モチベーション に関するコラム記事

36
バーンアウトとは?人材損失を回避するために企業ができる予防方法を解説
近年、労働環境の急激な変化によって、バーンアウトを起こす社員の増加が懸念されています。企業にとって、社員の精神的健康や心の安定は重要なテーマといえるでしょう。本記事では、バーンアウトの概要や特徴的な症状と要因、予防方法について解説します
社員の活動意欲を高めるには?その定義や手法から高い人の特徴まで解説
企業の成果に直結する、従業員の活動意欲。そもそも活動意欲が高い社員は、自身の成果や周囲にどのような影響を与えるのでしょうか。そして、どうやって高めていけば良いのでしょうか。基本的な考え方から、意欲を高めるための手法まで解説します。
ストレスマネジメントとは?求められる理由や具体的な施策・ポイントを解説
過度のストレスによるメンタルヘルス上の理由で、休職もしくは退職する社員が増加しています。そのことによって、他の社員への負担となり、生産性の低下を招きかねません。本記事では、ストレスマネジメントの概要や企業に求められる理由、社員に対するストレスマネジメント施策とそのポイントについて解説します。
セルフモチベーションとは|実践するメリットや向上させる方法について解説
仕事では目標達成のためにも、モチベーションを常に高く維持し続けたいものです。かし、自分自身のモチベーションを高めることは容易ではありません。頭ではわかっていても、思い通りにいかない事が多くあります。そこで効果的なものが、自分自身でモチベーションを管理する「セルフモチベーション」です。本記事では、セルフモチベーションを実践するメリットや、モチベーションを向上させる方法について解説します。
効果的なエンゲージメントサーベイとは
近年注目を集めるエンゲージメントサーベイ。人事界隈の方なら、耳にしたことがないという方はいないのではないでしょうか?しかし改めて考えてみると、サーベイの目的やサーベイ結果の活かし方など、詳しく理解できていない方は少なくありません。 そこで今回は、企業にとって効果的なエンゲージメントサーベイとはどのようなものなのか、詳しくご紹介します。
従業員満足度調査(ES調査)はなぜ必要?目的や構成要素とは
所属している企業で、従業員エンゲージメント調査を実施している企業は多いのではないしょうか。しかし実施はできていても、調査そのものが形骸化してしまっていたり、調査結果を有効活用できていないことに悩む人事の方も多いです。 そこで今回は、従業員エンゲージメント調査はなぜ必要なのか、そしてどのような目的や構成要素があるのかを詳しく見ていきましょう。
ワークエンゲージメントとは?定義から高める方法まで詳しく解説
日本では働き方改革により多様な働き方が認められるようになってきましたが、一方で個人における働くことの意味やあり方が問われるようにもなってきています。この記事では仕事へのモチベーションや生産性を高めることに繋がる、ワークエンゲージメントについて詳しく解説します。
企業スローガンの作り方とは?スローガンの果たす役割や浸透する施策を紹介
暮らしの中で見聞きすることが多い企業スローガンですが、魅力的なスローガンは多くの人の心を掴み、ブランドイメージを形作ってくれます。本記事では、スローガンを作成する上で抑えておきたいポイントや、スローガンが浸透する施策についてまとめました。
アンダーマイニングとは?社員の動機づけとの関連性や防止策について解説
モチベーションを生み出す動機付けには2種類あります。ひとつは、報酬をもらうため、ノルマがあるといった要因の外発的動機付けと、好奇心や興味をもって自ら行いたいと思う内発的動付けです。本記事では、アンダーマイニング効果の意味や定義、やる気低下を防ぐ方法ついて紹介します。
行動変容を促す働きかけのコツ|モチベーションの4分類に関して解説
人材育成に力を入れ、定期的な研修を実施する企業は多いのではないでしょうか。研修を企画する際に意識しなくてはならないのが、「その研修を実施したことで、受講者にどのような行動変容が起きるのか?」ということです。 当記事では、受講者に行動変容をもたらす効果的な研修の組み立て方を、行動変容ステージ理論をもとに解説します。
期待理論とは?活用するメリットやモチベーション向上に成功した事例を紹介
期待理論とは、「人は仕事をするうえで、どのようなプロセスを経て動機づけされるのか」について、その過程を説明した理論です。本記事では、期待理論の概要や活用するメリットについて解説します。また、モチベーション向上に成功した企業事例を紹介しています。
モチベーションとは?下がる要因や社員の動機づけに効果的な方法について解説
