<目次>
思考法を学ぶ重要性とは?
仕事の生産性を上げる思考法を学べる授業一覧
 

思考法を学ぶ重要性とは?

読書術やメモ術、マインドマップなど、仕事の生産性アップにつながる思考法は多数存在します。しかし、多忙なことなどが理由でマインドマップやメモ術など、少し複雑な思考法の勉強になかなか手を出せなかった、という方も少なからずおられるでしょう。しかし、一度覚えてしまうと、様々なことに応用できるため、非常に便利です。さらに、マインドマップやメモ術、読書術を活用することで、仕事の生産性も上がるため、覚えていて損はないスキルと言って良いでしょう。

 

仕事の生産性を上げる思考法を学べる授業一覧

  • 全2回(各60分)
    授業の詳細をみる
    みなさんは、こんな経験ありませんか?買っても読まずに放置したままの本がある・本を一通り読んだものの、後から内容を思い出せない・書籍の内容を人にうまく教えることができない、などなど。何かに活かすために読書するのであれば、これらの状況は解決しなければなりません。そのために本授業では、認知科学を応用した読書術を学びます。
  • 全3回(各60分)
    授業の詳細をみる
    「地頭」がいい人は、本質を捉えるのが上手かったり、論理展開がクリアだったり、物事を多面的に捉えたり、知識を使いこなせたり、複雑な事を一言で説明できます。 本授業は、そんな「地頭」を鍛えられると12万部突破で話題沸騰中の『東大読書』を元にお送りします。3回の授業を通して、みなさんには勉強にも仕事にも効く、一生使える読書術を習得してもらいます。
  • 全3回(各60分)
    授業の詳細をみる
    今回の授業では「記憶」、「脳」、そして「仕事」という3つの切り口から読書をとらえなおし、あなたの読書術をさらにバージョンアップします。認知心理学や脳科学の知見をベースにした読書術を、実際に本を読むワークを交えて経験してもらいながら身につけていただきます。
  • 全3回(各60分)
    授業の詳細をみる
    この授業では、高速大量回転法を、理論・実践・理論の3回シリーズでお伝えします。最初に速読の本質、速読にとって重要な「あること」をズバリお伝えし、とにかくあなたが実際に読んでいる本で速読を実践してもらいます。そしてその体験も踏まえて、読むとは何か、わかるとは何かについての理解を深め、「速読」という新たな読み方の選択肢を増やし、活用してもらえるようにします。
  • 全3回(各60分)
    授業の詳細をみる
    この授業は経営者の意思決定支援や次世代リーダーの育成で支持されている“思考の整理家”鈴木進介先生に「頭をシンプルにする習慣」を教わる授業で、頭の中のゴチャゴチャを予防する習慣を身につけることが本授業のゴールです。
 

Schooプレミアムプランで仕事の生産性を上げる思考法を身につけよう!

読書術やメモ術、マインドマップなどの思考フレームワークは独学で学ぶことも可能ですが、本などを買う費用や演習する時間などを考えると、動画で学ぶ方が効果的です。schooのプレミアムプランでは、月額980円で5000本以上の動画を無制限で見ることができ、何度も見返すことができるので、より理解を深められます。

Schooプレミアム会員LP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ記事の記事一覧