<目次>
コンプライアンスを学ぶ重要性とは?
コンプライアンスについて学べる授業一覧
 

コンプライアンスを学ぶ重要性とは?

ハラスメントや著作権侵害など、コンプライアンス違反に気をつけなければならないケースは多々あります。特に、会社内ではちょっとしたことがハラスメントとなり、大きな問題となってしまうということもあります。多くの場合は上司と部下の間でのハラスメントですが、マネジメントの方法を学べば防ぐことができるハラスメントがほとんどです。リーダーやマネージャーとして円滑に組織を運営していくために、コンプライアンスについて学びましょう。

 

コンプライアンスについて学べる授業一覧

  • 全3回(各60分)
    授業の詳細をみる
    この授業は、30代のビジネスパーソン、中でも管理職になる方、管理職を目指している方に向けたものです。コンプライアンスという言葉が日本では当たり前に使われていますが、コンプライアンス違反は後を絶ちません。「その原因はどこにあるのか?」について授業を受ける皆さんと「共通認識」を持ち、ケーススタディの形式でコンプライアンスを学んでいきます。組織マネジメントの中で実践していくためにはどうすればいいのかを検討していきます。
  • 全1回(60分)
    授業の詳細をみる
    この授業は、会社で起こりがちな“SNS投稿”“不正受給”“ハラスメント”というコンプライアンス違反の3つのストーリーをオリジナル落語で紹介していきます。この授業を通して、コンプライアンス違反が、身近に起こりうることを認識し、日々コンプライアンスを意識して、生活や仕事ができるようになることを目指します。
  • 全5回(各60分)
    授業の詳細をみる
    本授業で扱うアサーティブコミュニケーションは、相手を尊重しながら、誠実、率直、対等に伝えるためのコミュニケーションスキルです。ビジネスにおける対人関係を良好にするためのコミュニケーションのポイントや具体的なノウハウを学びます。
  • 全2回(各60分)
    授業の詳細をみる
    セクハラやパワハラはどこでも起こる問題です。 今は自分の会社では発覚していないだけかもしれません。表面化しトラブルになってからでは手遅れです。そのためには事前の対策が必要です。 事前の対策を考えトラブルを未然に防ぐ必要のある経営者やセクハラ・パワハラのない職場のために重要な役割を担う管理職の方向けに、セクハラ・パワハラ防止のポイントを説明していきます。
  • 全5回(各60分)
    授業の詳細をみる
    リーダーとして、チームをマネジメントする上で、「メンバーとの信頼関係を高めたい」「やる気を上げたい」「主体性を引き出したい」 このような目標・テーマをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 1人でも部下がいるリーダーなら必ず役に立つコーチングスキルの基本をご紹介します。
  • 全1回(60分)
    授業の詳細をみる
    この授業は、マネジメントしていくなかで、部下が自己満足に陥っていないかを分析する方法をお伝えし、個人とチーム全体に何を求めれば、チームが追いかけるべき本質を見失わず結果を出すチームを作ることができるのか、メンタル的観点からお伝えする授業です。
 

Schooプレミアムプランでマネジメントスキルを身につけよう!

コンプライアンスに関するマネジメントスキルはかなり専門的で独学で学ぶことは難しいでしょう。schooではマネジメントについて様々な授業を配信しております。さらに、schooのプレミアムプランでは、月額980円で5000本以上の動画を無制限で見ることができ、何度も見返すことができるので、より理解を深められます。

Schooプレミアム会員LP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ記事の記事一覧