5/28(Thu)

今日の生放送

企業研修を効果的なものにするための4つのポイントと企業研修の事例を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
企業研修を効果的なものにするための4つのポイントと企業研修の事例を紹介 | オンライン社員研修・eラーニング研修 - Schoo(スクー)法人・企業向けサービス

企業研修の目的は、社員一人ひとりを成長させることで企業を成長させることです。しかし、研修を行ったからといって社員のスキルアップが保証されるかといえば、必ずしもそうではありません。定期的に研修を行っているにもかかわらず、社員からの満足度が得られないとか、研修の効果が実感できないといった課題を抱えている企業は少なくありません。そこで今回この記事では、企業研修をより効果的なものにするためのポイントを解説し、さらに実際に成功している企業研修の事例を紹介します。

<目次>
企業研修の3つの方法とメリット・デメリット
集合研修
オンライン研修
グループワーク
企業研修を効果的なものにするための4つのポイント
1:研修を行う理由を明確にする
2:個人に適した研修を行う
3:アウトプットの場を利用する
4:習熟度合いのチェックを行う
企業研修を成功させる鍵は自発性にある
人が成長するのは自発性がある時
社員の自発性は仕事の主体性にも繋がる
Schooを利用した企業研修の事例をご紹介
導入事例1:ユニシステム株式会社様
導入事例2:株式会社 博報堂アイ・スタジオ様
導入事例3:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社様
まとめ
 

企業研修の3つの方法とメリット・デメリット

1:集合研修

企業研修の方法としてもっとも採用されているのが、集合研修です。集合研修とは、講義式の研修のことで講師が複数の受講者に対して講義を行います。講師は社内の人材育成担当者もしくは外部講師で、その時の研修のテーマにふさわしい人材が講師を務めます。

集合研修のメリット

集合研修のメリットは、対象者を一箇所に集めて同時に教育が行えるため、効率的であることです。また、受講者同士が顔を合わせることによって関係性が深くなる可能性があること、講師に直性質問できるためその場で問題を解決させることができるというメリットがあります。

集合研修のデメリット

一方、集合研修のデメリットは、研修の開催毎に様々なコスト負担があることです。外部講師を招致する場合は、講師料に加え宿泊交通費、教材や資料作り、またそれに携わる人件費などの負担があります。また、中堅社員や管理職を対象とした研修では、スケジュール調整が困難だという声も挙がります。特に管理職のスケジュールは過密になっているため、研修の参加率が下がる可能性もあります。さらに、集合研修の内容が参加者全員にとって必要でないこともあります。まだ誰も知らない新しい内容であれば、受講者にとっても学びの多い時間になりますが、既に習得している内容の研修では、受講者が参加する意義を感じられなくなってしまう可能性も否定できません。

2:オンライン研修

オンライン研修は、PCやタブレット端末、スマートフォンなどを使って受講できる研修のことです。時間や場所を選ばないので、受講者や企業側の負担を軽減させることができます。

オンライン研修のメリット

オンライン研修のメリットは、時間や場所を問わず受講できるという効率の良さです。地方に住んでいる社員や休暇中の社員でも、本社に移動せずに研修を受講することができます。端末を選ばずに受講できるため、通勤中の電車内や休日のカフェなど本人のペースに合わせて学んでもらうことが可能です。 さらに、受講する内容が選択できる場合は、自分のスキルに合ったものだけを受講することができるため効率的にスキルアップを図ることが可能です。 企業にとっても、講師料や交通費、人件費等の負担を減らすことができます。

オンライン研修のデメリット

しかし、オンライン研修は受講者の自発性に頼るところが大きく、強制力がないために研修の効果に個人差が出やすくなります。さらに、直接質問できる機会がないため、疑問点がそのままになってしまいがちです。オンライン研修を行う際には、受講率を上げるための対策や、受講後のフォローを検討する必要があります。

3:グループワーク

グループワークは、集合研修を行った後や個々の事前学習の後によく行われます。グループワークは、集合研修やオンライン研修で概念や方法を習得した後に、学んだことを実際に現場で活用できるようにするための実践の場であったり、学びをさらに深めるためのディスカッションの場であったりします。

グループワークのメリット

グループワークのメリットは、他人と考えを共有できるだけでなく、チームと協議しながら課題を解決していく手法を身につけることができます。ほとんどの仕事は自分一人で済むわけではなく、他人と協力し合いながら進めます。チームとして考えをまとめ、それぞれの役割を正しく理解しながらスキルを発揮していくためには、グループワークを通じてロールプレイングを行うことが有効です。

グループワークのデメリット

グループワークのデメリットは、集合研修と同様、受講者を同じ場所に集めなくてはならないことです。さらに、グループワークを行う前には、グループワークを効果的に行うためにも、受講者に対して事前に習得して欲しい内容を伝達し、受講に向けて準備をしてもらう必要があります。

 