ビジネスで利用される「モチベーション」とは、「動機付け」と理解されることが多い用語です。企業にとってモチベーションが高い人材の評価は高く必要不可欠な存在になります。本記事は、ビジネスにおける「モチベーション」の意味やモチベーションアップの方法を解説していきます。自社において、モチベーションが高い人材を維持していくための参考にしてください。
アンダーマイニング効果とは?内発的動機つけで社員のやる気をアップさせる方法を解説
アンダーマイニング効果の定義や、外発的動機づけのメリット・デメリットについて、本記事では紹介しています。また、内発的動機づけを行い、アンダーマイニング効果を防止するにはどのようにすればよいかについても解説しています。従業員のマネジメントを行う方、人事担当の方は、ぜひ本記事をお役立てください。
モチベーションアップに必要なことは?効果的な方法を紹介
すべての行動において、モチベーションが結果の向上につながります。モチベーションは、原動力になるためです。この記事では、ビジネスの現場において社員のモチベーションが企業の成長にどれほどの影響を与えられるものか、また維持する方法と、実際の導入事例を説明します。
動機付け要因とは?衛生要因との関係性やモチベーションアップの方法を解説
動機づけ要因は、従業員のモチベーションに関わる、「二要因理論」という理論で解説されていますが、「いまいち使い方がわからない」という方は少なくないでしょう。本記事では、そんな動機づけ要因をわかりやすい解説していきます。衛生要因との関係性を理解することで、効率的に従業員のモチベーションを引き出せるでしょう。
従業員エンゲージメントとは?従業員エンゲージメントを上げる方法とメリットについて解説する
本記事では、従業員エンゲージメントをテーマに用語の定義からエンゲージメントを上げる方法などについて解説しています。企業運営において、従業員のエンゲージメントは非常に重要な意味を持つことを含め理解していきましょう。
「エンゲージメント」とは?従業員エンゲージメントを高めるメリットを解説
ビジネスシーンにおけるエンゲージメントとは社員の会社に対する愛着心や思いの大きさの指標となるものです。社員のエンゲージメントは高めることでモチベーションが維持され、組織の成長にもつながる重要な要素です。本記事ではエンゲージメントを高めるメリットや方法について詳しく解説します。
社員・求職者が求める働きがいとは?重要視される背景と事例を解説
企業を選ぶ上で重視されているものの1つとして、必ずといっていいほど挙がる「働きがい」。売り手市場のここ数年で耳にする機会が増えました。人事担当者の中には「働きがいを感じてもらえる環境づくりをしたいけど、そもそも求職者が求める働きがいって何?」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか。本記事では働きがいの定義から、従業員の働きがいを高めるために企業ができることを解説します。
evpとは?企業が重要視すべき理由を詳しく解説
evpとは、企業において従業員に提供すべき価値として近年注目を集めています。 労働に対する対価が金銭だけでよかった過去とは違い、現代では働き方改革など、企業にとって金銭以外での働く意味などを求める方が増えてきています。 本記事ではevpについて詳しく解説するとともに、なぜevpが必要なのか、具体的にevpを公開している企業の紹介など含め詳しく解説していきます。
モチベーションを高めるインセンティブ制度とは?制度の特徴と注意点について解説する
営業部門を中心にインセンティブ制度を設けている企業は多数あります。本記事では、インセンティブ制度における特徴や運営上の注意点について解説していきます。現在既に存在しているインセンティブ制度の問題解決にも役立ててください。モチベーションを高める上でも有効な施策とされているインセンティブ制度を最大限有効に活用していきましょう。
内発的動機とは|外発的動機との違い・社員のやる気を高める方法を紹介
人材育成において「動機付け」が重要視されています。この動機付けによりモチベーションのアップを高め育成を促進させることを目的として活用されますが、そのうち「内発的動機」の重要性とはどのようなものなのでしょうか。本記事では、内発的動機に関して着目し人材育成に欠かせない理由について解説していきます。
行動科学マネジメントとは? 従業員のやる気を引き出す仕組みを解説
近年、行動科学を用いたマネジメント手法が注目を集めています。個々の性格や資質に影響されることなく、誰にでも同じ効果を発揮するマネジメント手法として、実践する企業も増えているようです。当記事では行動科学を用いたマネジメントにより、従業員のやる気を引き出す仕組みについて解説していきます。
動機付け理論とは?代表的な例とビジネスにおける活用方法を詳しく解説
