<目次>
集中力を上げることの重要性
schooの集中力に関する授業一覧
 

集中力を上げることの重要性

マインドフルネスとは、「心に目を向ける」という意味で使われており、マインドフルネスを達成するための手段の1つに「瞑想」がしばしば使われます。瞑想には様々な効果があることは一般的に良く知られており、GoogleやFacebookなどの世界的に有名な企業でも取り入れられています。ただ、心を無にしたり、長時間同じ姿勢でじっとしたりするのはなかなか辛いことなので、なかなか挑戦できなかったり、挑戦したがすぐ諦めてしまった、という方もおられるでしょう。しかし、ストレス社会に生きる日本のビジネスパーソンにとって、心の疲れを取り除いて深く思考を巡らせるという時間は必要です。落ち着いて自分を客観視して心を整理することは、仕事の成果にもつながってくるからです。  このように、仕事の成果は思考法によって左右される部分もあります。仕事に取り組むときの心境はどんなものか、どんな心持で仕事に臨めば成果が出るか、ということを考える機会を作りましょう。

 

schooの集中力に関する授業一覧

  • 全1回(60分)
    授業の詳細をみる
    仕事には全力で取り組むものと、全力で取り組まなくても良いものがあります。注力すべき仕事にエネルギーを向けるために、その他の時間でどのように充電するかをよく考えましょう。できる人の「手抜き術」をもとに、時間の使い方といったスケジュールの管理術や、納期のない仕事に対する考え方や対処の仕方、休日の時間に関することなど、集中するためのテクニックを松本先生に教えていただきましょう。
  • 全6回(各60分)
    授業の詳細をみる
    この授業は、仕事の生産性を上げる術を身につける授業です。仕事が効率的に行えずに、成果が出せていない人が段取りよく、より多くの仕事がさばけるようになるために必要なスキルを学んでいきます。
  • 全5回(各60分)
    授業の詳細をみる
    この授業では、われわれの脳の仕組み、とりわけ「情報処理の中枢」とも言われる「ワーキングメモリ」と、われわれの認識や判断を左右している「潜在記憶」について、その仕組みとその活用法を解説します。
  • 全1回(60分)
    授業の詳細をみる
    ビジネス書大賞2012書店賞受賞『究極の判断力を身につける インバスケット思考』の著者である鳥原隆志先生が、限られた時間の中で結果を出す仕事の優先順位のつけ方をご紹介します。基本的なインバスケット思考についての解説はもちろん、時間をかけるべき仕事とそうでない仕事の分け方、優先順位をつけるための基準やマトリクスの使い方についてもお話します。 最後には受講者の皆さまのお悩みにもお答えします。
 

schooプレミアムプランで仕事の生産性を上げるノウハウを身につけよう!

集中力や、仕事の生産性を上げるスキルは独学でも学ぶことができますが、参考書などの本を買う必要があります。それらの本を購入する費用を考慮すると、schooで学ぶ方がお得です。schooプレミアムプランでは、月額980円で仕事の生産性を上げるノウハウを学ぶことができます。また、何度でも見直すことができるので、わからない部分を何度も受講し理解を深めることが可能です。

Schooプレミアム会員LP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ記事の記事一覧