企業研修を効果的なものにするための4つのポイント

研修を行う理由を明確にする

企業研修を行っても、その効果を実感できないという声はよく挙がります。受講者にきちんと効果を実感してもらうには、研修を行う理由を明確にし、事前に受講者に知らせておかなくてはなりません。 目的が明確になれば、研修を計画する側にとっても目的から逆算して適切な企画を考えることができるため、研修を計画する際には不可欠な工程です。

個人に適した研修を行う

せっかく研修を行っても、受講者のスキルからかけ離れた研修を行ってしまっては、受講する意義を感じられなくなってしまいます。集合研修のように大勢が集まる研修であっても、受講者がどの程度スキルを習得しているのかを事前に把握しておく必要があるでしょう。

アウトプットの場を利用する

企業研修の効果が感じられない、現場でどのように活用していいかわからない、現場で実践する機会がないという声は、企業研修を実施する多く企業内で聞かれます。研修後に職場で実践した結果を報告する機会を設けるなど、学んだことをアウトプットする場を用意することで、受講者の学ぶ姿勢にも変化が期待できます。

学習効果を最大化するアウトプットファーストトレーニング
学習効果を最大化するアウトプットファーストトレーニング

  • 担当講師:Shin先生
    某外資系コンサルティングファームマネージャー

    男性。大学卒業後、志望をしていたコンサルティングファームに就職するも、仕事がまったくできずに落ちこぼれる。その後、オリジナルの仕事術を実践し、結果を残せるようになる。現在は某外資系コンサルティングファームのマネジャーとして、複数のプロジェクトを管理し、企業の成長戦略業務などに携わっている。 勤務の傍ら、ビジネスブログ「Outward Matrix(https://www.outward-matrix.com)」を運営。ほかにも、仕事の悩みを解決するオンラインコミュニティ「Players(https://www.outward-matrix.com/entry/20170201180000)」の運営、外部サイトへの寄稿、講演やセミナーなど多方面で活躍中。 著書に『コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた7つの仕事術(http://amzn.to/2HM8ypr)』(ダイヤモンド社)、『シンプルTODOリスト仕事術(http://amzn.to/2BTLg0e)』(ポプラ社)がある。

習熟度合いのチェックを行う

研修後のフォローとして、習熟度合いをチェックする仕組みを取り入れるのも効果的です。3ヶ月後、6ヶ月後というように、一定期間あけて実施することで、研修で得た学びの効果を継続させる効果があります。その際は、集合研修やグループワークではなく、報告書やレポート提出という形でもよいかもしれません。

 

企業研修を成功させる鍵は自発性にある

人がもっとも成長するのは自発性がある時

人が成長するには、3つの心理空間があることをまず理解しましょう。3つの心理空間は「コンフォートゾーン(快適空間)」「ストレッチゾーン(挑戦空間)」「パニックゾーン(混乱空間)」に分かれていて、それぞれのゾーンにおける心理の変化を表すものです。コンフォートゾーンとは、安心感があり居心地がよいと感じる心理領域です。慣れ親しんだ環境や状況(=快適空間)にいるとき、人は心地良さを感じます。ストレッチゾーンとは、快適空間から少し出て、少し不安やストレスを感じる心理領域です。ストレッチゾーンでは、未知のことに対する不安もあり緊張感を感じる状態になりますが、ストレッチゾーンはラーニングゾーンともいわれ、大きな成長が期待できる状態でもあります。 企業研修においては、受講者にとって未知な体験をさせたり、大勢の前でのプレゼンテーションやスピーチしたりするのもよいでしょう。

社員の自発性は仕事の主体性にも繋がる

よいプレッシャーは、社員のモチベーションアップや自発性の向上につながります。個人の自発性が高まると、仕事に対するモチベーションにも何らかの影響があると期待できます。社員自ら課題を見つけ、解決しながら仕事を進められるようになれば、チームや職場の活性化にも繋がるかもしれません。

学びロスをなくすトレーニング
学びロスをなくすトレーニング

  • 担当講師:塚原 美樹先生
    株式会社ヒューマン・リスペクト

    千葉県船橋市出身。 「マインドマップの学校」代表、人材・組織開発コンサルタント、中小企業診断士。 上智大学卒業後、メーカー勤務等を経て2004年に株式会社ヒューマン・リスペクトを創業。大手・中小企業等に、コンサルティング業務を展開。総登壇日数2,000回超、総計1万人超に対し講演・講義経験を持つ。 また、東京ビッグサイトにおける展示会メインステージ、全国の商工会議所、 経営者協会、ロータリークラブ等で、講演者としても多数指名を受けている。 著書に「マインドマップ戦略入門〜視覚で身につける35のフレー ムワーク」(ダイヤモンド社)がある。
 

Schooを利用した企業研修の事例をご紹介

Schooでは、動画配信という形で、様々なニーズに応えられる授業を提供しています。Schooの研修パッケージでは、階層別・職種別・テーマ別で研修パッケージをご用意しており、コンテンツオンライン研修の導入を希望する様々な企業で採用されています。