ビジネスの成果をより出しやすくするための考え方のひとつに、動機付け理論があります。動機付け理論はどのような時に活用され、またビジネスにおける、代表的な活用方法にはどのようなものがあるのでしょうか。この記事では、動機付け理論の概要や、実際の活用例などを紹介し、動機付け理論について詳しく解説していきます。
社員の成長意欲が高まる会社になるには?その方法やマネジメント手法を解説
社員の育成は、会社の人事担当者としての永遠の課題の1つではないでしょうか。社員がモチベーション高く働き、成果を出し続ける会社になるためにはどうすればいいのでしょうか。この記事では、社員の成長意欲の高まりの仕組みに注目し、成長意欲を高める方法について解説します。
連休明けの仕事はつらい?離職防止のために企業ができることを解説
連休明けの仕事がつらいと感じる人は8割を超えているという調査結果があります。つらいのを乗り越えられれば良いですが、連休明けに退職を決意してしまう人も少なくありません。本記事では、連休明けの離職防止のために企業ができることについて解説します。
ジョブクラフティングとは?従業員のやりがいがもたらすメリットについて解説
毎日の仕事に「やりがい」を感じ、活き活きと働けることは幸せなことです。しかし現実は上司の指示の下、与えられた仕事を黙々とこなしていくというように、「やりがい」を感じにくいことのほうが多いのではないでしょうか。ジョブクラフティングとは、仕事に向き合う心構えを変えることにより、単純な日常業務に「やりがい」を見い出していく手法です。当記事ではジョブクラフティングの概要と、従業員の「やりがい」が企業にもたらすメリットについて解説します。
トータルリワードとは?若手人材が望む報酬の要素について考察
従業員が意欲的に仕事に取り組むためには動機づけが不可欠であり、その動機づけの大部分を占めるのが「報酬」であるといえます。しかし近年、この「報酬」対する価値観が多様化し、かつてのように金銭的な報酬だけで意欲をもって働く人材は、少数派となっているようです。当記事では、特に若手人材が望む「金銭以外の報酬」について考察し、報酬を総合的な動機づけの仕組みと捉える「トータルリワード」について解説します。
ハーズバーグの二要因理論とは?最大限に活かすための5つの方法と3つの注意点を解説
ハーズバーグの二要因理論とは、モチベーションに関わる要因を、満足に関わるものと不満足に関わるものとに分けた考え方です。本記事では、二要因理論を企業のマネジメントに活かすための方法と、注意点を解説しています。人事担当者やマネジメント担当者は、ぜひ参考にしてください。
「社員が自発的に学ぶ文化がないと実感する企業約40%」 社会人の学びの実態とは?
新型ウイルスの影響で先行き不透明な状況が続く昨今。終身雇用の継続は難しくなると言われて久しく、リモートワークの普及による働き方の多様化が当たり前になり、これまで以上に、自身のスキルや価値を高めていくことが必要になってきていると言われています。そんな中で、あなたの会社にはその環境はあると言えるでしょうか?そして、その環境が不足していると感じた場合はどうすればいいのでしょうか。 大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo」が、法人向けオンライン学習サービス「スクービジネスプラン」の利用者で企業で人事、人材開発担当をしている方を主な対象に、スキルアップなどを目的に社員が自発的に学習する文化(企業内のラーニングカルチャー)があるかについてのアンケート調査を実施しました。ここではその結果などからビジネスパーソンの”学びの実態”を明らかにしていきたいと思います。
社員の主体性と成長を引き出す目標管理。効果的に運用するためのポイントを解説
目標管理は、公平で適切な人事評価を下す上で重要なマネジメントツールの一つであり、目標管理の導入は従業員のモチベーションアップにも繋がります。本記事では、目標管理設定のメリット・デメリット、効果的な目標管理運用の方法についてわかりやすく解説します。
成長実感をもつことによるメリットとは?成長実感をもつためのポイントも紹介
業務を遂行していくなかで、みなさんは成長を実感しているでしょうか。成長実感をもちながら仕事をすることは非常に大切です。本記事では、そもそも成長実感とは何か、成長実感を感じることのメリット、また成長実感を感じている人の特徴や、ポイントについてもご紹介します。

20万人のビジネスマンに支持された楽しく学べるeラーニングSchoo(スクー)
資料では管理機能や動画コンテンツ一覧、導入事例、ご利用料金などをご紹介しております。
デモアカウントの発行も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でもお気軽にお問い合わせください受付時間:平日10:00〜19:00

03-6416-1614

03-6416-1614

法人向けサービストップ