員研修や管理職研修はもちろん、DX研修から自律学習促進まで幅広くご支援させていただいております。

Schoo for Businessの資料をもらう

Schoo for Businessの特長

Schoo for Businessには主に3つの特長があります。

【1】国内最大級7,000本以上の講座数
【2】研修設定・管理が簡単
【3】カスタマーサクセスのサポートが充実

人材育成マネジメントに関するSchooの講座を紹介

Schooは汎用的なビジネススキルからDXやAIのような最先端のスキルまで、7,000本以上の講座を取り揃えております。この章では、人材育成マネジメントに関する授業を紹介いたします。

若手育成に成功している組織は何をしているか~人事のためのリモート下における人材育成のポイント

在宅勤務下の新人受け入れは、リモートでのOJTが実施されますが、コミュニケーション不足などから、最悪、早期の離職につながるなど課題が多いのが実情です。どのような工夫をすれば、新人・若手がスムーズに業務遂行でき、モチベーション維持も担保できるのでしょうか。コミュニケーション活性化やマネジメント方法の転換といった対策が必要になる中、具体的な事例を通して若手の人生育成に効く組織づくりのポイントを学んでいきます。

 
  • 株式会社ガイアックス/管理本部人事総務部長br />
    山口県出身。立教大学経営学部2017年卒。新卒で入社した株式会社ガイアックスで人事総務部長を務めつつ、複数のスタートアップやコミュニティでHRや新規事業立ち上げを担当。全ての人の才能が最大限発揮される社会を目指し、人々の働き方や人生選択の自由度を高めるにはどうすればよいのかを日々模索して活動中。

若手育成に成功している組織は何をしているか~人事のためのリモート下における人材育成のポイントを無料視聴する

※研修・人材育成担当者限定 10日間の無料デモアカウント配布中。対象は研修・人材育成のご担当者に限ります。

ビジネスパーソンとして押えておきたい「人材マネジメント」の基礎

この授業では、『図解 人材マネジメント入門』の著者である坪谷邦生さんをお招きして、 人事担当者やマネジャーだけでなく多くの人が「押さえるべき」人材マネジメントの"ツボ"をご紹介し、人事がどのように評価を行っているのか、マネジャーが組織に対してどのようなマネジメントをすべきなのか などを「人材マネジメントの概念」や「人事評価」、「働きがい」や「キャリア」の領域から解説していきます。人事やマネジャーの視座に立ち、会社で活躍できる人材へと成長していきましょう。

 
  • 株式会社壺中天 代表取締役

    1999年、立命館大学理工学部を卒業後、エンジニアとしてIT企業(SIer)に就職。2001年、疲弊した現場をどうにかするため人事部門へ異動、人事担当者、人事マネジャーを経験する。2008年、リクルート社で人事コンサルタントとなり50社以上の人事制度を構築、組織開発を支援する。2016年、急成長中のアカツキ社で人事企画室を立ち上げる。2020年、「人事の意志を形にする」ことを目的として壺中天を設立。 20年間、人事領域を専門分野としてきた実践経験を活かし、人事制度設計、組織開発支援、人事顧問、人材マネジメント講座などによって、企業の人材マネジメントを支援している。 主な著作『人材マネジメントの壺』(2018)、『図解 人材マネジメント入門』(2020)など。

ビジネスパーソンとして押えておきたい「人材マネジメント」の基礎を無料視聴する

※研修・人材育成担当者限定 10日間の無料デモアカウント配布中。対象は研修・人材育成のご担当者に限ります。

『楽しくなければ成果は出ない』-仕事と人生で圧倒的成果を出す方法-

今回は、ドン・キホーテでお馴染みのテーマソングの作者・歌手であり、1万人以上もの社員やスタッフをマネジメントしてきた「ドン・キホーテ」の伝説の部長で、現在はエグゼクティブコーチとして株式会社フューチャービジョン・ラボ 代表取締役をつとめていらっしゃる田中マイミさんをお招きし、6月22日に発売となった書籍『楽しくなければ成果は出ない』(すばる舎)をもとに、「仕事と人生で圧倒的成果を上げる方法」について教えていただきます。

 
  • 株式会社フューチャービジョン・ラボ 代表取締役

    京都市出身。高校在学中に、大阪で行われた第一回ヤマハシンガーオーディションにてのべ700人の中から優勝。高校卒業後上京し、ヤマハネム音楽院に入学。ボーカルレッスンを受け、19歳でデビュー。その後、作曲家やバックコーラスなどの仕事に転身。アルバイトをしながら音楽活動を続けていたが、ドン・キホーテのアルバイト時代に創業社長から何度も社員へのオファーがあり正社員になる。その後、複数店舗の担当部署の数値改善を図り、マネージャーに抜擢。ドンキの店舗販促のアミューズメントの基盤を独自の感性で構築、店舗のイメージソングを作成。その後は、新店舗立ち上げからマーチャンダイジング、自部署の本部仕組み作り、人材育成などをこなし、部長に昇格し、実質的にナンバー3という立場で約20年間幹部とし活躍。当時年間売上800億の部署、部下アルバイト含め2500人、のべ人数では2万人規模の部長として、上級幹部300人以上を育成。その間にメンタルコーチの資格や、カウンセリングの資格なども取得。人材育成を担う本社部署で本部長となり、その後子会社代表取締役として2年任期を果たす。その後独立し、コーチング技術を使った、企業コンサル、エグゼクティブコーチング、企業研修、セミナーなどを軸とした会社、フューチャービジョン・ラボを設立。

『楽しくなければ成果は出ない』-仕事と人生で圧倒的成果を出す方法-を無料視聴する

※研修・人材育成担当者限定 10日間の無料デモアカウント配布中。対象は研修・人材育成のご担当者に限ります。

 

07まとめ

マネジメント層として人材が活躍するためには、様々なスキルが必要になります。短期間で育てることが難しい一方で、企業が成長・拡大していくためには必要不可欠な存在です。 メンバーの成長をけん引するためには、マネージャー自身がマネジメントスキルを身に着け、日々向上させていく必要があります。継続的な努力を促すことで、会社にとって成長を加速させる人材を多数育成していきましょう。

  • Twitter
  • Facebook
  • はてなブックマーク
  • LINE

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