導入事例1:ユニシステム株式会社様

2016年10月からSchooの「ビジネスプラン」導入を開始。導入前は、IT業界における技術知識やビジネスの変化が加速していく中、お客様先へ常駐したエンジニアリングサービスに携わる社員が多く、頻繁に集合教育が実施できない状況にあったという背景がありました。導入後は、社員の月報にSchooの話題や活用のコメントが見受けられるようになったり、急な案件のアサインメントでも短期間で知識を習得したりして現場業務を進めたケースもあるというような変化があったそうです。ユニシステム株式会社様では、Schooを使った学習を「自己啓発の場」として提供するという説明をされており、業務上の必要性として指定するものではなく、社員自身に好きなコンテンツを選択させるようにしているとのことです。

導入事例2:株式会社 博報堂アイ・スタジオ様

社内で「カリチャオ」という社員間のレンタルシステムがある株式会社博報堂アイ・システムでは、「Schoo利用権」のレンタル希望が当初の想定数を超え、累計貸出数ランキングで一位に。利用した社員からは「以前勤めていた会社に研修制度が無く、実はパワーポイントやエクセルなどの使い方を体系的に教わったことが無かったので役立った」というような声も挙がったそうです。

導入事例3:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社様

環境の変化が激しく、常に新しい情報や業界のトレンドをキャッチアップしていくことが求められるため、社員には業務に直結するか否かに関わらず「学習する習慣」を身につけてほしいと導入を決められました。現場からは若手社員の業務効率が向上したという声が挙がっており、必要用件に応じて学習できる「ビジネスプラン」の利便性が若手社員を中心に人気を集めているとのことです。従来、若手社員は配属後の課題に取り組んだ際に逐一調べる必要があり、要点や原因を捉えることが難しい状況だったそうですが、Schooの授業では要点や原因がまとめられているため、基礎知識や導入知識の学習に役立てているそうです。

 

まとめ

  • ・企業研修の方法は3つあり、集合研修とオンライン研修、グループワークがある。集合研修やグループワークは、受講者を集めなくてはならないため、スケジュールの調整が難しく、様々なコスト負担がある。オンライン研修は、受講者の好きな時に受講することができるが、強制力に欠けてしまう。

  • ・企業研修を効果的なものにするためには、企業研修を行う目的を明確にすることが大切で、研修を計画する際には受講者のスキルなどに関する事前調査などを行うことが必要である。また、研修後には学びを定着させるための機会を設けることも考えたほうがよい。

  • ・企業研修を成功させるには、人が成長しやすいというストレッチゾーンを経験させることで自発性が刺激される可能性がある。安心感のある環境よりも、緊張感が得られるよう、スピーチやプレゼンテーションを行う機会を与えるもの方法の一つである。

  • ・Schooを導入した企業では、基礎知識や導入知識を一括で学習できるというSchooの特徴を活かして、短期的に学習し業務を進めたというケースや、学習機会を逃していたスキルについて一から体系的に学べたというケースなどがある。

集合研修・OJTによる人材育成を加速させる。
eラーニング活用方法の資料を無料配布中!

 動画学習を活用することで事前に業務に関する知識をインプットをした上で、集合研修やOJTに臨むことができます。
 それにより集合研修やOJTの場は知識の定着を図ったり疑問点を解決したりといった時間に充てることができ、 研修をより効果的に行うことが可能です。
 ビジネスマナーやコミュニケーション力などの基本スキルから、営業・プログラミング・デザインなどの実務スキルまで学べるので、自発的に学び成長していける人材の育成促進につながります。

人気のコラム記事
いま見られている学習動画
  • 仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
    仕事がデキると思われるビジネスマナーの基本
  • イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
    イノベーションを生み出す「デザイン思考」の教科書
  • Excel入門・正しい使い方と考え方
    Excel入門・正しい使い方と考え方
  • デキる若手の報連相
    デキる若手の報連相
  • もっと伝わるコミュニケーション術
    もっと伝わるコミュニケーション術
  • デキる若手のPDCA
    デキる若手のPDCA
  • ロジカルシンキング入門
    ロジカルシンキング入門
  • 要点がつかめる人の「脳内整理」
    要点がつかめる人の「脳内整理」
  • 新入社員のためのExcel術
    新入社員のためのExcel術
  • 仕事のミスを減らす頭の使い方
    仕事のミスを減らす頭の使い方
  • データベース概論
    データベース概論
  • 仕事が速い人は「これ」しかやらない
    仕事が速い人は「これ」しかやらない
  • 今さら聞けないビジネスメールの書き方
    今さら聞けないビジネスメールの書き方
  • マジ文章書けないんだけど-朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術-
    マジ文章書けないんだけど-朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術-
  • 頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
    頼られる新入社員になるために今すぐ身に付けたいこと
  • プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
    プレゼンテーションのための分かりやすい資料作成
  • 1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
    1分で話せ -シンプルに伝えて相手を動かす技術-
  • PowerPoint入門
    PowerPoint入門
  • ビジネスパーソンのための情報セキュリティ入門
    ビジネスパーソンのための情報セキュリティ入門
  • 最速のExcel術
    最速のExcel術
ビジネスプラン導入事例

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